ツイッターが炎上して人生終わった人5選【2021最新版】

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

今回は、ツイッターで人生終わった人5選をご紹介します。

スポンサーリンク

コンビニのアイスケースに入ってみた

『コンビニのアイスケースに入っていた』を投稿し、大炎上したのがコンビニオーナーのバカ息子21歳の男性Mです。

この男性は元祖バカッターなので、知っている人は多いでしょう。

驚くべきはこの男性はオーナーの息子であるため、『店長』という肩書がついていることです。

そしてアイスケースに入った写真には、以下の文も添えられていました。

『もう22歳になる人が何をしゆがで!あえて言おう!カスであると!』

つまらなすぎるコメントですね…。

その後、この店のフランチャイズ契約は解除、男性Mは解雇され、お店は本部に3000万円の損害賠償を請求され、休業に追い込まれました。

この男性の名前と住所はすぐに特定されましたので、興味ある方はググってください。

バイトなう 残り10分

男性Aは『バイトなう 残り10分』の文とともに、キッチンにある冷蔵庫に体を入れた写真を投稿しました。

その1時間以内に、以下のツイートとともに拡散されたのです。

「拡散規模!ブロンコビリーでバイトしている〇〇専門学校保育課のA君がお店の冷蔵庫に入って遊んでるよ」

拡散されただけで終わらないのがA君です。

「最近あれだけニュースで騒がれてるのに学習能力ゼロだね」

「こんな奴に保育されたくないよね」

という投稿に対して、次のように反論しました。

「いちいち面白がってうぜーな。知らねーやつが面白がって拡散とか言ってリツイートとしてんじゃねぇよ。知らねー奴なのにイチイチだりーんだよ」

翌日の夕刊紙やニュースで取り上げられ、A君の氏名・住所・顔は全部特定され解雇されました。

お店は閉店し、保育士の専門学校に通っていたので就職先も決まっていたのですが、取り消しされてしまいました。

そしてバイト先であるブロンコビリーから、2000万円の職階賠償が請求されたのです。

20歳前半で2000万円の借金は、やばいすぎます!まさに人生終了ですね。

しらたき食べて踊ってみた

神奈川県のとあるセブンイレブンのアルバイト男性Sが、しらたきを口の中に入れて吐き出し、「パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい」とお笑い芸人のネタで踊る動画を投稿しました。

2019年2月なので割と最近なのですが、頭おかしいですね(笑)

名札に写真がないので、おそらく見習い期間中なのでしょう。

もちろんこのご時世ですから、名前・生年月日・大学名すべて特定され、解雇されました。

セブンイレブンも法的措置を取る動きをしているようです。

しかしこんな動画が面白いと思っていることに、恐怖を覚えますね。

まだ最近の事件なのでググると情報が出てきます。興味のある人は調べてみて下さい。

洗浄機で洗われて綺麗になっちゃった

この男性は、頭や足を洗浄機に入れた写真を撮り、「綺麗になっちゃった」と投稿したところ、案の定、大炎上しました。

その結果、お店は営業停止により破産したというから驚きです。

このお店はチェーン店ではなく、夫婦でやっていた個人経営のお店でした。

そのためこのバイトテロのせいで、3300万円もの負債を夫婦が負うことになってしまったようです。

夫婦は事件を起こした学生に、1385万円の損害賠償を求めました。

しかし、4人合計で200万円の少額判決になってしまったので残念です。

学生の親が敏腕弁護士を雇い、『破産したのは今回のツイートが原因ではなく、もともと破産寸前だった』と主張し、裁判で認められたようです。

子も子なら親も親ですね。

ちなみにこの学生たちは、夫婦に一言の謝罪すらしていないそうです。

みなさんのおかずにどうぞ

牛丼チェーンすき家の女性アルバイトが、バイト中に自分の裸を撮影し、ツイッターに投稿しました。

胸を丸出しにしたり、制服を着たままアソコを露出したり、どんどんエスカレートしていました。

しまいには何と自慰行為まで撮影し、ツイッターに投稿したのです。

そしてなんとこのアルバイトは現役高校生というから驚きです…。

当然、氏名や学校は特定されてしまいましたとさ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バイトテロをすることにより、仕事は解雇、個人を特定され、多額の賠償金まで請求されてしまします。

バイトテロや不適切な投稿をする人は、その辺をよく考えずに面白い動画や記事を作っていると思っているでしょうか?

投稿ボタンを押す前に、今一度かんがえてほしいものです。

最期までご覧いただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました