絶対に人生で1度は読んでおくべき本! 犬飼ターボ『CHANCE』を要約する

スポンサーリンク

今回は犬飼ターボさんの著書『CHANCE』を紹介してます。

この本はビジネスで大事なことも学べるしストーリーも感動するわで、ビジネス書界の二刀流、大谷翔平みたいな最高の一冊です。

もう今すぐ本屋さんで買って読んでみてほしいです。

今回は最初にこの本の簡単なストーリーを説明してから、その後にビジネスに役立つ内容を2つ厳選して話していきます。

それでは最後までお楽しみください。

スポンサーリンク

ストーリーの説明

主人公は泉卓也(29歳)、中古車販売業を24歳から始めて5年、30歳までには経営者として成功しようと努力しています。

でも起業したものの売り上げはなかなか上がらずに年収も低く、毎月の生活費を稼ぐので精一杯でした。

そんなある日、高級なホテルの駐車場で拓哉はそこに止まっている高級車を眺めていたんです。

卓也はポルシェだとかフェラーリに乗れるような生活を目指して頑張っていました。

「いいなぁ…」と思って眺めていると、そこに30代半ばの男性が声をかけてくるんです。

その男性の格好はジーンズとTシャツの上に革ジャンと、自分と同じく高級車とは縁がなさそうな人だったんで卓也はマウントをとり始めます。

なにせ卓也は中古車販売業をしていますから、車の知識だけはあるんです。

「これは日本に100台程度しか輸入されていない車ですよ」

「車体だけで2000万くらいですかね」

「12気筒エンジンで確か馬力は550くらいだったかなぁ」

こうやってドヤ顔でその男性に語るんです。

その男性は「お詳しいですね」と言って、その後も2人で会話をしていくうちに、卓也が中古車販売業をしていることや、事業がうまくいっていないことを話します。

そして会話の中で男性が卓也にこう聞くんです。

「どうして起業されたんですか?」

あまり聞かれたくない質問だったので拓哉は

「まぁ簡単に言えばお金がほしかったからですよ。でも別に金持ちになりたいわけじゃないんですけどね。ただビジネスがもっとうまくいってくれるとありがたいんですけど…。こんな車を一度でいいから買いたいですよ。」

と答えるんです。

それを聞いた男性はさらにこう言うんです。

「買えばいいじゃないですか」

これに対して卓也はポカーンとするんです。

たいして金持ってなさそうなのにこいつ何様なんだとイラっとして、「そんなお金が欲しいですけどね」とムッとしながら答えました。

次にその男性は卓也の言葉をじっと聞きながらこう答えるんです。

「あなたはビジネスで成功したいですか?それとも人生で成功したいですか?」

こんな考えたこともないような質問に対して「とりあえずはビジネスですかね。お金がないと生きていけませんから。」

そうやって答えると、その男性はニコニコしながら何度かうなずき去っていくんです。

するとその男性は、約20メートルほど向こうに止まっていた赤いフェラーリに乗って走り去りました。

この男性は弓池という名前でビジネで大成功している人なんですが、この人が主人公の卓也にビジネスを教えていくのがこの本の物語なんです。

とにかくこの弓池さんが優しいんですよ。

卓也がとんでもないミスをしても話を聞いてあげて、ヒントを1個1個出すことで拓哉が少しずつ成長していくんです。

それとネタバレになるのでこの記事には載せませんが、この本のクライマックスは衝撃の展開ですので、それは実際に読んでみることをオススメします。

成功の法則は素直さとメモ魔

弓池さんはめっちゃ優しいんですが、質問の内容は鋭かったりします。

なんか普段は考えたことがないようなことをズバズバ聞いてくる感じです。

でも出す課題がかねりキツイんですよ。

「一週間以内に10人の黒字の経営者に成功法則を聞いてきなさい。」

それがやっとクリアできたら次は「路上生活者10人に話を聞いてきて」と、なかなかハードルが高い課題を出す人物なんです。

ただ弓池さんは卓也に序盤で成功の法則を2つ教えてくれます。

それが『素直さ』と『メモ魔になること』の2つなんです。

素直さ

まず素直さについてこう言います。

「成功とは学びの過程なんだよ。学ぶということは素直に受け入れるということだ。今までの自分と同じ方向性の考え方を受け入れるのは簡単だ。しかし今までと違う考え方を受けいれることは難しい。」

「ところが成功していない人にとって、最も重要な成功の教えは最も抵抗を感じるものであることが多い」

「また素直になることは、かっこつけるのをやめることでもある。かっこいい自分ばかりを見せようとすると知らないことが恥ずかしく感じ、教えてくださいと言えなくなる。そうすると素晴らしい学びのチャンスを逃してしまうことになる。」

これが弓池さんの言葉です。

あなたは普段、素直に誰かのアドバイスを聞けていますか?

どうしても自分のやり方にこだわったり、カッコつけてしまうのではないでしょうか。

個人的に素直になるだけで大きく成功できる人って、本当は沢山いるんじゃないかなと思っています。

メモ魔

弓池さんはこんな話をします。

「メモ魔になることが大切なのはなぜだと思う?」

卓也「大事な内容を忘れないようにするためでしょうか?」

弓池「それも正解だ。ほかには?」

卓也「…」

弓池「それはね相手のためだよ。君が誰かに話したり教えたりしたとき、相手がメモをとったらどう感じる?」

卓也「価値のあることを言ったのだと思って嬉しいです。」

弓池「そう!嬉しかったらもっと役立つことをどんどん話してあげたくなるだろう!」

もうこの会話だけで弓池さんに惚れそうになります。

大切なのは、相手の立場になって考えてあげることなんですよ。

相手がどうやったら喜ぶかなとか、どうやったらこちらが思っている行動をとってくれるのかと、どれだけイメージできるかがビジネスには重要なんです。

メモはもちろんそうですが、他にも沢山ありますね。

例えば

  • メールで送る内容は相手にとって分かりやすいか。
  • プレゼンは相手の知りたい情報をきちんと入れてあるのか。
  • 上司が部下にしてほしい行動は何か。

もし仕事がうまくいってないなら、ぜひ相手の立場にたって考えて行動してみてください。

これが出来る人は優秀な人だと評価されやすいのでオススメです。

やってみて効果があったらラッキーですからね。

お金を稼ぐことは誰かを喜ばせること

卓也は中古車販売をしていましたが中々うまくいかず、お客さんとのトラブルも多かったんです。

車が気に入らないと代金を払わないお客だったり、追加でかかった費用の負担をめぐっての口論など、クレーム対応で疲弊していました。

また、ほとんどの同業者は信用できませんでした。

業者間の取引でも、何とかして儲けてやろうと嘘をついたりする人が沢山いたからです。

卓也はそうやって騙されていくことで、自分が利益を得るには相手に損をさせることも必要だと考えるようになり、拓也はずる賢くなっていました。

その後、卓也はこの本の物語の中で弓池さんと仕事をしていくうちに、『相手に損をさせるから稼げる』のではなく、『相手を喜ばせるからお金が稼げる』ということを学んでいきます。

この話を聞いてどう思いましたか?

お金の稼ぎ方には『誰かを損させて稼ぐ』と『誰かを喜ばせて稼ぐ』の2通りあります。

例えば、ぼったくりバーは誰かを損させてお金を稼いでいますね。

まさに詐欺まがいの方法で稼ぐ方法です。

一方で、誰かを喜ばせて稼ぐ方法とは、新しいサービスとか商品を販売してみんなの生活を豊かにするものです。

例えばアマゾンを創業したジェフ・ベゾスは、みんなが便利になったから20兆円もの資産が稼げたのです。

だから本来はお金を稼ぐことって、めちゃくちゃいいことなんですよ。

だって誰かの幸せとか喜びの対価としてお金を稼ぐことができているんですから。

でも現実として、「お金を稼ぐことは悪」みたいな考えがどこかにありませんか?

私達は義務教育の中で「お金を稼ぐのは悪だ」という洗脳を受けてきたと思います。

誰から聞いたのか覚えていませんが、物心ついたときには「お金を稼ぐのは悪」という考えが実は私の中にもありました。

でもこの凝り固まった常識を捨てて、お金を稼ぐことは誰かを幸せにすることだと気付くことができた人は、ビジネスでも成功できる人だと私は思っています。

終わりに

  1. ストーリーの説明
  2. 成功の法則は素直さとメモ魔
  3. お金を稼ぐことは誰かを喜ばせること

という話でした。

本当にストーリー性のあるビジネス書は面白いです。

気になった方は、ぜひお手にとって読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました