信じたくないワクチンの真実!峰宗太郎・山中浩之「新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実」を要約してみた

スポンサーリンク

はじめに

さまざまな感染症に対して免疫をつけたり、免疫を強めるために接種されているワクチンですが、新型コロナワクチンについても重症化を防いだり、発熱やせきなどの症状を防ぐことが海外で明らかになり、英米などで緊急接種が行われています。

数万人を対象にワクチンと偽薬のどちらかを2回投与し、発症者や重傷者の発生頻度を比較した実験では、ワクチンを接種したグループでは偽薬を摂取したグループよりも約70〜95%も発症者が少なかったと報告されています。

しかしネット上では、「新型コロナウイルスが変異するからワクチンには効果がない」とか「ワクチンには強い副作用がある」という情報が溢れています。

いったい何を信じればいいのでしょうか?

すべての情報に疑いの目を向けつつも、自分でしっかりと判断する必要があります。

そこで本日は「新型コロナとワクチン知らないと不都合な真実」という本を紹介し、基本的な新型コロナとワクチンの知識をインプットすると共に、今の日本のコロナ報道に潜む罠についても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

第1章 新型コロナウイルスの現状

まずコロナウイルスとは何なのかを話しします。

COVID-19新型コロナウイルス感染症というのは、19という病気の名前なんです。

勘違いされがちですがウイルスの名前ではありません。

COVIDとは「corona virus disease]の略で、そこに2019年に発生したコロナウイルスによる疾患という意味でCOVID-19と呼ばれます。

ウイルスとは

まず「ウイルスは生物ではない」という認識をもちましょう。

ウイルスが生物だといえない理由は「細胞」をもたないためです。

人間をはじめとする生物は膜で囲われた細胞でできていて、細胞の中で生きるために必要なエネルギーをつくったり、遺伝子をコピーして増殖したりするんですが、ウイルスにはそういった基本機能が欠けているのです。

ウイルスはどうやって増えるのかというと、ウイルスは人の細胞を乗っ取って増えます。

ウイルスはいわば「遺伝子とその入れ物だけの存在」なので、単独で増えることはできません。

その代わり別の生物の細胞に侵入し、その増殖機能を乗っ取って自分の遺伝子のコピーを増やすのです。

コロナウイルスとは

コロナウイルスは風邪を引き起こすウイルスの1つです。

風邪を引きを起こすウイルスには「ライノウイルス」や「ヒトメタニューモウイルス」など他にも多く存在し、ウイルス以外の原因による風邪もあります。

そして普通の風邪のうち、10%〜35%はコロナウイルスが引き起こしていたとされます。

つまりそこらじゅうにいるウイルスか、コロナウイルスなのです。

コロナウイルスにはこれまで判明していただけで6つの種類があり、そのうち4種類が風邪の主な原因になります。

その4種類の他に「SARS」と「MARS」2種類の病気の原因となるウイルスがあります。

新型コロナウイルスとは

今新型コロナウイルスの名前は「SARSコロナウイルス2」と言います。

SARSを引き起こすコロナウイルスに、よく似ていたことから命名されました。

コロナウイルスの中で7番目に発見された、人に感染するウイルスです。

このSARSウイルスとの類似性の高さが、新型コロナウイルス攻略のカギになります。

SARSは2002年に発見され、2003年に大流行となりました。

中国から流行して複数の国に広がりましたが、日本には一切入ってきませんでした。

SARSは致死率が約10%もあったのです。

新型コロナウイルスは致死率が2%くらいで、SARSとCOVID-19では致死率に大きな差があります。

SARSは重大な感染症でしたが、8カ月間で収束し完全にこの世の中から消えました。

MARSはヒトコブラクダ由来のコロナウイルスが起こす感染症で、2012年に発見され韓国で一時流行しました。

今でも中東でときどき流行し、致死率は約35%です。

MARSも新型コロナウイルスと少し似ていますが、やはりSARのほうが新型コロナウイルスと類似性が高いといえます。

新型コロナウイルスとインフルエンザの比較

新型コロナウイルスとインフルエンザと比較して、「感染率のしやすさ」を「致死率」の見ていきたいと思いますが、それにはまず「基本再生産数」と「実行再生産数」の理解が必要です。

基本再生産数は、免疫がなく何も対策が講じられていない状態で、1人の感染者が何人に感染させてしてしまうかという数値です。

実行再生産数は、免疫やワクチン、外出規制などの対応策が取られている状態で、1人の感染者が何人に感染させてしまうかという数値です。

実行再生産数の場合は取り巻く状況によって変わりますので、ここでは基本再生産数で比べていきます。

基本再生産数は季節性インフルエンザで「1〜3程度」、新型コロナウイルスで「2前後」と言われています。

感染力はインフルエンザも新型コロナウイルスも、あまり差がありません。

しかし致死率が大きく違い、新型コロナウイルスの致死率はインフルエンザの100倍あります。

そもそも致死率には「CFR」と「IFR」 があります。

「CFR」は致命割合のことで、その感染症だと確定診断が出た患者の中で亡くなられた方の比率です。

「IFR」は感染致命割合のことで、確定診断は出ていないけれど感染したと思われる人を分母にとったものです。

正確な感染者数は分からないため、推定したものになります。

これは感染症だと確定診断が出せる国の多くは先進国であり、医療体制が整わず検査が進まない国もあるため、医療体制の違いを加味して致死率を検討するために「IFR」が使われます。

この「CFR」と「IFR」は大きく数値が変わってくるため、混同してしまうと本当の新型コロナウイルスの強さが分からなくなってしまいます。

IFR は確定診断は出ていないが感染したと思われる人を分母にとったものなので、分母が大きくなりがちで値がかなり小さくなってしまいます。

例えば新型コロナウイルスのCFRは2%程度、IFRは0.657%と言われ、差があるため比較が重要になります。

季節性インフルエンザの致死率は世界的には0.1%未満とされていますが、これは医療機関が未整備の国も含めて世界全体で考えるとこのくらいだろうという推定値、つまりIFRなのです。

そこで日本のインフルエンザのCFRを調べると、 0.02〜0.03%というデータがあります。

つまりCFRで比べると分かりますが、新型コロナウイルスの致死率が約2%なのに対し、インフルエンザは約002%と100倍近く違うということが分かります。

インフルエンザにはワクチンもありますし、症状が多くの人に出ることから感染者の発見も比較的容易です。

一方で新型コロナウイルスは自覚症状がない場合もあり、診断や隔離が難しいこともあってインフルエンザと同様の対策をとっているだけでは感染が広まってしまう危険性があります。

感染が一気に広がればその大半が軽傷者だとしても、必ず出てくる重傷者も確実に増えます。

結果として医療機関が対応できる限界を超え診療ができなくなれば、死者の絶対数も増えてしまうため、慎重に対策を進める必要があります。

第1章まとめ

  • ウイルスは細胞を持たないため生物ではなく、生物の増殖機能を乗っ取って増殖していく。
  • 新型コロナウイルスの名前は「SARSコロナウイルス2」であり、SARSと非常に似ている。
  • 新型コロナウイルスはちょっと怖いインフルエンザ程度の話ではなく、慎重に対策する必要がある。

第2章 ワクチン

マスクや3密を避けたりと、飛沫や接触感染を気にし続ける習慣はいつまで続けなくてはいけないのでしょうか。

それは有効なワクチンが完成して、予防接種によって集団免疫獲得できたときです。

しかし「ワクチンがあればもう心配しなくていい!」と喜ぶ前に慎重になる必要がります。

研究が進む反作用で、研究者・プロの間でも玉石混交の情報が溢れかえっています。

いわゆる「 インフォデミック」と呼ばれる誤った情報の拡散による社会的被害が発生しています。

ワクチンの開発も「アウトブレイクパラダイム」という超早スキームで進められていて、動物実験の結果が出る前に人間に投与したり、投与する用量を安全性と効果の見定めのために段階的に増やしていくことを省略しています。

5〜6年かかるところを1年以内でやろうとすれば、倫理観や安全性がトレードオフにならざるを得ません。

ワクチンは新型コロナウイルス対策の「決定版」であることに間違いありませんが、もしワクチンに何らかの問題があった場合は、期待が高かったために失望は凄まじいものでしょう。

そもそもワクチンは感染する前に摂取して、人から人への感染を防止するのが最大の目的です。

感染した際に症状を軽くする効果も期待できます。

ワクチンとは何か

ワクチンは人体に特定のウイルスに対する免疫をつける手段です。

そのために一度体にウイルスを感染させ、もう一度同じウイルスが体の中に行ってきたときに備えます。

そしてワクチンにもたくさんの種類があります。

「生ワクチン」はウイルス病原性を弱毒化して、弱った形で体の中に入れる方法です。

この生ワクチンは接種後に得られる免疫が強固で、自然感染による病原体の感染を防ぐことができますが、ウイルスや細菌が体内で増殖するので接種後に発熱や発疹などその病気の症状が出るデメリットがあります。

そのデメリットを解消したのが「不活化ワクチン」です。

これはウイルスをホルマリンなどで殺してしまい、体内で増えないようにする成分を生成して、その成分だけを打つものです。

死んだウイルスを体に打ち込んでも感染症を防げることが判明したのですが、不活化ワクチンでは実際に体に感染が起こるわけではないので、免疫系の反応が若干弱いです。

つまり反応が薄かったり効果が長く続かないことがあるため、数年で効果が切れる可能性があります。

さらに研究が進み「免疫系に刺激を強く与えればいいんじゃないか」という発想で「アジュバント」が考えられました。

アジュバントはワクチンの成分を同時に打ち込んで「これは本当に感染した」と免疫系に勘違いさせ免疫体を刺激するものです。

このアジュバンドで高い効果が得られることが分かり、世界的なワクチンの主流は「不活化ワクチン」となりました。

不活化ワクチンというのは、ウイルスを増やさなければ作れないワクチンです。

例えばインフルエンザウイルスのワクチンは、まず鳥の卵にインフルエンザウイルスを入れ増殖します。

そこからウイルスの粒子を取り出し、ホルマリンなどで殺してから生成しているのです。

今でもこの方法でワクチンを作っており、医療現場で使われているワクチンはほとんどが不活化ワクチンなのですが、量産と効果に限界がありました。

そして1970年代以降のバイオテクノロジーの急速な発達が、新たなワクチンを生み出します。

「ウイルスを増やさなくても、ウイルスの成分を1つだけ人工的に作って打ってみたらどうだろう」という発想で生まれたのが「組み換えワクチン」です。

この組み換えワクチンを人の体に打ち込んだところ、ちゃんと免疫ができることが分かりました。

ただし不活化ワクチンと全く同じ理由で刺激が弱いので、アジュバンドや接種スケジュールなどの方法論が発達していきました。

「生ワクチン」「不活化ワクチン」「組み換えワクチン」がオーソドックスなワクチン3兄弟です。

しかし新型コロナ用のワクチンは、この3つのワクチンではない全く新しいワクチンを使用しています。

これまで紹介した3つのワクチンは、ウイルスの全部や一部を用意して体に入れていたのですが、「ウイルス成分のタンパク質を人体の中で作らせてもいいんじゃないか」という発想が現れました。

ウイルス内タンパク質の設計図にあたるものを打ち込んで、人体で作らせて免疫系を刺激しようという考えです。

第1章でウイルスが人間の増殖機能を乗っ取って増えるという話をしました。

この細胞増殖機能を使ってウイルス内タンパク質だけを増やし、免疫系を刺激することです。

この方法のメリットは「製造が比較的簡単」「管理が比較的容易」「コストが安い」「量産しやすい」「流通させやすい」ことです。

最初は自己複製能力と増殖力を失わせたウイルスに設計図を持たせて、細胞の増殖機能のところまで運ばせていたのですが、技術進歩によりわざわざウイルスに持たせなくても体内の目的地に設計図を直接届ける方法が分かりました。

ウイルスに設計図を持たせて体の中に打ち込む形のワクチンから、設計図を直接打ち込むワクチンが生まれたのです。

先ほどから設計図と言っていますが、その設計図こそがDNAやRNAです。

これが今ニュースで話題になっているDNAワクチンや mRNAワクチンと呼ばれるものです。

遺伝子の設計図であるDNAやRNAを転写して、具体的な指示書や命令書みたいに書き換えたRNAをまとめて核酸と言います。

よってこれらをまとめて核酸ワクチンと呼びます。

核酸ワクチンは人間の体のタンパク質製造のシステムを使ってウイルスの成分を作ろうという点で、ウイルスやその一部を外から打ち込もうとする生ワクチンや不活化ワクチンとは考え方が大きく違うと言えます。

そしてこの核酸ワクチンはコロナ禍が起きるまで、人用の医薬品として承認されたことのないワクチンです。

遺伝子治療でも同様の技術が使われますが、それは最初に説明したウイルスに設計図を持たせるいわゆる「ウイルスベクター」を使ったものです。

核酸だけを打ち込む治療は、コロナウイルスの核酸ワクチンが人では初の承認となったのです。

ここが重要なポイントで、核酸ワクチンは動物実験ではうまくいっていて、理論上はうまくいくとわかっています。

しかし人で承認されたものが販売されたことがないから、実施上の問題点の洗い出しはこれからの話なのです。

コロナ禍前の2019年秋ごろまでに、核酸ワクチンについてのレビューがいくつも出ていて、「長い時間がかかるだろうけど、こういうワクチンもそのうち実現化されるよね」とか「明るい未来がそのうちやってくるよね」とか「でも実現には10年間に10年はかかるよね」という内容でした。

しかし新型コロナがやってきたことで状況は一変しました。

そもそも mRNAワクチンや DNAワクチンを人向けに作ってみようという試みは、感染症のワクチンとしてはSARSやMARS向けに行われてはいたのですが、様々な理由で開発がストップしていました。

それがこの新型コロナウイルスの流行が起こったとき、SARSとそっくりなだから「今まで開発していた技術が応用できる!」ということで、ワクチンの研究者や医薬品の企業が色めき立ったわけです。

今回のワクチンの開発競争はこのような状況下で始まりました。

新しい技術でSARSやMARS対応を考えていた研究所や会社が、スタートダッシュをして目立ったのはそのためです。

ワクチンの開発レース、特に核酸ワクチンの場合はどこの国が最初にワクチンを開発するか「科学大国ぶりを見せつける効果」を狙っている面もあります。

一方で不活化ワクチンや成分ワクチンも開発が進められています。

テクノロジーの波に乗っていないため遅く、報道もされないため注目されていません。

こちらは安全性や副反応について経験からおおむね予測ができますが、販売されるのは2021年の夏から秋以降になる思われます。

核酸ワクチンのデメリット

核酸ワクチンのデメリットは、安全性も効果もまだまだこれからだということです。

はっきり言ってしまえば「大規模な社会的人体実験」がこれから行われます。

社会がそれを求めているのだから仕方ありませんが、科学の視点から行けば本来20年かけてもおかしくない検証をすっ飛ばしているのだという問題は、しっかりと認識しておく必要があります。

だからといってこの新しい技術のワクチンを怖がるのも間違っています。

治験の結果から人体においても免疫が反応するということが確認され、ファイザーとバイオンテックが開発中の mRNAワクチンの大規模な治験で「効果が高かった」と発表されています。

安全性についてはあまり報道されてはいませんが有害事象は出てきています。

発熱頭痛などを含めると相当な数で、普通だったらワクチンの治験が停止するぐらいの症状も出ています。

これが緊急事態ということで甘い基準になっている面があります。

またADEが起こる可能性も指摘されています。

ADEとはウイルスに抗体がくっつくことで感染や症状が促進される現象のことで、ワクチンを打つとそのウイルスに感染したときに「より重症化」する現象のことです。

これは動物実験段階のSARSワクチンで起こりました。

第1章で説明したとおり、新型コロナはSARSとよく似ているため、ADEが起こる可能性を指摘されています。

今のところ新型コロナワクチンの動物実験では観測されていませんが、半端な抗体ができるとそのようなことが起こりえると認識する必要があります。

また長期的な予後が分からないというのも懸念材料です。

今までのワクチンは子供のときに打って、寿命を全うするまで問題なく生きてきた人がいくらでもいるわけですから、長期的な結果が実証できています。

ところが今回の核酸ワクチンについては今回の治験までに打った人がほとんどいないわけで、打ってから10年後に起こる副反応があるかもしれないと考えると、安全性にはそれなりの懸念を持たなければいけません。

第2章まとめ

  1. 新型コロナウイルスに使われているワクチンは「核酸ワクチン」で、まったく新しいワクチンであること。
  2. 核酸ワクチンのメリットは「大量生産が簡単である」「テクノロジーの原理は判明している」ことで、デメリットは「安全性も効果もこれからだ」ということ。
  3. 懸念材料を把握り、メリットデメリットを理解する必要があること。

第3章 他の国に実験をさせ、その成果だけを頂く

ワクチンに関する倫理問題として、感染を防げるかどうかは「実験でワクチンを打って感染させてみないと分からないこと」が挙げられます。

アメリカとイギリスでは「チャレンジテスト」や「プラン D 」といって、人にワクチンを打ってしばらくして新型コロナウイルスに感染するかどうかを試します。

ワクチンが効けば感染しないか、感染しても重症化に陥らずに済むわけです。

もちろん参加者にお金を出しますし、参加希望者が殺到している現実があります。

さらに中国は治験を南米などでやると言っています。

つまり人権問題と地域的な倫理問題まではらむ、大きな問題が横たわっています。

それに私たち日本人が金だけ出して乗っかっていいのかを、真剣に考える必要があります。

つまり核酸ワクチンは科学的達成度としては楽観的になれるところが出てきましたが、リスクや社会の受容は懸念されるところも残るのです。

ワクチンは意味がない?

ワクチンを接種しても意味がないという情報を目にした方も多いかもしれません。

新型コロナから回復した患者がまた罹患してしまったニュースから、こういう情報が生まれたのでしょう。

これは「新型コロナウイルスに感染してできた免疫がもつかもたないか」という話と、「ワクチンでついた免疫がもつかもたないか」という話を分けて考える必要があります。

ワクチンでも自然感染でもついた免疫がどのくらいの期間もつかは、全く予測することができません。

これはあらゆる病気についても同様で。例えば麻疹などのワクチンによる免疫は一生続きますが、インフルエンザのワクチンでできる免疫は数カ月で消えてしまいます。

その理由は分子生物学的には、全くと言っていいほど解明されていないのです。

今回のコロナの自然感染では3ヶ月くらいすると免疫のバロメーターが落ちてきて、血液中の抗体の値が下がってくることが分かっています。

ワクチンでも同じことがおこるかどうかはまったく別問題で、これについては他国でのワクチン接種の効果などの報道をみながら判断していくしかありません。

ワクチンのリスク

ワクチンのリスクを知っておく必要があり、副反応が出る人も存在します。

どれだけワクチンの有効性が高かったとしても。仮に副反応で死者が出てしまった場合はワクチン否定派が多数出てくることが予想されます。

その際にもしっかりと情報を見定める姿勢が重要で、リスクがあることをしっかりと認識した上で、ワクチンを考えることが大切です。

第3章まとめ

  1. ワクチンに関する倫理問題とは「感染を防げるかどうかは実験でワクチンを打って感染させてみないと分からないこと」である。
  2. ワクチンにはリスクがあり、副反応が出る人も当然ながら存在する。
  3. 核酸ワクチンは科学的達成度としては楽観的になれるところが出てきた一方で、リスクや社会の需要については懸念されるところも残る。

著者のすすめる情報への向き合い方

最後に著者の峰宗太郎さんと山中浩之さんの「情報への向き合い方」をまとめたいと思います。

今回のコロナウイルスの流行では多くの専門家が出てきました。

コロナ関連書籍もこの本を含めたくさん出版されています。

中には「俺様理論」「独自理論」「決めつけ」などが多かく、とんでもない内容の本もあります。

まともな本に重大な間違いが混じっていることもあれば、内容が陳腐化している本もあります。

そういった情報を簡単に信じてしまって良いのか、そもそも自分はどのようにして何を信じればいいのでしょうか。

まず自分自身を見つめ直し、落ち着いて考えることが何より大事です。

日本のコロナ対策は専門家会議による検討・発信もあり、世界的に見てもまともな提言を多く受けたものになっています。

そういう意味でもまずは公的な情報をしっかりと検討することが重要です。

皆さんは内閣府、内閣官房、厚労省、分科会などが発信する情報源である webサイトを直接見たことがありますか?

そこから得られる情報は、多くの専門家の目が通った情報を発信主体を明確にし、自己利益の目的なく発信しているわけですから、収集し検討する価値があります。

よくある独自情報というものはどちらかというと間違っていることが多く、信じるのはリスクが高いです。

センセーショナルなメディアの情報や、信者獲得や持論を披露したい専門家による情報は目立ちます。

専門家だからと権威で信じること、テレビや新聞の情報だからと思考停止で真に受けることは危ういと言えます。

公的情報も含めて、確実で絶対な情報ソースはありません。

「簡単に手に入り、正しいことが保証されている」そんな情報はないのです。

「感染症のプロである医者や研究者が書いた論文ならば大丈夫」と思うかもしれませんが、それも違います。

論文にもいくらでも間違いはありますし、査読前のプレプリントやそれ以前のプレスリリースなど、科学的には「ゆるゆる」でどうしようもない情報も散々発信されています。

権威性などは「専門性」を元にしても全く信用の根拠になりません。

公的情報も含め複数の情報源から情報を集めて検討し、そして妥当なラインを知り咀嚼して行動することを継続的に行なっていくしかありません。

コロナ対策として必要な情報はもう出ています。

「3蜜を避ける」「マスクをする」「距離をとる」「手を洗う」など基本的な対策が重要であり、これが守られないところから感染が拡大しています。

「特効薬がある」「特定の食べ物が効く」「うがい薬が…」などなどこれだけで一発解決という便利なものはありません。

知るべきことを知り、正しく恐れることができるようにこの困難な時期を乗り切れるように、みんなで頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました