誰にも教えずに自分だけが知っていたい1冊!紀里谷和明『地平線を追いかけて満員電車を降りてみた』を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回は紀里谷和明さんの著書『地平線追いかけて満員電車を降りてみた』を紹介していきたいと思います。

この意味深なタイトルどう思いますか?

「みんな満員電車なんか降りて、好きなことやれよ!」みたいなチープな本ではありませんから安心してください。ひと言で言うと、自分と向き合える素晴らしい本です。

この本はストーリー展開で進むんですが、悩みを抱えている複数の主人公が劇場を運営している初老の支配人と話をしていき、自分の悩みを解決していくストーリーです。

またこの支配人が毒舌ですが的確で、『夢をかなえるゾウ』で言ったら『ガネーシャ』、『嫌われる勇気』で言ったら『哲人』の役割をしていて、私の中では『支配人』と合わせて3人が毒舌の三賢者です。

「悩みとか全くないよ」って人はこの記事は見なくていいです。

誰もが一度は悩んだことがあることについて分かりやすく解説してくれるのがこの本のすごいところなので、そこに注目していきましょう!

バカにしているのはあなた自身

1つ目は『バカにしているのはあなた自身』という話です。

主人公の1人である翔太は普通のサラリーマンです。そしてお金持ちになりたい、出世したいといったごく普通の悩みを抱えています。

そして支配人は翔太にこう問いかけます。

「それはなぜですか?それは本当にそう思ってるんですか?」

もう半沢直樹が敵の動かぬ証拠を見つけた時ぐらい突っ込んできます。

すると翔太はだんだん自分の本当の気持ちに気付いていきます。

それは過去にお金がなくて、大好きだった彼女と別れてしまった経験があることでした。

お金持ちだとモテる。だからお金持ちになりたかったことに気づきます。

さらに今度はモテるということを追求してみると、翔太は人から羨ましがられる人になりたいと思っていたことに気付きます。

さらに踏み込んでいくと、翔太のトラウマが明らかになります。

それは過去に部活のキャプテンからバカにされた経験から、人からバカにされたくない、バカにされないような羨ましがられる存在になりたかったことに気付くのです。

つまりお金持ちになりたかったのは、バカにされたくなかったからなんです。

しかし、ここまで支配人に追及された後に翔太はふと気づくんです。

そういえばこの前の同窓会でキャプテンにあったとき、キャプテンは自分のことをバカにしてなかったら。

自分をバカにしたキャプテンを見返してやりたい。

その一心で同窓会ではブランドジャケットに高級時計を身につけて行ったのに、そのキャプテンは親しげに「おぉ翔太じゃん!元気だった?」と声をかけてくれたんです。

つまりキャプテンは翔太との過去の出来事なんて、全く覚えていなかったんです。

翔太はただ一度キャプテンから馬鹿にされたことをずっと覚えていて、それにとらわれて「お金持ちになりたい」とこじらせて本気で悩んでいたんです。

この他人からバカにされることって言ってしまえば、たまたま交通事故に遭ったようなものです。

大事なことは『あなたの価値は全く変わっていないこと』に気づけるかどうかなんですよ。

ちょっとまだモヤモヤすると思うので、自分以外で考えたほうが分かりやすいです。

例えばあなたの大切な友人が何の過失もないのに、突然街中で知らない人に激しく罵倒されて、そのために落ち込んでいたとします。

これは交通事故に遭ったようなもんです。そんな友人にあなたはなんて声をかけますか?

おそらく「別に他人がお前のことをなんて言おうが関係ない!お前はお前でしょ!」こういった内容の言葉をかけてあげるのが普通かと思います。

でも交通事故に遭った本人はそれがトラウマになって、どんどん世間からの評価を気にして行動するようになります。

お金持ちを目指していた翔太がまさにそうですよね。ここからが核心の部分です。

「人からバカにされたらどうしよう。人から下に見られたくない。」こういった人の目(世間)で一体誰のことでしょうか?

一度馬鹿にしたキャプテンなんて、馬鹿にしたことすら覚えていません。

あなたの世間体を気にしている悩みって、実はあなた自身があなたを馬鹿にしてるんです。

実は周りの人があなたをバカにすることなんて、ほとんど無いんです。

というか電車の中でも公共の場でも、あなたのことを見ている人なんてほとんどいません。

本当は存在しない世間の人の目をあなた自身が存在するかのように考え、自分で自分を馬鹿にしていたから悩みが生まれていたんです。

今、何かに悩んでる人は何がきっかけなのか1つずつ考えてみてください。

そしてあなた自身が自分を馬鹿にしていないかを考えてみるのはどうでしょうか?

何か今までと違った考えが浮かぶかもしれません。

将来どうありたい?

2つ目は『将来どうありたい?』という話です。

これがこの本の中で一番感銘を受けたポイントなんですが、「将来何になりたい?」こうやって子供に聞くから子供は肩書で夢を考えてしまうんです。

そうではなく「将来どうありたい?」こうやって聞いてあげるようにしましょう。

人は「将来何になりたい?」と聞かれると、「自分は何かにならなければならない」という強迫観念を植え付けられてしまいます。

それは当然大人になってからも残り、「何かにならなくちゃ…変化しなければならない…」と思って生きることになります。

でももしあなたが「将来どうありたい?」と聞かれたら何と答えますかね?

人によると思いますが、例えば「優しい人になりたい」「落ち着いた人でありたい」「自由でありたい」というように、回答が少し変わってくるんじゃないでしょうか。

例えば子供の頃「ヒーローになりたい」というのは、『ヒーロー』が肩書きです。

でもどうありたいかを考えれ突きつめてみると「強い人になりたい」という欲求です。

たとえアニメのようなヒーローになるのは難しくても、強い人になる方法ならいくらだってあるんです。

ここからがお悩みポイントなんですが、あなたがもし何か夢を持っていてそれを叶えようとする最中で「何か違う…」と感じたなら、もしかしたら『肩書き』にこだわりすぎているのかもしれません。

何になりたいと考えるのではなく、どうありたいのかをもう一度考えてみるのもいいかもしれません。

そして今は夢がないという人でも、肩書ではなくどうありたいか考えてみると面白いです。

たとえ夢がない人でも、「どうありたいか?」は答えられるんですよ。

この問に答えられれば、あなたの本心が理解できるきっかけとなります。

大人の心と子供の心

3つ目は『大人の心と子供の心』というお話です。

人の悩みは2つの心が関係しています。それは『大人の心』と『子供の心』です。

『大人の心』とは、『人と比べて優位に立っていれば安心だ』と考える心です。

『子供の心』とは、『人の目なんて気にせずに、やりたいことをやってしまう心』です。

絵が好きだから絵を描く。演技好きだから演じる。そんな子供の心ありましたよね。

でも社会に出て少しずつ 『お金持ちになる』『いい家に住む』『人望を集める』こういった社会的地位や名声、肩書きを得るために行動してしまうんです。

そして無意識のうちに『大人の心』を優先しているせいで、苦しむことになるんです。

例えばあなたが人を好きになるとき、それを言葉で表現するとどうなりますか?

「一緒に居て楽しい」「一緒にいると居心地がいい」など、子供の心で感じることは言語化しにくい曖昧なものです。

その一方で大人の心で考えると、「顔立ちが整った人」とか「年収1000万円以上ある人」など数値で判断しやすい基準であり、分かりやすいため大人の心を優先しやすくなります。

しかし仮に顔立ちや年収などの条件を揃えたとして、その相手を絶対好きになるでしょうか?

おそらくなりませんよね。もしそういう条件で付き合ったとしても、あなたの子どもの心は「違うよ!」と発信します。

それを無視して大人の心を優先した結果、どんどん悩んでいくことになるんです。

これは好きな人でも仕事でも遊びでも、全てに当てはまります。

このように子供の心を無視することが、あなたの悩みになっている可能性があるんです。

あなたは子供の心を無視していませんか?

終わりに

今回の記事をまとめると

  1. バカにしているのはあなた自身
  2. 将来何になりたい?
  3. 大人の心と子供の心

というお話でした。

どうでしたか?新たな発見があった人もいるんじゃないでしょうか。

今満員電車に乗っている人で興味が湧いたという人は、ぜひ本書を手にとって読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました