投資で利益を出す5つのルール!損をしたくない人は必見!

スポンサーリンク

高橋ダンが長年の経験から身につけ実践している「5つのルール」を特別に公開しました。長期投資と短期投資を問わず使うことができるもので、まさにプロ仕様!個人投資家必見の内容です。以下は要約になります。

投資で利益を出す5つのルール
スポンサーリンク

ルールその1【情報をできるだけ集める】

投資の世界において「情報」はとても大きな武器である。有益な情報はあればあるほどいいので、情報を持っている人が強い。株の世界は、誰かが得をしたら誰かが損をするゼロサムゲーム。そんな戦場で情報は大きな武器となる。

ルールその2【他人の意見だけで決断しない】

情報を集めていると色々なニュースとともに、様々な人の意見が耳に入ることだろう。他の人の意見を鵜呑みにしてはいけない。他の人の意見だけに頼ることなく、最後は自分の頭と心で決断してほしい。

ルールその3【多様化して投資する】

どれだけ能力が高い投資家も、間違えることは必ずある。ポートフォリオを多様化することで、致命的な間違いを回避できる。多様化は、商品(株、債権、為替、不動産など)以外にも期間(短期、中期、長期)で行うことが重要だ。

ルールその4【新しい投資をする際、その理由を日記に書く】

新しく商品を購入するときには、その「理由」と「状況」とともに、「こういう状況になったら売る」と決め日記に書く。自分が思った通りにいけば問題ないが、思わぬ値動きをし間違いであったとに気付いたなら、当初決めた通りに売るべきだ。間違ったときの行動を最初に決めておくことで、感情的になることなく機械的にロスカットできる。

ルールその5【新しいポジションを取るときは、一度にやらない】

もし10万円分の株を買いたいのなら、1回目に3万円、2回目に3万円、3回目に4万円と分けて購入する。一度に購入するのは、その後の値動き次第で感情的に良くないことが多い。

株を売る際も同様に、少しずつ 売る。例え大きく値上がりしたとしても、まず30%だけ売り、その後30%、様子を見て40%と分けて売る。そうすることで「もっと値上がりしてから売ればよかった」「あのとき売ればよかった」とならずにすむ。

要するに、その後に上がっても下がっても、大きく損をしないやり方が最適だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました