ビットコインとは何か?高橋ダンが初心者向けにおすすめの投資方法を解説する!

スポンサーリンク

「ビットコインに投資したいけれどどうすればいいの?そもそも仮想通貨って何?」そんな質問に高橋ダンが答えます。初心者向けの内容ですが、テクニカル分析で使用するツールなどの情報もあるので、個人投資家必見です。

Bitcoin? ビットコインの未来⁉
スポンサーリンク

ビットコインは何か?

ビットコインとは、一番最初に作られたブロックチェーンである。

ブロックチェーンとは、誰が売買したのかなどのデータが、インターネット上にブロックとして残り、誰でもインターネット環境があれば見たり、新たなブロックを追加することができる。

ビットコインの特徴として、「供給量が決まっている」「マイニングが必要」ということが挙げられる。

供給量が決まっているため、紙幣のようにいくらでも作り出すことはできず、決まった供給量の中で新たに作り出そうとするとマイニングが必要である。

マイニングには、電力エネルギーやコンピュータCPUが必要であるであるため、誰でも簡単にできるものではない。

この仮想通貨の仕組みを考えた人は定かではないが、まさしく天才である。

ビットコインは、一番最初に作られた仮想通貨で、純資産は圧倒的に一番大きい。

ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼ぶ。イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどが有名である。

テクニカル分析で使用するツール

ビットコインはアルゴリズムトレードの影響が大きく、変動率が高い。

そのためテクニカル分析では「MACD」よりも、「ICHIMOKU」を使ったほうがいい。

「ICHIMOKU」はモメンタムの強い商品の分析に向いているので、ビットコインなどの仮想通貨に最適だ。

「ICHIMOKU」によるテクニカル分析のやり方は色々あるが、その1つとして、色のついた雲の下にチャートがあるときは「危険」で、雲の上にチャートがあるときは「安全」となる。

おすすめの投資方法

仮想通貨の値動きは、新しい商品ということもあり短期的にはどうなるか予想がつかない。

そのため長期的な投資が向いており、毎月積立で少額ずつ購入するといい。

購入する銘柄は、純資産が上位5位から10位までのものがいいだろう。

私は仮想通貨よりも金や銀などの方が好きだが、保険として、また資産の多様化の1つとして仮想通貨を買っている。

好きではない理由は、「ビットコインは供給量が決まっているためいくらでも作り出せないが、新しい銘柄のアルトコインはいくらでも作り出せること」である。

その他にも仕様の変更を意味する「ハードウォーク」もあまり好きではない。

いずれにせよ、初心者でも少額は持っておいたほうがいい資産といえる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました