インド株式を長期投資ポートフォリオに組み込むべき理由!新興国株に投資する

スポンサーリンク

高橋ダンが「インド株」を長期投資ポートフォリオに組み込むべき理由について解説しました。なぜインドなのか?どうやって投資すればいいのか?その答えを…まるっと要約!

インド株式指数が過去最高値、ポートフォリオに加えるべき?
スポンサーリンク

インドに投資するべき理由

インドに投資するべき一番の理由は「人口動態」が優れているためだ。

インドは平均年齢が非常に若いため、今後も人口の増加が予測されている。

現在はインドと中国と同じような人口であるが、中国は人口減少が見込まれるのに対し、インドの人口増加は続くため、数年後にはインドが世界第1位の人口を持つ国となる。

そのため2030年には、世界第2位のGDPとなる見込みである。

その他にも豊富な天然資源と、島国ではないため他の国に囲まれ貿易がしやすいことも魅力の1つだ。

見るべき株式指数

インドに投資する際、見るべき株式指数は「NIFTY」と「SENSEX」の2つだ。

「NIFTY」はニューデリー取引所の上位50銘柄、「SENSEX」はムンバイ取引所の上位30銘柄となっており、時価総額で計算される点がダウや日経とは違う。

インドは大手の会社数が少ないため「NIFTY」で50銘柄、「SENSEX」で30銘柄と少ないが、2つとも値動きはほぼ同じだ。

どうやって投資するべきか?

インド株に投資する場合、ドル建てETFである「EPI」と「INDA」の2つがおすすめだ。

2つとも、金融・エネルギー・ハイテクのセクターが主で、中身は非常に似ていて同じようなものであり、ドル建てだがルビア建ての株式指数と同じ動きをする。

「INDA」の方が時価総額と出来高が大きいためおすすめだが、日本の証券会社では取り扱いがないようなので、「EPI」一択となる。

終わりに

インドのものすごい成長はこれからも続く。

日本にいながらにしてインドの株に投資することで、その利益を享受してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました