レバレッジETFとインバースETFは絶対買うな!

スポンサーリンク

高橋ダンがレバレッジとインバースETFについて解説しました。この商品は絶対に買ってはいけないと警告しています。その理由を…まるっと要約!

【絶対買うな】レバレッジやインバースベアETFの懸念点
スポンサーリンク

保険としてレバレッジインバースETFを買う?

レバレッジETFとインバースETFを使えば、オプション取引や空売りをしなくても「保険」になるという質問をよく受ける。

私の答えは「No!」だ。絶対に買ってはいけない。その理由について解説していく。

レバレッジETFとは?

「SSO」というS&P500に連動する2倍レバレッジETFがある。

簡単に説明すると、S&P500が1%上がるときに、SSOは2%上がるというものだ。

では実際にはどうなっているのか、チャートを見てみよう。

上の図はS&P500のETFである「SPY」のチャートだが、今年14.41%上がっていることが分かる。

ということは、2倍レバレッジETFの「SSO」は、今年28〜29%上がっているはずである。

実際にSSOのチャートを見てみると、今年は15.72%しか上がっていないことが分かる。

いったいどうなっているのか?

インバースETFとは?

インバースETFとは、ある指数とまったく逆に動くETFのことだ。

「SPXU」というS&P500の3倍インバースETFは、S&P500が1%上がったときに、SPXUは3%下がるように作られたETFだ。

S&P500は今年14.41%上がっているから、3倍インバースのSPXUは43〜44%下がっているはずだが、実際にチャートを見てみよう。

なんとSPXUは、今年70%の大暴落をしている。

一体なぜなのか?

レバレッジETFとインバースETFの値動き

レバレッジETFの「SSO」とインバースETFの「SPXU」は、いずれも今年は想定と大きくかけ離れていたことが分かったが、その理由は何か?

英語で書かれたETFの説明文を見るとその答えがわかる。

そこには「1日だけ」と書かれているのだ。

つまりSSOが2倍動くのと、SPXUが反対に3倍動くのは1日のみで、翌日にはリセットされる。

そのため、これらのETFを1日以上持つと、リセットが繰り返されることで複利効果のような働きが起き、想定外のパフォーマンスとなる。

結局のところレバレッジやインバースETFは、デイトレーダーやプロ投資家のための商品なのである。

またこれらのETFは、管理費用が約1%と高く、長期保有に向かない。

終わりに

金融の世界では、金融リテラシーの低い人にクレイジーな商品を売りつけることがある。

レバレッジやインバースETFも、オプション取引や空売りを知らない人に「保険になる」と言って売りつけている。

こんなクレイジーなETFを買ってはいけない。

ちゃんとしたETFを長期保有したほうが、絶対にパフォーマンスは高くなるので、知識を身に付けてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました