投資で損をする人の特徴5選!当てはまる人は要注意!

スポンサーリンク

高橋ダンが長年の投資経験で見出した「投資で損をする人」の特徴5つを解説しました。投資初心者から上級者まで必見の内容です。もし当てはまってしまった人は、大きな損をしてしまう前に改めましょう。

5 Traits of People who Lose Money⁉ [損する人の5つ特徴⁉] [5 Point Summary Below❗ 5点概要は下記です❗ ]
スポンサーリンク

【特徴その1】知識がない

知識や情報がないのに、うわさのような浅い情報を頼りに投資する人がいる。

そういう人は、他の人の情報に依存してしまい、自分の頭で理解せずに投資をする。

うわさで上がりそうな株を買ったとしても、いつ売るかが分からない。

どんな情報でも鵜呑みにせず、他と比較したり自分で情報収集をするなどして、正しいのかどうか自分で確認するようにするべきだ。

私の発信する情報も、本当に正しいのかと疑問を持つくらいがいいだろう。

【特徴その2】落ちてるナイフを掴もうとする

下落相場で買おうとすること、つまり「落ちてるナイフを掴む」ことは非常に危険だ。

落ちてるナイフを掴んだら怪我をしてしまう。ナイフが地面に落ちてから拾えばいい。

失敗する人ほど「底値のタイミング」で買おうとする。

長期間成功している人は、「トレンド」で買う。

トレンドが上がり始めたら買い、下がり始めたら売る。それで十分だ。

【特徴その3】ダブルダウンをする

ダブルダウンとは、ギャンブルで負けるたびに掛け金を倍にすることで、ダブルダウンしてどこかで勝てれば元が取れるが、リスクは倍に増えていき非常に危険だ。

投資でも、負けている一つの商品を買い続ける人がいる。

間違っていると自分で分かっているのにも関わらず、熱くなってしまって買い続ける。

「ロスカットは早めにやる」ことを心がけてほしい。

【特徴その4】ルールを守らない

投資においては、計画的に投資をするため、自分でルールを作りそれに従うことが重要だ。

財産の何%は株式を買うというように、計画的な運用が長期投資では重要だが、なかには「今日は安くなっているから」といって無計画に売買する人がいる。

自分でルールを作り、それを守る。

そしてルールが守れているかを確認するためにも、日記をつけたほうがいい。

【特徴その5】間違いを認めない

これが一番重要なことで、頭のいい人から成功者まで陥りがちな特徴だ。

自分は今まで上手くいっていたから、今回も上手くいくはずだと自信過剰になり、間違いを認めない。

自分は絶対に正しいと意地になり、諦めない。

投資においては、早めに諦めてロスカットしたほうがいい。

そうすれば次の投資先に投資することができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました