短期投資でチャートからトレンドを見つける方法!テクニカル分析の基本が丸わかり

スポンサーリンク

「短期投資ってデイトレードのこと?投機?ギャンブル?」そんな間違った短期投資から脱却し、チャートをテクニカル分析して本当の短期投資をしよう!カリスマ投資系ユーチューバー高橋ダンが初心者にも分かりやすく解説しています。以下は要約になります。

短期的な投資、トレンドを見つける方法?
スポンサーリンク

長期投資と短期投資の両方をやるのはなぜか?

私は以前から資産の7割〜9割を長期投資、3割〜1割を短期投資することを勧めているが、その理由は「パフォーマンスが高くなるから」である。

100%を1回よりも、10%を10回やる方が間違いなく簡単で、この10%を10回やることは短期投資が最適だ。

また、長期投資する際もできるだけ分散するように言っていたが、長期投資と短期投資で分けることも分散の1つである。長期投資をしていると度々暴落を経験すると思うが、暴落時に短期投資をすることが、1つの保険としても機能する。

私の言う短期投資とはポジションを長期的に持たないことを意味し、持つ期間は1ヶ月〜2ヶ月だ。トレンドの波を見つけて、トレンドが動き始めてからその波に乗る。間違っても底で買って、天井で売ろうなどと考えてはいけない。

短期的トレンドを見つけるための指標

短期投資はチャートを見るだけでよい。「個別株」には色々なリスクがあり、機関投資家の大きな売買に左右されトレンドを見つけにくいことから、「ETF」を買うことを勧める。ETFでもパフォーマンスは十分だ。

キャンドルチャートと25日移動平均線

最も重要なことは、キャンドルチャートのブロックの大きさを見て、チャートパターンを分析する。キャンドルチャートのチャートパターンは、本を読んで勉強してほしい。

簡単な見分け方は次の2つで、キャンドルチャートが25日移動平均線を「下に突き抜けると下降トレンド」、「上に突き抜けると上昇トレンド」となる。

ボリューム

2番目に重要な指標は「ボリューム」である。売買のボリュームを見て、売りと買いの圧力を判断する。上昇トレンドで買いのボリュームも大きければ、買いたい人が多いことが分かる。

MACD(マックディー)

3番目に重要な指標は「MACD」だ。MACD線がシグナル線を「上に突き抜ければ上昇トレンド」、「下に突き抜けると下降トレンド」となる。

世界的なアルゴリズムで使用されるのは、「短期12・長期26・シグナル線9」だが、「短期8・長期18・シグナル線6」に時々変えてみてもいい。

ストキャスティクス

4番目に重要な指標は「ストキャスティクス」だ。2本の線のクロスで値動きの方向を見極めるのはMACDと同じだが、こちらの方がMACDより早く動くことが特徴だ。

一般的な設定は「K14,D3,R3」だが、私がよく使うのは「K28,D6,R6」で、その時のボラティリティによって使い分けてほしい。

ストキャスティクスに20〜80の幅があり、80を超えれば過大評価、20を下回れば過小評価されていることが分かるので、ストキャスティクスを見ているならRSIまで確認しなくとも良い。

どうやって始めたらよいか?

まずは、「キャンドルチャートと移動平均線」に「ボリューム」を加えた2つの指標でチャートを分析し、慣れてきたら「MACD」を加え、さらに慣れたら「ストキャスティクス」を加えていけばいいだろう。

これらのテクニカル分析は、株や債券、為替など様々なものに使えるので、色々と試行錯誤してトレンドを見つけ、自信が出たら投入する資金を増やしていくといい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました