初心者でも簡単にETF投資で老後資金ポートフォリオを作る

スポンサーリンク

 高橋ダンが初心者向けに、ETFを活用した老後資金のための長期投資ポートフォリオの作り方を解説しました。

 「なぜETFなのか?なんのETFを買えばいいのか?」

 そんな疑問にお答えします。初心者向けとあるも多くの人に参考になるはずです。

以下は要約になります

【初心者でも簡単】ETF投資で老後資金ポートフォリオを作る!
スポンサーリンク

老後資金のために、なぜ投資が必要なのか?

 老後のためにお金を貯めることは必要である。それは誰にもでもわかるだろう。

 ではそのためにはなぜ投資が必要なのか。

 それは「複利」を味方につけることができるからだ。

 多くの日本人は金融リテラシーが低いため、そのことを理解せずに現金で資産の大半をもってしまっている。

出典:幻冬舎ゴールドオンライン

 上の図は少々データが古いが、今でも日本人の資産の大半は現預金である。

 このことは世界的に見て異例なことで、長引くデフレと経済成長しないことがその要因だ。

 日本経済の成長が見込めないなら、米国株に投資すればいい。

 そんな簡単なこともできないのは、日本人の金融教育が適切に行われていないためであろう。

まずはETFを買え!

 投資初心者が考える投資先は「株」だと思う。

 最初に株を選ぶのは間違っていないが、株は値動きが激しく「危険なギャンブル」というイメージが初心者にはある。

 そこでオススメするのは、全体指数に投資する「ETF」を買うことだ。

 歴史的に見て米国株式の全体指数は毎年上がっている。

 米国株式の平均成長率は7%であり、仮に利回り6%で毎月1万円を積立投資したら30年後には約1,000万円になる。これが複利のパワーだ。

 市場の全体指数を買う方法は、「ETF」と「投資信託」の2通りあるが、私は以下の理由で「ETF」を買うことを勧める。

  • ETFは取引市場が開いていれば、いつでも売買できる。
  • ETFのほうが管理手数料が安い。

 ただし、積立NISAやiDeCoなど税制上の優遇を受けられるのなら、その範囲内で「投資信託」を買ってもいい。

具体的に何を買うべきか?

 私はあなたの資産の「70〜90%を長期投資」、「10〜30%を短期投資」で運用してほしいと考えている。

 「長期投資」は老後資金確保のために必要だが、それだけでは足りない。

 数日から数ヶ月単位でチャートを使って「短期投資」をすることで、トレンドの波に乗ることができる。

 「長期投資」と「短期投資」の両方でETFが使えるので、具体的に何のETFを買えばいいのか私の考えを述べる前に、まず以下の図を見てほしい。

出典:dan takahashi

 私は、長期投資を3つに分けて考える。

 緑の部分は、経済が成長したときに上がるものだ。

 歴史的に世界経済は成長するものであり、経済成長することで会社は利益を上げ株価が上がる。

 赤の部分は、安全資産のカテゴリーであり、米国と欧州の国債の安全性は現金と変わらない。

 黄色の部分は、コモディティである。現在、世界各国政府は借金を大きく増やしており、私はいずれインフレや通貨危機が起きると考えているため、この部分は重要だ。

 上記3つともETFで対応可能なので、具体的に買うべき銘柄を挙げたいと思う。

株式・社債・不動産

株式

 株式については、以下の銘柄がオススメだ。

  • 「SPY」米国S&P500大手企業
  • 「IWM」米国ラッセル中小企業
  • 「VEA」米国を除く先進国株式
  • 「VWO」新興国株式
  • 「1321」日経平均株価と連動
  • 「2516」東証マザーズと連動
  • 「2800」香港ドル建て中国株式
  • 「SX5S」ユーロ建てユーロ株
  • 「VAS」オーストラリアドル建てオーストラリア株
  • 「VNM」ベトナム株
  • 「EWY」韓国株
  • 「INDA」インド株

 初心者にありがちなのが、全世界株式「VT」を1つだけ買うことだが、それは間違いである。

 「VT」は全世界株式とあるが米国S&P500と連動しており、実質的には米国株なので多様性がなく分散が効いていない。

 株式の内容だけでなく、通貨も多様化することが重要だ。

  • 米国ドル建てを1/3
  • 日本円建てを1/3
  • その他の通貨建てを1/3

で運用することが理想だが、その他の通貨建てが難しければ割合を下げてもいい。

 株価と同様にFXも動くので、米国ドル建てと日本円建てだけでは分散が効いていない。

社債

 社債でオススメできるETFは、「HYG」のみだ。

 ドル建ての米国高利回り社債で、配当利回りが高いことも魅力である。

不動産

 不動産でオススメのETFはないが、永住する場所が決まっているのならマイホームを買ってもいいと思う。

 マイホームは買う利点がないとよく言われるが、家賃を払ったところで何も返ってこないのは事実だ。

 住宅ローンを利用してマイホームを買えば、やがて資産となる。

 ただし最も重要なことは、これから地価が上がり続けるエリアの住宅でなければ意味がない。

国債

 国債のオススメは以下の通りだ。

  • 「TIP」インフレ連動で期間の短い米国債
  • 「SHV」残存期間1年以下の米国債
  • 「SHY」残存期間1〜3年の米国債
  • 「IEF」残存期間7〜10年の米国債
  • 「TLT」期間20年以上の米国債

いずれも安全商品であり、期間によって分散させることができる。

現金と同じ値動きをするため、国債を持っているなら現金比率を下げてもいい。

コモディティ

 コモディティ全体に投資する「DBC」がオススメだが、これだけでは多様性が足りないため、以下のETFを加えるべきだ。

  • 「DBA」農業商品
  • 「DBB」金属
  • 「GLD」金
  • 「SLV」銀
  • 「PPLT」プラチナ
  • 「USO」原油

最後に…

 何度も言うが、投資が重要なのは複利のパワーがあるからだ。

 早く投資を始めた分だけ、複利のパワーがでる。明日にでも投資を始めてほしい。

 ウォール街の格言にこんな物がある。

「100%を作るより、10%を10回作れ。」

 この考えに基づいて短期投資をやるのだ。トレンドに乗れば10%の利益を10回あげることなら1年で達成できるかもしれないが、100%の利益をあげることは非常に難しい。

 また長期投資においても、複利とは毎回の小さなリターンの積み重ねで大きなパワーを生むものだ。

 年利6%は小さいが、30年続けることで大きなリターンとなる。

 そして、長期投資も短期投資も、私が挙げたETFで全てできる。

 「分からない。怖い。」

と思うかもしれないが、まずは投資を初めて経験を積んでほしい。

「面倒だからETFを2〜3個だけかう。」

は大間違いだ。

 重要なのは分散と多様性。もし迷うことがあれば私のユーチューブや本を見て勉強してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました