ロボアドバイザー投資をお勧めしない3つの理由を解説

スポンサーリンク

 高橋ダンが人気ロボアドのウェルスナビを痛烈に批判しました。

 ウェルスナビはAIですらなく、金融リテラシーの低い日本人を狙い撃ちにしたまさにマーケティング詐欺商品だと。

 以下は要約になります。ぜひご覧ください。

【騙されるな】ロボアドバイザー投資をお勧めしない3つの理由!

 今、日本ではやっているロボアドバイザー「ウェルスナビ」を知ってとても驚いた。

 これは完全にマーケティングスキャムであり、絶対にやるべきではない。

 理由は以下の3店である。

スポンサーリンク

ロボアドが駄目な理由①【費用が高すぎる】

 ウェルスナビの手数料は1%だ。

 この1%にはETFの保有コストを含まず、実際はもっと高くなる。

 ありえない!クレイジーだ!

 例えば、日経平均株価の過去20年の利回り(配当込み)は0.997%と1%を下回っており、もし1%の手数料を取られたらマイナスになってしまう。

 また、S&P500の過去20年の利回り(配当込み)は4.958%であり、1%を支払うということは利回りの20%を持っていかれることを意味する。考えられない。

 一例として、100万円を元手に毎月10万円の積立をし、6%の利回りで20年間複利運用した場合は約4,700万円になるが、5%の利回りだと約4,200万円となる。

 つまり、ウェルスナビに20年で約500万円を支払うことになり、元手や積立金額がさらに大きくなれば支払う金額も大きくなる。

 これだけの手数料を支払うだけ、ウェルスナビの投資商品は魅力的なのだろうか。

 その答えが次の理由②にある。

ロボアドが駄目な理由②【中身は誰でも買える大手ETF】

 ウェルスナビが選んでいる投資商品は、そのほとんどが世界最大級の資産運用運用会社バンガードのETFである。

 ウェルスナビでしか買えないわけではなく、誰でも買える。

 しかもバンガードのETFの平均経費率は0.07%と非常に低コストだ。

 ウェルスナビに1%の手数料を支払っても、持っているのは手数料の安いバンガードのETFだということに疑問を感じないのはおかしい。

 そう。ウェルスナビは、アセットアロケーションのバランスにしたがって手数料の安いETFを選んで買っているだけなのだ。

 重要なのはアセットアロケーションのバランスであり、私が勧める長期積立投資のアセットアロケーションは以下の通りだ。

  • 株、社債、不動産(先進国と途上国、ドル建て・円建て・他国通貨建て)40〜60%
  • 国債(米国、欧州)・現金 10〜30% 
  • コモディティ(金、銀、プラチナ、ビットコイン、その他)20〜40%

 このアセットアロケーションを参考に、自分で考えてバンガードのETFを購入してほしい。

 考えるのが面倒だ?

 それこそが理由③である。

ロボアドが駄目な理由③【依存する日本人に未来はない】

 投資においては、誰かに依存することは危険である。

 それが投資に詳しい人でも、家族でも、AIでもだ。

 なぜそこに投資するのか。その理由もわからずに、あなたが一生懸命稼いだお金を預けるべきではない。

 コロナショックのような大暴落でAIが助けてくれることはない。

 誰かに依存して投資をまかせても、金融リテラシーが向上することはない。

 それでは日本人の金融リテラシーはいつまでも低いままだ。

最後に…

 簡単にお金を増やす方法などなく、もしあったとしたらそれは詐欺である。

 毎日15〜30分くらい投資について考える時間を作り、世界が今どう動いているのかを考えるべきだ。

 面倒くさい?

 一生懸命自分が稼いだお金なのにか!

 簡単にできる投資には、理由がある。

 投資を学び、自分の頭で考えて投資をしてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました