こうなってはいけない!「貧乏な人の特徴」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約チャンネル】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「貧乏な人の特徴」を世界一わかりやすく要約してみた

今回は「貧乏な人の特徴」と題して、「なぜ世の中にはお金持ちの人と貧乏の人がいるのか?」「貧乏な人はどのような特徴を持っているのか?」を明らかにしていきたいと思います。

私たち誰もがお金持ちなりたいと考えます。そのために必要なのは「お金持ちの思考法」を身につけることと、もう1つ絶対にやらなくてはいけないことがあります。

それは「貧乏な人の特徴」を理解して、もしその特徴に当てはまっていたら今すぐ自分の生活や行動を変えていくことです。

自分が貧乏な人の特徴に当てはまっていないかをチェックしながら、この記事を読み進めて下さい。

貧乏な人の特徴は以下の3つです。

  1. 付き合う人を選ばない。
  2. お金に対するマイナスの信念を持っている。
  3. 学歴や資格が資産形成率つながると思っている。

それでは1つずつ解説していきます。

付き合う人を選ばない

よく「類は友を呼ぶ」といいますが、それは真実です。

一般に高学歴の人は高学歴の人と話が合って仲良くなり、スポーツ好きの人はスポーツ好きの人と一緒に過ごしたがります。当然のことで、誰だって話があって楽しい人と一緒にいたいものです。

高学歴の人と低学歴の人では関心のあることも違うし、考えていることも違うので基本的に話が合いません。

それは金持ちでも同様で、彼らは金持ち同士で付き合い、それ以外の人とはあまり交際しようとはしません。

成功者はマインドやモチベーションといったものが伝染することを理解し、自分より成功している人と接することで刺激を受けようとしているからです。人間は付き合っている人と似てくるので、成功者は成功者に引き寄せられます。

「成功したければ環境を変えろ」と言われますが、最大の環境要因は「人間関係」です。

貧乏な人はだれとでも付き合い、付き合う人を選ぼうとしません。同じような境遇の人や同じように貧乏な人たちと過ごします。自分よりもステージが上の人と付き合って、その人から色々学び「自分もお金持ちになるんだ」というモチベーションはありません。

一方で金持ちは付き合う人を慎重に厳選し、一緒にいることが学びになったり、一緒にいて刺激が得られるような人としか付き合いません。

「それじゃあ貧乏人は金持ちと付き合えないじゃん。どうればいいんだよ。」と思うかもしれませんが解決策は簡単です。

それは自分のステージを上げるように努力することです。

自分のステージさえ上がればどんどんステージの高い人間と付き合うことができるようになります。そうすることで書籍などには書かれていない「ここだけの話」が聞けたり実践的な情報が得られるので、自分のステージが上がれば一気にレベルの高い学習環境に入ることがあります。

今までの1人で頑張っていた時代は「足し算」のイメージです。しかし自分のステージが上がるとレベルの高い人と付き合えるので「掛け算」で成長できるようになります。

さらに必要なのは自分のステージを上げる努力をしつつ、自分よりもステージの高い人間のために「何ができるのか」を考えることです。例えば、その人を笑わせてあげることでも良いですし、その人の下で学びたいなら「無償で仕事を手伝わせてください」と言うのも良いでしょう。

お金持ちというのは非常に合理的ですから、あなたがそのお金持ちと付き合う何らかのメリットを提示できない限り、付き合うことは難しいのです。

お金持ちは本当に時間を大切にしており、一分一秒を惜しんで成長しようと努力しています。

そんな貴重な時間をあなたに咲いてくれるだけの「メリット」を提示しない限り、あなたはお金持ちと付き合うことができません。

お金に対するマイナスの信念を持っている

皆様はお金に対してどういったイメージを持っているでしょうか?

お金を稼ぐことを悪いことと感じていたり、お金持ちは嫌な奴であるイメージを持っていないでしょうか?

お金に対するマイナスイメージこそが貧乏人になってしまう特徴なのです。

大人になっても貧乏な人というのは、子供の頃にお金に関するマイナスの信念を叩き込まれて洗脳されているため、経済的に苦しい一生を送ることになる可能性が高いのです。

子供も大人もお金に関するネガティブなメッセージを何度も聞かされ、それがマイナスの信念となって自分の行動を制限してしまいます。

「お金を稼ぐには額に汗を流して働かなければならない。」「お金を稼ぐのは本当に大変なことだ。」「お金を使うのは悪いことだから、常に節約しなければならない。」このように周囲の人は善意でアドバイスをしているのですが、そのせいで生涯にわたってお金で苦労する羽目になります。刷り込まれたお金に対するマイナスの信念が、あなたの行動を制限してしまうのです。

思い出してほしいのですが、「お金を稼ぐには必死に働かなければならない」と子供のあなたにアドバイスした人はお金持ちだったでしょうか?おそらくそうではないと思います。

周囲にお金持ちがいなかった人は、貧乏人にお金に対するイメージを教え込まれたのです。

貧乏人に植えつけられたイメージをあなたが持ち続けることで、あなたも貧乏人になってしまうのです。お金に対してマイナスの信念を持っている人が、プラスの信念を教えることはできません。

あくせく働いている人は「ゆとりのある生活を送る方法」を人に教えることはできません。

貧乏人は金持ちになる方法を教えることができないのです。

一方で金持ちはお金について論理的に考え明晰に物事を捉えます。お金が自由と機会をもたらす「道具」であることを知っています。

お金は幸せとは関係がないが、人生というゲームの中で最も重要な「道具」の1つであると理解しています。お金に対するマイナスの信念がないので、潜在能力を存分に発揮して大金を稼ぐことができます。

お金について考えるときはネガティブな感情を交えず、論理的に考えることができるのです。

よって私達がするべきことは「お金に対するマイナスの信念」を今すぐ捨てて、お金の戦略を練るときは感情ではなく論理を駆使し、ポジティブな感情でモチベーションを高めてお金を稼ぐ方法を実行していくことです。

学歴や資格が資産形成につながると思っている

ここでのポイントは「資産形成」です。お金持ちも学校教育というのは重要だと考えておりますが、資産形成につながるとはあまり考えていません。

実際金持ちの多くは高学歴ではなく、学校の外で実用的な知識を身に付けてそれを活用することで財産を築いています。

学校教育は社会で生きていくための基本的な知恵を教えるものですがそれは時間とお金を交換する方法であり、資産形成に役立つことは滅多にありません。

資産形成に必要なのは教科書で学ぶ知識ではなく、社会に出てから自分が体験した実践的な知識や創造的思考です。

学歴や資格というのは机の上で勉強したことに過ぎず、はっきり言って学校で習ったことなんて社会で何の役に立つんだと思う人も多いでしょう。その予想はおそらく当たっていて、学校で習ったことが社会で役に立つことは少なく、特に資産形成においては役に立ちません。

それにも関わらず貧乏人は、修士号や博士号を取得することが資産形成の方法だと思い込んでいます。

そして貧乏人はその学歴や資格を使って身を粉にして働けば、お金を稼げると考えています。

労働と努力が経済的成功に結びつくと信じていますが「それこそが金持ちになれない原因だ」とアメリカのコンサルティング会社代表スティーブ・シーボルド氏は主張しています。

自力で財産を築いた人は、資産形成が知性や学歴とはあまり関係なく「集中力と忍耐力の賜物」であると知っているのです。

貧乏人になる男がテレビの娯楽番組やビデオゲーム、ネットサーフィンに興じている間に、金持ちになる男はひたむきに努力をして財産を築くことに集中しています。

学校で習ったことでは資産形成に役立ちません。実際学校のカリキュラムの大半は社会に出て成功するための知恵を扱ってはいないし、教師の大半はそもそも財産を築く方法を知らないのです。

資産を築く方法を知らない人から教わっても、金持ちになれるわけがありません。

確かに金持ちたちは学校教育の重要性を理解していますが、学校で習ったことが資産形成に役立ったと主張する人はいません。

金持ちになる条件は知性や学歴ではなく、明確な目標を設定しそれを達成するために全力を尽くすことです。

どんなに手間取っても諦めず、どんなにつらくてもやり抜く不屈の精神を持つ必要があります。

極めて単純な話ですが、これを実行するのは簡単なことではありません。

最大の問題は多くの人が「自分は金持ちになれない」と思い込んでいるために、大きな目標に挑戦しようとしないことです。

終わりに

紹介した貧乏人の特徴に自分が当てはまっていたら要注意です。

今日から生き方を変えることをオススメします。今日からマインドを変え、行動を変えるのです。

これからは付き合う人を選び、自分のステージが上がるように努力してください。

どうしたらお金持ちに対して貢献ができて、お金持ちと付き合うことができるのかを考えてください。

そしてお金に対するマイナスの信念を捨ててください。そのマイナスの信念こそがあなたを縛り付け、お金持ちへの道への障壁となっています。

そして学歴や資格が資産形成につながるという「間違った思い込み」も捨ててください。

「学校での学び」と「社会での学び」は全く別物です。

テストで良い成績が取れたことと、社会で成功して資産形成できるというのは「別の話」です。

この記事を見ることで、皆様に何かしらの「気付き」が得られれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました