人生の抜け道発見!橘玲「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を要約してみた

スポンサーリンク

いきなりですが大切なことを4つ申し上げます。

  1. お金持ちになりたければ、とにかく経済合理的に生きなければならない。
  2. 私達はできるだけ経済合理的に判断しなければならない。なぜならビジネスも資産運用も短期的には偶然に左右されるとしても、長期的には経済合理的な選択が最も有利になるようにできているからである。
  3. 経済的な独立を達成して真の自由を手に入れるためには、いつかはリスクを取らなければいけない。
  4. 人生は有限であり、私たちにとって最も貴重なのはお金ではなく時間である。それを考えれば、経済的独立によって得られる自由の価値は何物にも代えられない。

いきなりこんなことを言われても何のことやら分からないかもしれませんが、この4つが私たちの人生にとって重要であることは間違いありません。

今回のテーマは「お金と人生設計」です。将来お金に困らないようにするためには、経済的な視点から見て私たちが生きているのはどういう社会なのかを理解しなければなりません。

そのための超実践的な知識が盛り込まれた1冊を今回は紹介いたしましょう。今回は橘玲さんの「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を要約していきます。

この本は30万部を超える大ベストセラーで、あらゆる成功者が「成功のバイブル」とあげている素晴らしい本です。

人生の方向性を変えてしまう威力のある本なので、この記事を見て気になった方は是非一度、本書を手に取って読んでみて下さい。人生がひっくり返るほどの衝撃を受けるかもしれません。

スポンサーリンク

人生を最適設計する働き方

まず人生設計の話からスタートしていきましょう。人生設計において資産を育てていくことが重要であることは、誰もが知っています。若い時に働いて、老後にまとまった資産がなければ私たちは退職した後に暮らしていけないからです。

それでも「2000万円の現金を持っているよ」とか「都内に1戸建てのアパートを持っているよ」という人は稀だと思います。「俺には何の資産もないぜ」と思っている人もいるでしょう。

しかし私たちは誰もが「最大の資産」を持っています。それは「働いてお金を稼ぐ力」です。

経済学の用語でこの働いてお金を稼ぐ力のことを「人的資本」と呼びます。私たちは誰もがこの「人的資本」という最大の資本を持っているのです。

何故この人的資本が最大の資産であるのかピンとこない人のために、その理由を説明しましょう。

仮に1年間働いて500万円の収入を得るとします。資産運用の利回りが1%とすると、資産運用でこの500万円の利益を得るには「5億円の元本」が必要になるのです。あなたの働く力を一種の株式と考えれば、その価値は5億円になります。

あなたが1年間働いて500万円の収入を得ているのは、見方を変えると労働市場にあなたの人的資本を投資して、500万円の富を得ていることです。もしこの500万円を、お金を運用することによって得ようとすると、先ほど申し上げたとおり金利が1%なら5億円、2%で運用できても2.5億円も必要になるのです。

私たちは5億円なんてとても持っていませんよね?仮に死ぬほど努力して幸運に恵まれて5億円を手にしたとしても、金利が1%なら500万円にしかならないのです。5億円あっても500万円しか生んでくれないなら、「なんだか少ないなぁ」と思いませんか?

それに対してあなたが働いて年に500万円稼いでいるのならば、あなたは5億円の人的資本を1%で運用して500万円を得ていると考えることができます。

5億円の貯金を運用して500万円を得られる人なんてほんの一部ですが、働いて500万円の収入を得ることは、そこまで難しくはないでしょう。それは私たちが大きな「人的資本」を持っているからです。この大きな人的資本からすれば、あなたが今持っている数百万円の金融資産なんて問題になりません。

よくお金が少ないうちは「投資をするよりも、自己投資をして自分の能力を上げなさい」と言われるのは、少ないお金を投資して少額の利益を得るよりも、自分の人的資本に投資してそれを5億円10億円20億円の人的資本に育てることのほうが効率が良いからなのです。

そもそも若いうちは貯金なんてほとんど持っていないでしょうから、貯金のない私たちがお金持ちになる最も確実な方法はこの「人的資本」を運用すること、すなわち働くことです。

そして更に良いことは「人的手法を活用することにマイナスがない」ことです。働けば必ず収入を得られるのだから、これは損をしない投資のようなものです。

一方お金を投資することにはリスクが伴い、時にはそれを失ってしまう可能性だってあるのです。人的資本を運用する、すなわち働くことは「リスクのない投資」と考えることもできるのです。貯金がないうちは、人的資本からどのように収益を増やしていくかに集中するべきです。

そして人的資本から収入を増やすには、原理的に次の2つの方法しかありません。

  1. 人的資本への投資によって、人的資本を大きくする。
  2. 人的資本の運用期間をできるだけ長くする。

1つ目の方法に関しては自己啓発本などに書かれている方法で、例えば資格を取得したりコミュニケーション能力のスキルをあげたり、南極のペンギンに氷を売る営業力を身に着ければ、年収を大きく増やすことができるでしょう。

よく「副業をして収入をあげましょう」とか「自分だけしかないスキルを身につけて、自分の市場価値をあげましょう」と言われますが、それを言い換えるのならば「自分の人的資本に投資して、人的資本を大きくしよう」ということです。

今あなたが年収を上げる努力をしているのならば、それは自分の人的資本への投資をしていると言えます。これが先ほど申し上げた「自分の人的資本を5億円10億円20億円に増やしていく方法」になります。

この方法はとても達成感がありますから、人気のある方法です。書店に行けば年収を上げる方法やスキルを高める方法を語った本が、大量にあることに気づくでしょう。それだけ人気がありニーズがあります。

そしてこの方法よりも更に確実な方法が、2つ目の方法である「人的資本の運用期間をできるだけ長くする」方法です。

当たり前ですが、長く働けば働くほど労働市場から得られるリターンは大きくなります。

老後問題は老後が長すぎることが問題なのですから、80歳まで働ける仕事を持てばもう問題そのものが消失し、年金制度の破綻を気にしすぎることもなくなるでしょう。

そう考えれば一番大切なのは、楽しく長く働ける仕事を見つけることなのです。

長く働くために定年を60歳から70歳や75歳にしていく方法は、あらゆる本で書かれていることです。

我が国の年金制度は極めて厳しい状況にあり、将来年金がもらえるかどうか不確定です。ですから長く働くことによって老後を短くしてお金の不安をなくそうと、あらゆる本が主張している訳です。

実際に北米やオランダ、ベルギーなどでは、生涯現役が新しい常識となっております。日本でも本格的な超高齢社会を迎えることが避けられない以上、定年後も労働市場や市民社会へと参加することが求められる時代になることは間違いありません。その時に不本意な仕事しか選択肢がないなら、生きることそのものが苦痛になってしまいます。

不幸とは「強い心理的ストレスにさらされた状態」のことです。人間が社会的な存在である以上、ほとんどのストレスは人間関係から生じます。

これはアドラー心理学を解説した大ベストセラー「嫌われる勇気」でも言われていることです。家族や恋人との関係も難しいですが、サラリーマンの人生は会社に拘束されますから、上司や部下、同僚など会社内の人間関係が苦しさの原因になることが大半でしょう。

このようにして日本人は働くことは苦役であり、なんとか勤め上げれば定年後に悠々自適の極楽が待っているという「極めて特殊な人生観」を持つようになりました。

しかしこれは大学生卒業から定年までの会社員人生が40年と区切られていたからこそ通用する人生設計です。これが80歳まで働く世の中になれば、なんと60年間も辛い時間を過ごすことになります。ほとんどの人はこんな人生に耐えることはできないでしょう。

そう考えれば超高齢化社会の人生設計は、自分の好きな仕事をすることしかありません。

何を当たり前のことを言っているんだと思われるかもしれませんが、これ以外に60年という長い職業人生を乗り切る戦略はありません。楽しく長く働ける世の中にしようと綺麗事を言っているのではなく、私たちは好きを仕事にする以外に生き延びる方法がない残酷な世界に連れ去られてしまったのです。

少なくともを「やっていて苦痛ではないレベルの仕事」をする必要があります。しかし会社に拘束されてしまうと、自分の好きな仕事をするのは現実問題難しいでしょう。そこで自営業やフリーランスになることをおすすめします。

自営業となって痛感することは、好きなことしかやらないと決めれば人生における面倒な問題の大半は消失することです。

その理由は、世の中には5%程度の割合で、正常な人間関係を結ぶのが極めて難しい人がいます。仕事上のほとんどのトラブルは、この「厄介な人」がもたらすのですから、苦しさから抜け出すにはそういう人と付き合わない選択肢をこちらが持てばいいだけなのです。

職場には「モンスター」と呼ぶべき頭のおかしなやつが一人はいますよね。しかし一緒に働いている以上、このモンスターとも付き合う必要があり、ほとんどの人間関係のトラブルはこのモンスターがもたらすのだから、このモンスターとを関わらなくてもいい選択肢を私たちが持つことができれば、人間関係の苦しさから抜け出すことができます。

すなわち自営業者やフリーランスになって組織から自由になれば、理不尽な人間関係の中で消耗することもなくなるでしょう。その上、通勤やムダな会議がなくなれば、自由な時間が劇的に増えます。

人生は有限であり、私たちにとって最も重要なものは「お金」ではなく「時間」です。

そう考えれば経済的独立によって得られる自由の価値は、何物にも代えられません。経済的に独立してしまえば、もっと具体的に言うと金融資産で1億円貯めることができれば、私たちは会社に行かなくてもいいので使える時間が圧倒的に増えます。使える時間が圧倒的に増えることは、人生が長くなったのと同じことです。

また会社に行かなくてもいいので、理不尽な上司や言うことを聞かない頭の悪い部下といった面倒くさい人間関係を切り捨てることができます。経済的独立を達成すれば自由が手に入り、大抵の問題は消失します。

まとめ

人生設計において大切なのは資産である。

私たちは何も資産を持っていないと思っているが、実は2億や3億、人によっては5億10億の「人的資本」という最大の資産を持っている。

だから金持ちになりたければ、この「人的資本」をうまく活用する必要があるのだ。

人的資本から収入を増やすには、原理的に次の2つの方法しかない。

【方法1】人的資本への投資によって、人的資本を大きくする。具体的には資格を取ったりスキルを磨いたりして、年収を上げる。

【方法2】人的資本の運用期間をできるだけ長くする。具体的には80歳まで働くために好きなことを仕事にし、好きなことを仕事にするために自営業やフリーランスになろう。

好きなことしかやらないと決めれば、人生における面倒な問題の大半は消失する。

最速で資産を形成する方法

最も早く金持ちになる方法をお伝えいたしましょう。

それは自営業者あるいは中小企業の経営者になって、所得に対して税金を払わないことです。

なぜならサラリーマンの税金はめちゃくちゃ高いからです。

サラリーマンの場合、仮に1000万円の収入があっても税金と社会保険料を引かれた手取りは700万円程度しか残りません。1000万円稼いで700万円しか残らないのです。

それに対して自営業者の場合、同じ1000万円の収入があれば国民年金と健康保険の支払いをしたとしても、合法的にほぼ全額を可処分所得にすることも可能なのです。

仮に生活費を400万円とするならば、サラリーマンの貯蓄額は300万円、自営業者は600万円となります。毎年300万円を投資に回し年3%で運用したとしても、1億円の資産を作るのに25年もかかってしまいます。いくら高収入のサラリーマンでも子供の教育費などを考えれば、毎年コンスタントに300万円も積み立てられる人は限られてくるでしょう。

それに対して同じ条件で年600万円を投資に回せば、14年目で資産は1億円を超えるのです。税金を払わないことによって、何の努力も追加で必要とせずに経済的独立までにかかる時間を10年以上も短縮することができます。

このように税金を払わない効果には圧倒的なものがあります。だからこそ頭の良い人はさっさとサラリーマンを辞めて自営業者になるか、自分でビジネスを始めるのです。うまく事業が軌道に乗ってキャッシュが回り始めれば、税コストのかからない彼らは急速に金持ちになっていきます。

知っておかなければならないのは、サラリーマンは国家から搾取されていることです。

サラリーマンの税負担は非常に重く、社会保険料を含めると約3割を国に納めていることになります。こんなに大量に税金を払っていては、お金持ちになれるはずがありません。

だからこそ税金を払わず最速で資産を形成するためには、自営業やフリーランスになるべきです。そしてその上で「マイクロ法人」を作ります。マイクロ法人とはフリーランスや自営業の人たちが法人化したもので、「1人ミニ会社」のイメージです。

世間ではフリーランスや自営業の人が儲かってくると「そろそろ税負担が大きくなってきたから、法人化するわ」と使われております。マイクロ法人を設立すると合法的に税金を払わなくて済むのです。

今の国の税制度というのは大きく歪んでいて、サラリーマンに厳しく法人に対しては甘い状態です。法人になると税金的にメリットがあるので、儲かり始めたら税金を逃れるために法人化するのは金持ちの間では常識となっています。

ここでは「マイクロ法人を作ると税金が安くんあるんだ」と覚えておいてください。そしてマイクロ法人の具体的な設立の仕方は、法務局に電話すればタダで教えてくれます。そして法人に登録した後、税金関係の書類も提出しなければいけませんが、これも税務局に聞けばタダで親切にお教えてくれます。

つまり今あなたが自営業とかフリーランスで儲かっていて税金を節約したければ「マイクロ法人」を立てれば良い。そしてマイクロ法人の立て方は、法務局と税務署に聞けばタダで教えてくれる。このことをぜひ覚えておいて下さい。

そして今サラリーマンのあなたは、残念ですが税金に対してなすすべがありません。雇われて給料をもらっている人は問答無用で給料から税金が天引きされてしまうので、節税する余地がないのです。使えるのは「ふるさと納税」ぐらいでしょう。

約3割、人によっては半分近く持っていかれる税金を払っているようでは、絶対にお金持ちにはなれません。だから今サラリーマンのあなたは、副業や独立をして個人事業主やフリーランスになり、マイクロ法人を設立して税コストを抑えるしかないのです。

まとめ

最速で確実に金持ちになる方法は、自営業者あるいは中小企業の経営者になって、所得に対して税金を払わないことである。

サラリーマンの税負担は重すぎるので、税金を払っていては金持ちにはなれない。

自営業者やフリーランスになってマイクロ法人を設立すると、税金がめっちゃ安くなる。設立の方法は、法務局と税務署に聞けばタダで丁寧に教えてくれるから簡単である。

終わりに

第1章で「人生を最適設計する働き方」について、第2章で「最速で資産を形成する方法」を解説してきました。

大事なことは「法人」というもう一つの人格をゲットすることです。個人と法人、この2つの人格を巧みに使い分けることによって、税金が安くなったり低金利で融資が受けれたり家族を雇用できたりと様々なメリットがあります。

細かいメリットは実際やってみないと分からないかもしれませんが、ある程度お金を稼いでいる人がみんな法人を立てている事実は、法人を立てるといかにメリットが大きいかを物語っております。

今あなたが自営業者やフリーランスで儲かっているのならば、マイクロ法人を建てるという新しい発想を検討してみてください。

もしサラリーマンならば問答無用で税金が引かれてしまうので、副業を軌道に乗せて自営業者になったり、独立してフリーランスになってマイクロ法人を立てることを人生設計の選択肢の一つとして検討してみて欲しいと思います。

法人を立てることによって様々なメリットが得られるということを橘玲さんは「黄金の羽根を拾う」と表現しております。

黄金の羽なんて簡単に落ちているはずはないのですが、このマイクロ法人を立てて様々なメリットを得ることは歪んだ国の税制度で固定化されたものですから、黄金の羽根は法律が変わらない限りずっと使うことができます。

最後にこれだけ言わせてください。お金持ちになりたければ徹頭徹尾「経済合理的」に生きなければなりません。経済合理的に生きる最も強力な方法が、「マイクロ法人」を立てる方法です。

たっぷりと時間をとって、自分のこれからの人生設計に思いを馳せてみて欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました