自衛官が持つべきモバイルWi-Fiがついに判明!【2021最新版】

自衛官の皆さんこんにちは!

今回は、自衛官に最適なモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)について解説します。

私は元自衛官で、営内生活を経験しております。

先輩や後輩と同じ部屋での生活は楽しいときもありましたが、私の場合、営内点検や清掃など面倒に思うことのほうが多かったですね(笑)

営内で生活するにあたり、インターネット通信環境は絶対に必要ですよね。

スマホで動画を見たり、ゲームをしたりしていると、あっという間にスマホのデータ上限を超えてしまいます。

かといってスマホのプランをデータ容量の大きいものに変更すると、高くなっちゃいますしね…。

そこで登場するのが『モバイルWi-Fi』です。

これがあればスマホからゲームまで、データ量を気にすることなく使用できます。

でもモバイルWi-Fiって、色々な会社から出しているので種類が多く、どれを選べばいいのか分かりにくいんですよね…。

そこで元自衛官の私が、自衛官に最適なモバイルWi-Fiルーターをご紹介します!

現職自衛官の弟も愛用していますので、本当にオススメです!

早速結論からいうと、私がオススメするのはエックスモバイルの『限界突破Wi-Fi』です。

オススメする理由が3つありますので、解説していきます。

クラウドWi-Fiだからどこでも使える!

『限界突破Wi-Fi』はクラウドWi-Fiという最新の通信方式なので、ドコモ・AU・ソフトバンクの大手3大キャリアの中から、最適な回線の電波を常に探してキャッチします。

そのため圏外になりにくく、どこでも快適にインターネットが使えます。

つまり僻地へきちにある駐屯地や基地でも使えますし、ど田舎にある演習場でも携帯の電波が入る場所ならどこでも使えるんです!

自衛官が一番買ってはいけないのは、コンセントに指すタイプの据置型Wi-Fiルーターです。

ポケットに入らず持ち運びに不便ですし、特にソフトバンクは田舎では電波が弱いですね。

演習といっても、暇な時間も多いじゃないですか。

廠舎しょうしゃや天幕でもWi-Fiが使えたら、嫌な演習も乗り越えられますね!

あとオススメしないのは『WiMAX』です。

都会では通信速度が早いのですが、田舎では使えないエリアが多いんですよ…。

自衛官の方には、キャンプやツーリングを趣味にする人も多いですよね。

この限界突破Wi-Fiは、キャンパーやバイカーにもオススメです!

山奥のキャンプ場で電波が繋がらないこともなく、何よりも持ち運べるので移動中の車内でも動画が見放題です!

シェアしてお得に利用しよう!

『限界突破Wi-Fi』は通信容量無制限で、最大8人まで同時接続できます。

つまり、営内者の場合、同じ部屋の人とシェアすることができるんです!

営内班が3人部屋だとしたら、限界突破Wi-Fiは月3,850円なので、3人で割ると1人あたり約1,280円です。

8人部屋だったらもっと安くなりますね(笑)

ちなみに営外者の場合は家族でシェアできるので、固定の光回線の代わりに使えます!

光回線のほうが通信速度は早いのですが、パソコンでゲームをするようなヘビーユーザーでもない限り、モバイルWi-Fiでも不自由なく使えます!

そして自分と奥さんと子供たちとシェアしてスマホプラン見直し、データ容量を抑えたプランにすれば、固定費を大幅に削減できます。

家計を見直したいときに、真っ先に減らすべきは、毎月決まった金額を支払う『固定費』です

なぜなら一回見直すだけで、その後は何もしなくても節約効果がずっと続くからですね♪

ぜひ日本のみならず、家計も防衛しましょう!

ルーター端末が多機能!

『限界突破Wi-Fi』では、写真のWi-Fiルーター本体が『無料』でもらえるので、初期費用が掛かりません。

さらに驚くべきはこのWi-Fiルーターなんです…。

グーグルマップが使える!

なんとグーグルマップが使えるんです!

私はグーグルマップをカーナビとして使っているんですが、スマホの電池がないときなどは困ってしまいます。

このWi-Fiルーターなら大容量バッテリー搭載なので電池持ちがいいので、カーナビとして使えますし、何より車内でインターネットが使い放題になります。

自衛官の弟は、災害派遣で知らない土地で活動する際に、カーナビとして大活躍だと言っていました。

グーグル翻訳搭載!

さらにこのWi-Fiルーターは、グーグル翻訳も搭載しています。

翻訳アプリがあれば、日米共同演習などで外国の軍隊と訓練するときに、外国語が話せなくても怖くありません。

ちなみにグーグル翻訳は、2021年現在で108カ国語に対応しています。

しかも限界突破Wi-Fiは海外107カ国で使えるので、国際貢献や海外の転地訓練でもWi-Fiをレンタルすることなく、そのまま持っていけますね(^^)

もはやモバイルWi-Fiルーターの粋を超えて、スマホみたいです!

よくあるのが解約するときにルーターの返却を求められることですが、限界突破Wi-Fiはルーターを返却する必要はありません。

こんなに高性能なルーターが貰えちゃっていいんですか!?

まとめ

ここまで自衛官に『限界突破Wi-Fi』が最適な理由を解説してきました。

エックスモバイルでは格安SIMも取り扱っているので、合わせて使うことで固定費を節約できます。

具体的には、限界突破Wi-Fiを3人でシェアして月1,280円、エックスモバイル格安SIMの1GBプラン(かけ放題5分付き)が約1,400円なので、合計約2,680円です。

この価格でインターネット使い放題は、お得ですよね!

エックスモバイルの格安SIMはドコモ回線を使用するので、今ドコモを使用している人が格安SIMに変えたら、電波状況が変わらず料金だけが安くなります!

浮いた固定費は、防衛省共済組合の定期積立貯金にまわして、将来に備えましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

↓限界突破Wi-Fiの申し込みはこちら↓

↓格安SIMの申し込みはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました