ひろゆきが明かす、残酷すぎる世界の真実!ひろゆき「叩かれるから今まで黙っておいた、世の中の真実」を要約してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回はひろゆきさんの「叩かれるから今まで黙っておいた、世の中の真実」を要約していきます。

本書ではひろゆきさんが世の中をありのままに見て感じた「不都合な真実」が書かれています。

世の中には様々な問題があり、日々テレビでは学問的な論争が行われ、対立する人々の間では見苦し罵り合いが行われています。

しかし議論をしたり問題の解決策を正しく考えたりする際には「正しい知識」が不可欠です。

正しい知識なしにいくら考えたって意味がないんです。

本書を読むことで「不都合な真実」を知ることができ、そこから「正しい知識」を得ることができます。

ペタンク界のイチローを目指すな!

ひろゆきさんは「ペタンク界のイチロー」というとても分かりやすい例えを使って、私たちの大多数が成功できない理由を解説してくれています。

成功したいと願う人は「ペタンク界のイチロー」を目指すべきでないことを覚えておかなければなりません。

フランスでは「ペタンク」というスポーツが老若男女に愛されております。

ペタンクは目標の玉に向かって鉄のボールを投げる球技で、ルールはカーリングに似ています。

1910年にフランス南部の港町で生まれ、今ではフランス全土に500万人の愛好者がいると言われます。

しかしペタンク日本では浸透していないので、やったことがあるという人は少ないのではないでしょうか。いくら日本人がペタンクの面白さに目覚めその技量を上げたとしても、ペタンクだけで生きていくことはできません。もし日本のペタンク界にイチローのような才能を持った選手が現れても、競技自体の知名度が低く、収益化もできていないので成功は難しいでしょう。

一方で野球やサッカーならば話は別です。日本社会にそれらに関する ビジネス構造が存在しているので、お金も名誉も手に入れられます。

同じように何かを極める努力をしたときに、その成果物を受け入れる構造が社会にあるかどうかによって手にできる報酬は全く異なります。受け入れてもらえれば成功者になれますが、しそうした土壌がなければよく分からないことをやり続けた「狂気の人」で終わってしまうのです。

僕らが生涯に手にできる報酬は「能力」よりも「何をどこで始めたか」で決まるといっていいでしょう。

日本ならペタンクよりはハンドボールがいいけれど、ハンドボールよりも野球のほうが成功の確率も成功の度合いもずっと高くなります。

今の世の中は「一握りの成功者」と「その他大多数」で構成されています。一握りの成功者だけが特別に優秀なのかというと、そんなことはありません。

能力だけで考えたら「その他大多数」にも優れた人が沢山いるのです。でも彼らは成功できません。なぜなら優れた能力を生かす場所を間違え「ペタンク界のイチロー」になる努力をしているからです。「能力」はそれを生かす場があってこそ「価値」を作り出すのです。その生かされ度合いが重要なのであって、実は能力の高さ自体は大した問題ではありません。イチロー選手は秀でた能力の持ち主であり努力の天才でもありますが、歴史に残るような偉業を成し遂げられたのは活躍の場を間違えなかった大前提があったためなのです。

ひろゆきさんは次のようにも言っています。「一方で僕のようにたまたまマーケットのあるところにいたからという理由だけで、成功者の一人に数えられてしまうケースもたくさんある。最初は何だかよく分からないことをやっていると思われ、本人も大した目的意識があったわけでもないが、あるときから大きなマーケットが突然誕生し社会が一気にその成果物を受け入れるようになる。すると僕のような人間でも高い下駄を履かせてもらえる。」

ひろゆきさんの場合、IT業界がちょうど右肩上がりだっただけで勝手にマーケットが広がってくれました。もし右肩下がりの出版業界にいたら全く違った状況になっていたはずです。右肩上がりの業界にいただけで成功した人は、「能力があった」と後付の理由を口にするでしょう。でも実際はそんなに立派なものではありません。

例えばユーチューバーのマネジメント事業を行うUUUMの創業者である鎌田一樹氏は、自身の会社がうまくいっている要因について「需給があっていて、風が吹いていただけだ。」と、たまたまマーケットがあったからだと述べています。

そんなことを言える経営者はほとんどいません。

大抵がうまくいったのは「個人の才能」や「努力の結果」だとアピールします。どんな境遇でも頑張れば報われるという「美しい物語」を見せたがっているのでしょう。個人の振る舞いよりも大きな流れに影響を受けたと話す鎌田氏の方が、明らかに正しく誠実だと思います。

世間の人たちは「成功者の作られた物語」を有り難たがります。多くの場合において成功者は「ただそこにいたから」という面白みもない理由で誕生します。でも本当の成功話を語る人がほとんどいないため、人々は相変わらず才能や努力といったものを称賛しています。

逆に一生懸命努力しているのになかなか成果が出せないという人は、活躍の場を間違えている可能性があります。せっかくの努力を無駄にしないためにもどこでっか頑張るかを一度きちんと考えてみるべきです。

私たちが成功できるかどうかは、もっと大きな枠組みによって決まってしまうのです。

成功するには「努力が必要だ」とか「高い能力が必要だ」という話は確かに分かりやすいです。

しかしそういった個人の努力や能力といった「小さな理由」ではなく、世間の流行やマーケットの存在などの「大きな理由」で私たちの成功は決まってしまいます。

ただ一生懸命に頑張るのではなくて、自分の能力はどこならば最大限に発揮できるか、どこに自分の努力を評価してくれるマーケットがあるのかを、しっかりと考えることに努力した方が効率が良いのかもしれません。

例えるならば今の会社で出世を目指して一生懸命に努力するよりも、もっと自分の能力を活かせる会社はないかと転職を考える。

自分がいる業界はこれからどんどん落ちぶれていくのであれば、仕事以外のプライベートな時間でコツコツとスキルを磨いて、流行りのIT業界で独立したりフリーランスになるという選択肢を考えるべきです。

遺伝と知能の真実

次に厳しい真実に目を向けなければいけません。それは「努力をすれば報われる」という残酷さについてです。

お茶の水大学の耳塚教授は、首都圏に住む約1200名の小学6年生とその親について調査を行い、親の経済力と子供の学力の関係を探りました。

そこで1つの真実が浮かび上がりました。

親の収入が多いと子供はよく勉強し、成績も良いという真実です。

さらに子供の教育に対する「親の期待」が高いほど、子供の学力が上がるという真実です。

成績が一番良かったのは、大学院まで進んでほしいと期待する親の子供で、次が大学まで、続いて専門学校・短大までとなっています。

こうした傾向は世界的あり、その中でもアメリカのジョンズホプキンス大学の調査は有名です。

ボルチモア住民約800人を対象に、小学1年生から20代後半になるまでの約30年間を追跡し、その子供たちの生活環境と経済的な成功度合いとの関係を調べました。

その結果、両親が健在で経済的に恵まれた子供は成人しても裕福で、親の離婚などで経済的に苦労した子供はほとんどが貧困層から抜け出すことはできませんでした。

よく学歴は本人の努力次第で手に入れることができ、公平に近い指標だと言われることがありますが、実験結果を見る限り「親の収入」や「周りの環境」がかなり影響を与えるようです。

東京大学名誉教授の上野千鶴子氏は2019年度東京大学学部入学式の祝辞で「あなたたちが今日頑張ったら報われると思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境があなたたちを励まし背中を押して手を持って引き上げ、やり遂げたことを評価して褒めてくれたからこそです。」と述べ大きな話題を呼びました。

上野氏が東大の新入生に向けてこのような発言をしたのは、本人の努力以外にどのような環境で生きてきたかというのが学力などにも影響を与えていることを伝えたかったからでしょう。

お金があれば単純に学費や塾の費用などの「教育費」を沢山かけらる上、子供にいろいろな機会を与えてあげることができます。

学校の勉強以外に色々な分野で知的な刺激を得られることが、子供と学力に大きな影響を与えているわけです。

さらに世間でよく言われている「東大の子は東大」は正しいことが分かっています。

さまざまな調査で平均年収が高い家庭では国立大学に進む割合が高く、東京大学の学生の平均世帯年収は918万円です。これは一般的な家庭に比べて圧倒的に高収入であり、いかに東大生の親が金持ちかが分かります。

お金に余裕のある家庭は自分の子供の教育にふんだんに投資でき、親の気持ちにも余裕があるから子供の将来について色々アドバイスすることができます。

一方でお金がない家庭は日々の暮らしをどうするかで頭がいっぱいで、金銭的にも精神的にもそれどころじゃないというのが現実でしょう。

言い方を変えれば今の東大生の多くは、親の経済力なくしては東大生たりえないということになります。

結局やっぱり家が金持ちじゃないと満足な教育も受けられないし、学ぶための環境も整っていないから学歴は得られないんだなぁと、ちょっと暗い気持ちになってしまいました。しかし本当に残酷なのはここからです。

お金や環境だけではなく「遺伝」という面から見ても「東大の子は東大」になりやすいといえます。

行動遺伝学を専門とする慶應義塾大学の安藤寿康教授は著書「日本人の9割が知らない遺伝の真実」の中で次のような指摘をしています。

  • 子供の学力は遺伝に大きな影響を受ける。
  • 青年期のIQの個人差は、遺伝が54%、共有環境が19%、非共有環境27%によって作られる。

しかも単純に知能レベルが遺伝するだけではなく、性格的な遺伝要素も大きいと言います。

「コツコツと努力ができる親の子供はやはりコツコツと努力ができる」「飽きっぽい親の子供は飽きっぽい」そうしたことが相まって、高い学歴の両親を持つと子供も高学歴になりやすいのです。

かつて某有名私立大学の小学校に子供を通わせていたひろゆきさんの知人は、その入試で行われる面接試験についてこう語っていたそうです。

あくまで子供の面接というのは建前で、実は一緒に来ている親を見ているんだよと。短い面接時間で子供の学習能力を見抜くのは無理だし、そのときに多少学力の差があっても皆同じようにできるようになるだから子供を見ても意味がない。それよりも子供の教育環境を左右するを「家」をみたほうが評価しやすいそうです。

これは幼稚園や小学校の受験では当たり前のことで、子供は親の要素で判断されています。

なかなか厳しい現実です。「お金や環境」と「遺伝」により「東大の子供は東大」に行きやすいです。

私達はこの悲しい現実をどのように受け入れればよいのでしょうか。残念ながら回答はありません。

「この事実を知ったって何の意味もないじゃないか」と思うかもしれませんが、違います。

  • 「努力すれば報われる」という美しい物語が、実は「残酷な嘘」であること。
  • 遺伝と知能には明らかな関連性があること。
  • 両親の経済状態と子供の学習環境には明らかな関連性があること。

これらの正しい知識を知り、私達は考え行動しなければなりません。正しい知識があることは間違った知識を拠り所に右往左往をしている人に比べて、圧倒的に有利な立場に立てるからです。

これからの働き方の真実

これから私達の働き方はどのように変わっていくか考えてみましょう。

これからの働き方で必ず起こる大きな変化は「AI導入による人件費削減」、つまり「AIによって仕事がなくなる問題」です。

例えば富国生命保険はAIを導入して効率化を図り、3割の人員削減に成功しました。もちろんこの成功は3割の従業員の仕事がなくなったことを意味します。これは富国生命に限ったことではなく、多くの企業がAIを導入することで人員削減を図っています。

メガバンクはここ数年で数千〜数万人の人員削減を進めていますが、金融機関としての業務に支障なくそれが可能なのはAIの存在があるからです。

実際三井住友銀行は日本マイクロソフトと共同で対話型AI による自動応答システムを開発し、手続き業務の窓口として活用しています。

この流れはこれからさらに加速していくでしょう。保険業界や金融業界は安定して高い給料が受け取れる理由から、就職を控えた大学生から不動の人気を誇ってきました。有名大学の優秀な学生がこぞって就職したのに、「AIがあるから君たちはもういらないよ」と言われるのです。

AIは就業時間に関係なく人間の何倍も働いてくれる上に、福利厚生の必要もありません。経営者の立場からすると導入するメリットは圧倒的です。

おそらく今になって仕事を奪われつつある優秀なホワイトカラー達は「AIが導入されれば面倒な仕事を代わりに行ってもらえる。私達はその恩恵を受けられるはずだ。」と考えていたことでしょう。しかし実際に苦汁をなめさせられるのは、こういうホワイトカラーです。

年収300万円のブルーカラーも仕事を失うかもしれませんが、年収800万円のホワイトカラーも同様に不要な存在になります。

保険会社の支払い査定業務のような典型的なホワイトカラーの仕事も、人間でなくてもできる時代になりました。

過去にも技術革新によって、多くの人が不要となりました。例えば農耕機の出現もその1つです。

農業機械ができたことで、1つ1つ種を植えて収穫するといった多くの人手が不要となりました。

しかしAIは次元が違います。

これまでは「頭のいい人」や「技術のある人」の仕事はさほど減らずに済みましたが、今後そういう人たちも必要なくなります。

例えば2015年に野村総合研究所が発表した研究データは人々に衝撃を与えました。

そこでは今ある日本国内の601の職業について、2030年にはその49%がAIやロボットに取って代わられると報告されたのです。

ここまでAIによって「損」をする人たちの話をしていきましたが、ここからはAIによって「得」をする人について話します。

AIを活用することで得をする人とは、余計な賃金を支払うことなく経営ができる「経営者」で手にする報酬はより多くなります。それは「株主」も同様です。

そうした一握りの人達はAIのおかげでより豊かになり、大半の人たちはAIのせいで貧しくなるのが現実です。

そしてAIを導入する問題から見えてくるものがあり、それは「最低賃金が上がるとアルバイト側が損をする」ことです。

今アルバイトをしている人は「時給が上がって欲しい」と思いながら働いているでしょう。しかし最低賃金が高くなると、人間を雇わなくても済むように機械の導入が進みます。これは経営者の視点に立つと当たり前のことで、最低賃金が上がることは人件費が上がることを意味するからです。

最低賃金が上がれば今までAIの導入を渋っていた経営者も、AIを導入して人件費を減らそうとするでしょう。今AIが導入されることなく人間がやるアルバイトが残っているのは、AIを導入するより人を雇ったほうがコストが低く、効率がいいためです。

雇用を維持するためAIを導入しないという聖人君子のような経営者がいたとして、同業他社はみんなAIを導入するのでその会社だけ人件費が高くなってしまいます。そうなると当たり前ですがAIを導入している同業他社との価格競争に敗れて、聖人君子のような会社はなくなります。

まとめ

ここまでお読みいただいて、どうでしょうか。なかなか耳が痛い話ばかりだったと思います。

私が特に勉強になったのは「ペタンク界のイチローを目指すな」という考え方です。

よく好きなことを仕事にしようと世間で言われますが、あなたの好きなことが仕事として成立するためには、その好きなことを評価しそれにお金を払うという「社会の構造」が存在する必要があります。

自分の能力が生かせる場所はどこか、自分の能力が評価される場所はどこかを、今一度考えてみて下さい。

また「遺伝と知能の真実」「これからの働き方についての真実」は知識として絶対に知っておかなければならないものです。

特にAIがやってくる未来に備えて、自分の能力をどこでどう生かせばよいのかを含め、これからの世界で生き残っていくための「地図」を私たち1人1人が描いていかかなければならないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました