金持ちになるには株しか無い!橘玲「素人でも株でお金持ちになる方法」を要約してみた

スポンサーリンク

はじめに

皆さん仕事は好きですか?今の仕事ずっとやり続けることに対して、どう考えていますか?

きっと皆さんの心の中には「仕事のこの部分は好きだけど、ここは嫌いだなぁ」などと、やっている仕事の中に「好きな仕事」と「嫌いな仕事」の両方があると思います。

そんな中、経済的独立を達成し嫌な仕事はさっさと辞めてしまおうという「FIRE」と呼ばれるムーブメントが起きていることを皆さんも聞いたことがあるでしょう。

このFIREを目指す若者たちは徹底したミニマリストの暮らしをし、パートナーと共働きで収入の2〜3割、あるいはそれ以上を貯蓄や投資に回して、効率的に富を蓄積しようとしています。

なぜそうまでして経済的独立ををとするのか?それは今の若者が「経済的独立=自由」だとを捉えているからです。

昔は自由を心の問題だと捉える人が多かったですが、今ではお金の問題だと考える人が多いのです。生活費を得ている組織の上司から意に沿わない仕事を命じられたとき、それを拒否できるかどうかは「あなたがその組織をクビになっても生きていけるかどうか」にかかっています。

あなたに人生を生き抜くための経済的な土台があるのであれば、やりたくない仕事に「NO!」と言えるのです。つまり人生を自由に生きるためには、やりたくないことに対して「やらない!」とはっきり言い切るためには、経済的な土台が必要なのです。

その経済的な土台を作るために必要な知識が、金融市場や株式の「投資の知識」です。なぜならただ漫然と仕事をし貯金をするだけでは、生涯安定して暮らすだけのお金を得るために「途方もない時間」がかかってしまうからです。

本日は「人生100年時代」に好きな仕事をずっと続け、自分らしく生きる理想のライフスタイルを叶えるための株の教科書である橘玲さんの「素人でも株でお金持ちになれる方法を教えてください」を紹介したいと思います。

漫画形式の説明の本でとても読みやすく分かりやすい本なので、ぜひ本記事で興味を持たれた方はお手にとって読んでみてください。

スポンサーリンク

第1章 人的資本を忘れるな!

最初に説明したいのが、「人的資本」と「金融資本」の話です。

「金融資本」は単純な「お金」のことであり、「人的資本」は働いてお金を稼ぐ力つまり「労働力」のことです。人がお金を得るためには金融市場に金融資本を投資するか、労働市場に人的資本を投資するかの2つの方法しかありません。

私たちが生きている市場経済の社会では、すべての人が金融資本と人的資本を市場に投資して生活を成り立たせています。投資というと金融資本にばかり目が奪われがちですが、労働市場に人的資本を投資することも立派な投資なのです。

だからこそお金を貯めるために、食費を削って仕事をするのは間違っています。自分の体に適切に栄養を補給し、高いパフォーマンスを保って仕事ができるようにする。そして人的資本で稼いだお金を人的資本に再投資することによって、複利の力を得ることができるのです。

食事の話だと直接的な影響が分かりにくいので、パソコンを例に取りましょう。最新機種のパソコンに買い換えることによって、これまで10時間かかっていた仕事がたったの9時間で終わるようになるかもしれません。

これによってあなたの人的資本は約10%向上したことになります。あなたの年収が仮に500万円だとすると人的資本が10%上昇したことにより50万円収入が上がったのと同等に見ることができます。

若いうちは金融資本が少なく人的資本が大きい場合が多いので、人的資本に再投資を繰り返すことによって効率的に収入を上げていくことができ、結果として金融資本を多く持つことができるようになります。

金融資本ばかりにとらわれて、人的資本への投資をおろそかにしないように注意してください。人的資本を大きくするための方法は、先ほど説明した食事など健康面への投資や、仕事を効率化してくれる高性能パソコンのような機材への投資の他に、「人材価値」を高める方法があります。

そのためには1つの会社の枠組みにとらわれず、人材市場での評価を高める努力をすることが大切になってきます。どんな大企業であれ、今や会社に自分の将来のすべてを委ねてしまうことは「リスク」となります。どんな大企業であっても、将来はどうなるか分からないのです。

勤めている会社の将来は、一社員でしかない私たちにコントロールできるものではありません。だからこそ会社内だけで通用するスキルを磨くのではなく、一般的に通用するスキルを磨く必要があるのです。

スキルといっても人材市場で評価されるのは、以下の3つです。

  1. 仕事ができる能力
  2. 能力を仕事に活かした実績
  3. 今後に能力を使うことができる時間

わかりやすく言うなら、今転職したとして「同業他社がどんな待遇であなたを雇ってくれるのか」これが人材市場での評価と言えます。

金融市場に参入する前に、人的資本にも投資を行っていきましょう。

第1章まとめ

  • 人がお金を得るためには、金融市場に金融資本を投資するか、労働市場に人的資本を投資するかの2つの方法しかない。
  • 若いうちは「人的資本」に投資をし続けることが大切である。
  • これからの時代は会社内だけで通用するスキルを磨くのではなく、一般的に通用するスキルを磨く必要がある。

第2章 買ってはいけない金融商品

具体的な投資の内容に入っていきたいと思います。まず大前提として皆さんに知っておいて欲しいことは「誰も未来を知ることができない」ということです。

儲かる株の予想は競馬の予想と同じで、素人が適当に買っても儲かることはあるし、プロが運用するファンドでも時には大損します。

このことは猿にダーツを投げさせて投資する銘柄を決める実験で証明されています。サルにダーツを投げさせて買う銘柄を決めた金融商品の組み合わせは、投資のプロが必死になって運用するアクティブファンドの平均的なパフォーマンスを一貫して上回ることが知られています。

これはアクティブファンドのパフォーマンスの平均が結局のところ市場平均と同じなので、ファンドに支払う手数料の分だけ、猿が選んだ組み合わせに負けてしまうのです。アクティブファンドのパフォーマンスの平均が市場平均と同じということは、結局どの株を買えば儲かるのかは「誰にも分からない」ということです。

投資のプロが運用するアクティブファンドであっても、その平均を取ると結局のところ市場平均と同じになる、つまりこれさえ買っておけば大丈夫という金融商品は存在しなません。しかし逆に買ってはいけない金融商品はいくつか存在します。

買ってはいけない金融商品とは、「標準的な資産運用理論では合理的と言えない投資戦略」を意味します。まず最初に買ってはいけない金融商品を知ることで、不必要なコストを減らすことができます。大きく儲けたい人も堅実に儲けたい人も、投資をする上で減らしていくべきコストです。

買ってはいけない投資商品その1【株主優待】

株主優待とは企業が配当の一部を個人株主向けの優待券に当てる制度ですが、これ自体は経済学的に全く不合理です。なぜなら1000円相当の居酒屋への割引券を貰うよりも、配当自体を1000円増やしてもらったほうがずっといいからです。

さらに株主優待券は倫理上の問題もあります。それは海外在住の外国人株主はもちろん、ファンドを通じて保有している個人株主もその恩恵を受けることができない問題です。優待を受けることができる人とできない人に分かれてしまうことは株主平等の原則に反するので、海外株主が多い優良企業は原則として株主優待をやっていません。

また個人投資家の囲い込みを目的に、広告宣伝の一環として株主優待をしている企業もあるでしょう。広告宣伝の一環だとしたら株を購入する側は得をするのだから問題ないのではと思うもしれませんが、これはこれで問題なのです。

なぜなら壁主優待をしている個人株主に優しい会社が、パフォーマンスの高い会社である保証はどこにもないからです。結局のところ購入した株の株価が下がってしまえば元も子もないわけで、飲食店や旅行会社の優待券をもらって得をした気になるかもしれませんが、株価が下がれば結果的には損をしています。

だからこそ株を購入する際は株主優待券前提で考えるのではなく、あくまでもパフォーマンスを基準にして購入するべきなのです。目先の株主優待券につられように注意してください。

買ってはいけない投資商品その2【毎月分配型のファンド】

毎月分配型ファンドとは「毎月分配金が支払われるタイプのファンド」であり、年金の足しになるとシニア層に圧倒的な人気を誇っていました。

しかし冷静になって考えてほしいのですが、投資は長期間かけて複利の力を使ってお金を増やしていくことが王道です。複利の力を使うためには、投資で儲けたお金は引き出すことなくまた投資に回す「再投資」という手法を使う必要があります。

しかしこの毎月分配型ファンドでは、毎月投資で儲けたお金を引き出す形式をとっているために「複利の力」を全く生かすことができません。

ファンドは複利で運用してくれる「分配金の自動再投資」で運用することをお勧めします。そして配当金や分配金を少しずつ引き出すのではなく、お金がどうしても必要になったときにだけ一部を解約する形でお金を引き出せばいいのです。

これも先ほどの株主優待券と同じですが「お得なクーポン券がもらえますよ」とか「毎月毎月安定した分配金がもらえますよ」といった目先の利益の誘惑に負けていては、複利での長期投資はできません。この部分をしっかりと押さえてください。

買ってはいけない投資商品その3【資産運用型の生命保険】

資産運用型の生命保険といった「複合型の金融商品」を買っている人は、自分が何の目的でその商品を買っているのかが分かっていない人がほとんどだと思います。そもそも保険というのは不幸の宝くじで、死亡や病気、事故などを不幸な出来事が起きてしまったときに保険金が給付される仕組みです。

つまりこれは「宝くじに当たる」とか「馬券に当たる」といった、良いことが起きたときに賞金が貰えるギャンブルと仕組み自体は全く一緒です。生命保険も競馬や宝くじと同じゼロサムゲームであり、保険期間内に不幸なことが起きないとそれまで支払った保険料は戻ってきません。この「保険」と「資産運用」は全く別の商品ですが、それを合わせて売ることによって保険会社は資産運用を賞品として、生命保険に手数料上乗せして販売しているのです。

別々に買えばもっと手数料を安く抑えることができるのに、一つの商品としてまとめて販売することによって、より複雑な料金体系になり消費者が判断しにくくなってしまうのです。

このように手数料がコストとして上乗せされている商品は、原理的にコストが不要な債券や株式投資を上回るパフォーマンスが出せるはずがないのです。資産運用の鉄則として「最もコストの安い金融商品を選ぶこと」を覚えておいてください。

いまたここで押さえておいて欲しいのは、投資のコストは手数料だけではないことです。

投資のコストとして絶対に外せないものは、国家に納める「税金」です。

iDeCoやNISAいった制度を国民の資産形成のために政府が用意してくれています。資産運用のコストを下げることができる制度は、絶対に利用した方がいいでしょう。勉強不足でこれらの制度を使わないのは、あまりにもったいないです。投資をやる上で必須の知識として、iDeCoやNISAは調べてみてください。

またその他にも避けるべき投資商品は数多く存在しますが、それを避けるための大きな鉄則として「自分が理解できないものには手を出さない」ことを覚えておいてください。

先ほどの資産運用型保険証品もそうですが、金融商品というのは様々な商品を組み合わせることによって「何をやっているのかが消費者に分かりにくい」、表面上の数字だけを魅力的に見せておいて「実際には何をやっているのか分からない」そんな商品が多いです。

その表面だけに騙されて、何を買っているのか分からない状態が一番怖いです。購入する前に自分自身できっちりと調べ、内容を理解してから購入する。それだけで避けるべき投資商品を避けることができるので、まずは知識を蓄えてみてください。

第2章まとめ

投資をする上で絶対にやってはいけないこと

  1. 株主優待につられて投資をすること
  2. 毎月分配型ファンドに投資をすること
  3. 自分がわかっていない金融商品に投資をすること

特にこの3つ目の「自分がわかっていない金融商品に投資をすること」は絶対に避けてください。それがどんな有名人が言うことでも、有名な投資本に書いてあることでも、その仕組みまできちんと自分で理解する。それが投資をする上で最も大切です。

第3章 マイホームを購入する本当のデメリット

第3章では株から少し離れて、マイホームの購入について検討していきたいと思います。

まず資産運用の基本である「分散投資」をみなさんはご存知でしょうか?分散投資とは1つの投資商品のみに全額を投資するのではなく、様々な投資商品を組み合わせることによってリスクを減らす投資法です。

「卵をひとつの籠に盛るな」という格言があります。かつて卵は貴重品でそれを全て1つのカゴに入れておくと、うっかり落としたときに全て割れてしまいます。こんな失敗を避けるに、いくつかのカゴに分けて卵を入れておけばいい。これが分散投資の考え方です。

アメリカの経済学者ハリー・マーコウィッツはこの格言を数学的に証明し、ノーベル経済学賞を受賞しました。それがいわゆるモダンポートフォリオ理論で、株式・債券・不動産に資産を3分割する「資産3分割法」は、その代表的な戦略です。

つまりあなたが投資をやる場合は、株式・債券・不動産の3つにあなたの金融資産を分けるべきなのです。

ここで少し変だと思いませんでしたか?例えば日本国債は個人向け国債なら1万円から買えます。個別株式でもETFを使えば、一株1〜2万円で日本や世界の代表的な上場企業に分散投資することが可能です。しかし不動産についてはどうでしょうか?

仮にマイホームの不動産価格を3000万円として、教科書的に正しい3分割法を実践しようとするなら、国債と株式にも同額投資をする必要があります。つまり国債・株式・不動産にそれぞれ3000万円総額で9000万円必要になってしまうのです。

このように不動産は購入するには大金が必要であり、マイホームを購入するとどうしても不動産投資の割合が資産運用のほとんどを占めてしまうのです。現在価格が低下し続けている不動産に多額のお金をつぎ込み、株式と債券を少しだけ買う。これが愚かな投資戦略であることは皆さんもお分かりになるとと思います。

さらにマイホームを現金一括で購入するならまだしも、マイホームを購入する場合は多くの人がローンで購入しいます。つまりマイホームの購入は、レバレッジをかけた不動産投資と言えるのです。

不動産の金額は個人にとって非常に大きいので、いったん家を買ってしまうと資産ポートフォリオのほとんどが不動産となってしまう、つまり資産運用のほとんどを不動産投資でしていることになるのです。結果として資産運用理論でタブーとされている「卵をひとつの籠に盛る」状態になってしまうのです。

よく「マイホームはお祝い価格で買わされるから、買っちゃいけないよ」とか「不動産の価格は下落し続けているから買っちゃいけないよ」とか言いますが、マイホームを購入する上で一番考えなくてはいけないのは「資産運用のバランス」なのです。

マイホームを購入することで、資産運用のバランスに偏りが生じることが問題なのです。もちろん不動産の価格は上昇するかもしれませんし、下落するかもしれません。それは誰にも分からないからこそ、資産運用のバランスがマイホーム(不動産投資)に偏ってしまうことには大きなリスクがあるのです。

資産のほとんどが不動産なのだから、資産運用の成否は「不動産価格」で決まる他ありません。いったん不動産を買ってしまえば、あとは家地価が上がるのを祈るだけで他にすることはないのです。簡単に振り替えることもできない不動産は、金融商品としてとてもリスクが高いと言えるでしょう。

マイホームを買っても資産運用のバランスが崩れないか十分注意して、住宅購入を検討してみてください。

第3章まとめ

  • 資産運用の基本は分散投資であり、株式・債券・不動産に分割して資産を保有することが大切である。
  • マイホームを購入することで、資産運用のバランスが不動産に偏ってしまうことが問題である。

分散投資の考え方をしっかりと頭に入れてから、投資を始めてみてください。

第4章 デイトレードで一攫千金!?

株の投資といえば「デイトレード」すなわち数秒〜数時間単位で株の売買を繰り返し、毎日何千万円と稼ぐトレードのイメージを持たれている方も多いと思います。

そういった億万長者的なトレードには話題性がありテレビで取り上げられることも多いので、投資はギャンブルというイメージを持っている人も多いでしょう。ここでは個人投資家にデイトレードをお勧めしない理由について、解説したいと思います。

個人投資家にデイトレードをお勧めしない理由は、デイトレードには個人投資家のアドバンテージがないからです。皆さんは個人投資家が投資のプロに対して優れている面、個人投資家だけが持っている超強力な武器は何だと思いますか?

それは「時間」です。

投資のプロであるヘッドファンドのマネージャーは、マイナス収益を出し続けたり、どこにも投資しないで手数料だけを貰うことはできません。つまり株価が下がった株を持ち続けたり、何にも投資しないで待つことができないのです。常にどこかに投資をして、プラスの収益を出し続けなければなりません。

一方で個人投資家は、自分のお金で買った株をいつまでも持っていることができます。同様に自分のお金を投資をしない選択を取ることもできます。

この時間のアドバンテージこそ、私たち素人がヘッジファンドのマネージャーに勝てる唯一の突破口なのですが、デイトレードは短期間にトレードを繰り返すので、この強力な武器を捨ててしまうことになるのです。

もちろんデイトレードで勝つ才能を持っている人もいますが、そういった方は少額の自己資金で取引をするのではなく、大手金融機関のトレーダーになった方がリスクを最小限にして多く稼げます。

デイトレードで一攫千金を夢見ることも悪いことではないのですが、そのデメリットを十分理解した上で、やるかどうかの判断をしてください。

終わりに

多くの人にとって金融資本の役割は、将来の安心感が得られることだと思います。株をギャンブルと捉えるのではなく、将来の幸せと自由を得るための方法の1つと考えてほしいです。

第1章で「金融資本」と「人的資本」の話をしましたが、もう一つ大切な資本があります。それが「社会資本」です。社会資本とは、人間関係すなわち愛情や友情のことです。

社会的な動物である私たちは、人間関係からしか幸福を感じることができません。感謝・思いやり・誇りといった社会的感情によって、人の脳は社会の役に立った時に幸福感を得られるように進化したのです。

この社会資本を得るために重要なのが「人的資本」です。誰もが知っているように、いったん学校を卒業し就職してしまえば、殆どの人間関係は仕事を介して生まれます。逆に言えば人的資本がないと新しい出会いもなくなり、人間関係はどんどん希薄になっていきます。

金融資本や人的資本に偏ることなく、「金融資本」「人的資本」「社会資本」の全てに気を配る必要があるのです。

「金融資本」を増やして経済的独立を実現すると同時に、大きな「人的資本」から豊かな「社会資本」を手に入れ、自分らしい生き方で人生100年時代を生き抜いていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました