時間の無駄使い、やめてもらっていいですか?ひろゆき「なまけもの時間術」を要約してみた

スポンサーリンク

はじめに

本日はひろゆきさんの「なまけもの時間術」を要約していきます。

この本では「時間術」について詳しく書かれており時間を効率的に使う知恵が盛り込まれていますが、なぜひろゆきさんが時間術について語るのでしょうか?

それはこれから世の中は間違いなく「成果主義社会」に変わっていくからです。

昔の会社員なら9〜17時で会社に入って座ってさえいれば、誰もが同じ給料をもらえました。

しかしこれからはコロナの影響もあって業績の苦しい会社もどんどん出てきたり、さらには在宅勤務も増えていき、時間の使い方が見直される社会になってきたのです。

今までのように定時に出社して、机に座っているだけでは給料は上がりません。働いた時間ではなく、その人がどれだけの生産性を叩き出したのか、どれだけ素晴らしいアウトプットをしたのか、で給料が決まっていく時代になるわけです。

そうなると給料を上げるためには「時間当たりの生産性」を上げる必要があり、大事になってくるのが「時間の使い方」です。

ちまたでは「効率よく仕事をこなす時間術」や「スピーディーに物事を処理する時間術」があふれています。

しかし本書ではそのような時間術とは一線を画し、「怠け者」になることで効率よく時間を使い、これからの時代を生き抜いていこうという他の本には見られない独特の考え方が書かれています。

怠け者というと時間術の観点からは真逆の存在のように思えますが、怠け者であるがゆえに頑張らずに成果を出そうと色々な工夫をするのです。

例えば、「2時間かかる面倒くさい仕事を1時間で終わらせることができないのか?」「この作業の過程って別にいらないんじゃない?この過程を飛ばしてもっと早く仕事を終わらすことができるかも。」「残業なんていらなくね?」といった自分の頭で工夫できる怠け者になることで、時間を制し生産性を上げこれからの時代を生き抜いていくことができるのです。

スポンサーリンク

第1章 仕事に使う時間は少なくていい

ひろゆきさんが主張するのが「仕事に使う時間は少なくてもいい」ということです。

仕事に追われて四六時中働いている人は「頑張っている感」はありますが、「あまり上手くいっている人を見かけない」とひろゆきさんは言います。

それならば「一生懸命の方向性」を考え直す必要があります。

ここで今の1日8時間、週5日間働く習慣がどのようにできたかを見ていきましょう。

労働者の時間が最も搾取されていたのは、19世紀半ば頃と言われています。

当時は産業革命によって様々な技術革新が起こり、工場や機械を持つ資本家が労働者を雇い、物を作って売るという資本主義が生まれて、人間の労働時間は劇的に長くなったからです。

例えば1840年頃のイギリスの労働者は、年に3500時間働いていました。

これを単純に365日で割ると、土日も含めて1日10時間近くの労働時間です。かなりブラックですね。

この時期をピークとして「さすがに労働者を働かせすぎだ」となって1919年に制定された条約により8時間労働が世界に浸透しました。

そしてこの8時間労働が現在まで続いている訳ですが、ひろゆきさんとしてはこの8時間労働が腑に落ちないそうです。というのも現代の技術の効率性をもってすれば、昔と同じ仕事量を僅かな時間でこなせるはずだからです。

昔はラインもパソコンもなかったので、そんな時代では働くのに時間がかかるでしょう。

しかし現代のテクノロジーには時間を節約するためのツールがそろっており、それらを駆使すれば昔と同じ仕事量を僅かな時間でこなせるはずです。

それなのになぜか人類は、1世紀以上前と変わらず1日8時間働いているのです。

技術は発達しているのに「労働時間が減らない」という不思議な現象が起きています。

一体なぜこんなことが起きているのでしょうか?

それは多くの人が「もっと稼がなくては」という思考にとらわれているからです。本当なら大して働かなくても生きていけるはずなのに、多くの人が必要のない物を買ったり、お金がかかることに楽しみを見出すようになったため、「もっとお金を稼がなくてはならない」というループにハマっています。

テレビCMやインスタグラムなどのSNSは、私たちの消費欲を刺激し「この商品がいいよ!」「この商品買ったらもっと幸せになれるよ!」と私たちを駆り立てます。

そして私たちは消費欲を刺激されるがままにその商品を欲しがったり、贅沢なレストランに行きたいと考えてしまい、欲しいものを手に入れるには「もっとお金が必要だ」、だから「もっと働かなければ」というループにハマってしまっているのです。

よくタクシーに乗ってまで仕事時間を増やそうとする人がいますが、「そんなことしなくても仕事って何とかなるんじゃないの?」というのがひろゆきさんの考え方です。

自分の体を動かして物事をプラスにしていくことが重要ではなく、仕事で一番重要な部分は「思いつくこと」です。

つまり「こうしたら上手くいく」というアイディアを出すことが重要であって、「あれもこれもしなくちゃ」と作業に追われることではないのです。

無限に労働時間を増やそうとしている人は「自分で作業すること」に拘りすぎています。

しかし「上手くいく方法」さえ思いつけば、その人自身が頑張らなくても人に作業を割り振ることで勝手に回り始めます。

簡単に言えば「自分が動くのではなくて、人に動いてもらう」のです。

自分は利益が出る設計づくりに時間をかけるべきであって、コストが掛かるという理由で何もかも自分でやろうとすると自由な時間が減ってしまいます。

そもそも「仕事にかける時間はあればあるほどいい」というのは、「時間を確保するほどに成果が上がる」と言っているのと同じです。

所詮1人の人間には時間の限りがあるわけで、仕事時間を6時間から9時間に増やしてみたところで得られる成果は限界があります。

本当はできるだけ時間を掛けずにより多くの成果を挙げた方がいいわけで、「時間」と「成果」を比例関係で捉えていること自体が間違っています。

ひろゆきさんが言っているのは「仕事時間を増やして、作業時間を増やしても意味がない」ということです。

自分が儲かるためのアイディアや儲かるためのシステム作り、自分が稼働しなくても進むシステム作りに時間を注ぐべきだと言っているのです。

自分がやるのは本当にコアの部分だけで、自分にしかできないことに時間を注ぎ、実際の作業は他の人にやらせるのです。そうすれば自分にしかできないことをやりつつ、仕事時間も増やさずに収入を得ることができます。

「いやいやアイディア出しとかシステム作りがめちゃくちゃ難しそう!」と大抵の人は「そんなことは自分には無理だ」と思うでしょう。

しかし本当にそうでしょうか?

大抵の人は自分がアイディアを出したり、自分がいなくても回るシステム作りをしようとは、そもそも思っていません。

大抵の人は与えられた仕事や作業をこなすだけで精一杯であり、システムを作る側の人間に回ろうとはしていません。それならばシステムを作ろうと努力するだけで、他の人よりも抜きん出ることができるのです。

できるだけ作業をする時間を減らし、システムを考える。これを継続していれば何だかできるような気がしませんか?

もちろん100%ではありませんし、できないことはあるでしょう。しかし仕事量を増やして消費欲を刺激されたことにお金を使う生活を続けているだけでは、私たちは永遠に時間貧乏となってしまいます。

「どうすれば自分が稼働しなくてもを回るシステムが作れるのか?」「このアイディアならば自分が動かなくても人にやらせることができる」といった「怠け者の思考法」で、仕事時間を増やさない戦略をとることができれば、他の人との圧倒的な差別化になります。

ぜひ日常生活の中でも「どうすればもっと生産性が上がるだろう?」と考えてほしいのです。

第1章まとめ

  • 仕事の効率化を助けてくれるテクノロジーが進歩していることを考えると、1世紀前に広まった8時間労働は「働き過ぎ」である。
  • しょうもない欲望を叶えるために、多くの人は効率化が進んだ今でも長時間働こうとしている。
  • 仕事時間を増やすのではなくアイディアを出し、自分がいなくても回るシステムの設計に時間をかけることで、時間貧乏から抜け出すことができる。

第2章 「自由な時間」が価値となって仕事を生む

今の時代は「こんなことが仕事になるの?」と思うことが、本当に仕事になってしまう時代です。

それはインターネットの普及と進化によって、自分が作ったものを手軽に世界に発信できるようになったためです。

ひろゆきさんの知り合いにブライス人形の洋服作りが趣味な人がいて、あるときその洋服をネットオークションに出品したら高値がついたそうです。その人は会社員として働く一方で趣味だったブライス人形の洋服作りが今では相当な収入源になっていて、どちらが本業か副業か分からないと話していました。

趣味のプラモデル作りでマネタイズしている人もいて、プラモデルは作るのが好きな人もいれば、作ることに興味がなく完成品が欲しい人もいます。そこでその人はプラモデルの完成品をネットで売るようになり、千円で買ったプラモデルを組み立てて塗装まですると約3万円で売れ、かなり儲けているようです。

このように今ではネットを使えば誰でも簡単に、自分の作品やコンテンツを商品として売り出すことができます。

それが本当に売れるかどうかは運や世の中のニーズによるわけですが、昔に比べてショーケースに並ぶチャンスは大きくなっています。

そこでは今まで誰も考えなかったようなことが仕事になり得ることもあり、中学生がnoteというプラットフォームを使って「ブログで月10万円稼ぐ方法」という文章を販売したらバカ売れした話もあります。

中学生ですら今は文章を書いてお金が稼げる時代なのです。

自分が今やっている趣味や好きなことが、昔に比べて圧倒的にマネタイズしやすい環境になっているのです。

さらに「プロ奢ラレヤー」なんて人もいます。彼はただみんなから奢られているだけの人ではありますが、立派に奢られるプロとして生きていける世の中になっているのです。

要するに誰もやっていないことをやるだけで価値があり、人に面白がってもらえればお金が発生するわけです。

プロ奢ラレヤーなんて誰もやっていないし、何か面白そうですよね。「なんだこいつは」と話題になる訳です。「じゃあちょっと奢るから、そいつを呼んで話も聞きたいよ」という人も現れてくる訳です。

誰もやっていない面白いことをやれば、充分にお金が稼げる時代なのです。

そもそも私たちが生きている社会は、皆で農作物を育てなくては食べる物がなくて餓死してしまう世界ではありせん。お金はあるところにはあるし、食べ物もふんだんにあるような余裕のある社会に私たちは生きています。

その中で「面白いことをするならお金出すよ」という人も少なからずいて、クラウドファンディングをはじめ実際にお金を払ったり受け取ったりする仕組みもできています。

誰もやっていないことをやってネット上で目立ったりすると、それだけで結構な収入になったりします。ユーチューバーなどはその典型でしょう。誰もやっていないことをやっていてそれが楽しいという人は、結果的に自分の心地いい場所を見つけられた上に、お金が付いてくることも多いという話です。

将来が不安だと言って必死に資格の勉強をする人がいますが、確かに昔はそれが収入を上げる王道でした。しかし今ではそれが正しいとは限りませんし、様々な稼ぎ方が存在するのです。

自分の趣味や好きなことをネット上でアウトプットする、誰もやっていないことをやってネット上で目立つといった戦略の方が、お金を稼げることも多くなってきています。

そしてこれらの戦略を実行する上で大事なことがあり、それは「自由な時間を作ること」です。

まずは自分の自由な時間を作らない限り、他にはない自分だけの価値なんて作ることなどできません。

やるべきことに追われて時間がないと、何も考えられなくなります。自由に使える時間を確保し、自分だけの価値を作りましょう。

ブラック企業に勤めている人は損をしています。早くその異常さに気付いて、自分は何が好きなのか、何をしているときに楽しいのかを考えることから始め、1日に数時間でも自由な時間を確保することを意識した方がいいです。

そして自由な時間を確保するためには、時には会社を堂々と休む勇気を身につける必要もあるでしょう。

有給休暇を取ろうとすると「周りの目が急になってなかなか取れないんだ」という方もいるかもしれません。しかし有給休暇を取ることは権利であり、使わないのはもったいないです。

嘘も方便といいますし、嘘をついてズル休みをしその空いた時間で自分の価値を生み出そうと努力しているのなら、それは素晴らしい生き方です。

誰にもその生き方を否定する権利はありません。

あらゆる手段を使って自分の「自由な時間」を確保してください。

第2章まとめ

  • 現代は「そんなことが仕事になるの?」といったことが、ネットの力によって仕事になってしまう時代である。
  • 自分の趣味や好きなことをネットを使ってマネタイズする方法を考えよう。
  • ネット上で面白い行動をして、他の人より目立てば収入が得られるチャンスも多くある。
  • 自由な時間が価値となって仕事を生むので、時には嘘をついてでも自由な時間を捻出しよう。

終わりに

第1章で「仕事に使う時間は少なくても良い」、第2章で「自由な時間が価値となって仕事を生む」を解説してきました。

ひろゆきさん独特の視点が多くあって、とても楽しくためになる内容でした。

「できるだけ頑張らない努力」と「できるだけ怠けたい願望」が、目の前の作業の工夫と効率化につながるのです。

「どうすればこの作業を早い時間で終わらすことができるか?」「本当に自分がこの作業をやらなくてはいけないのか?」「自分が稼働しなくても他の人で回るシステムを構築するにはどうすればよいのか?」と、怠け者は怠けているように見えて、頭の中でこう考えているのです。

「作業をしなくても良い環境を設計するにはどうすればよいか?」それを考え続けることによって私たちは仕事時間を増やすことなく、本当の意味での時間術を手に入れることができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました