無底の働き方を教えよう! ひろゆき「働き方完全無双」を要約してみた

スポンサーリンク

はじめに

今回はひろゆきさんの「働き方完全無双」を要約していきましょう。

まず冒頭でひろゆきさんは言います。

「これから日本はどんどんヤバくなる。日本は経済的に苦しくなることが明らかなのだから、沈みゆく日本で現状を分析して最悪な状況からシュミレーションしていかなくてはいけない。そうすることで国全体として幸せになることはできなくても、個人の幸せは誰でも叶えられるはずだ。」

私たちは日本がどんどんヤバくなっている現状を、しっかりと理解しなくてはいけません。

そしてそんな日本でどうやって自分自身が幸せに生きるのかを、考えなくてはならないのです。

スポンサーリンク

第1章 なぜ日本がヤバいのか

巷では「日本の経済成長は停滞している」「日本の給料が下がり続けている」とかよく聞きますが、なぜこのようなことが起こっているのでしょうか?

その理由をしっかりと理解し、現在の日本の状況を把握しましょう。日本の不況の原因は以下の3つです。

  1. インターネットで情報流通のコストが無料になった。
  2. コンテナの発明で輸送費用がグンと安くなった。
  3. ゲーム理論的に正直に商売をした方が得になった。

言われてもピンとこないと思うので、具体例で考えていきましょう。

例えば「Tシャツを5000枚作る」としましょう。上記3点を当てはめてみると次のようになります。

  1. ネットで一番安く作ってくれる企業を探してメールで注文し、クレジットカードで決済をする。
  2. 注文を受けた企業は世界で一番人件費の安い国に作らせ、コンテナを使って低コストで指定の場所に届ける。
  3. 安くテキトーに作ると次から仕事が来なくなってしまうので、ちゃんとした品質で作る。

この結果、中国やメキシコ、バングラディシュといった「人件費の安い国」に製造業のほとんどが持っていかれました。

一昔前の「メイドインチャイナ」は、「安かろう悪かろう」が当たり前でした。しかし今はかなり高い精度い物が低価格で作れるようになったのです。

戦後の日本の経済成長を支えてきたのは、製造業をはじめとする「ものづくり」です。日本の製品は非常に品質が良く海外でも高い評価を得ていましたから、「メイドインジャパン」はある種のブランドとなって、世界中の人々が日本のものを買っていたわけです。

しかし先ほどの例のように製造業は人件費の安い国に流れ、そして品質も保証されるようになってきたました。すると日本のように人件費が高い国で作ったものは競争で勝つことが出来なくなり、景気が悪くなって「安いモノ」が売れるようになります。

日本は景気が悪いですから、日本国内でも海外製の安いものを買う人は多くいるでしょう。

シャープや東芝といったテレビは高いですが、海外のよくわからないブランドのテレビならば格段に安いからです。テレビを観る分に関して品質は変わらないわけですから、お金がない人がどちらの商品を買うかは明確でしょう。

ここまでは製造業を例にしましたが、他の業界であっても同じことです。

翻訳やライターの仕事であっても、今ではネットで安い人件費の国に発注することも可能です。そうなると経営者は「人件費の高い日本に発注する意味はない」となります。今まで日本人が行ってきた仕事が人件費の安い海外に流れており、そのため日本人の賃金が下がって、日本の景気が悪いのです。

これはグローバル化に伴って世界中で見られる傾向でもあるので、先進国の仕事が人減費の安い海外に流出することは、もはや避けられないでしょう。

このように日本は「皆と同じことをすれば右肩上がりに成長していった国」から「皆と違うことをやらないと落ちていく国」になりつつあります。国全体が落ちているのですから、皆と同じことをしていると皆と同じように沈んでいってしまうわけです。

毎年平均年収が上がっていたり、他国よりも経済成長が進む国に住んでいる場合は、周りの人と同じことをやれば収入は自動的に増えます。高度経済成長期の日本がまさにそうでした。

しかしそんな牧歌的な時代は終わり、平均的年収は下がり続いています。世界各国が衰退しているのであれば「まだマシ」ですが、他国はそれなりに成長していて日本だけが突出して衰退しているのです。

昔であれば多数派に入ることで会社・政治・親戚などの周囲が「セーフティーネット」となって、誰かしら助けてくれたでしょう。しかし今は国民みんなに余裕がなくなり、他者を助ける余裕などありません。

平均的で常識的な方法で生きていくと平均的で常識的な結果が待っているので、その結果みんな仲良く落ちていくのが確定している現状です。

さてこの話を聞いて皆様どう思いましたか?非常に苦しい内容だったと思います。

現状として日本は落ちぶれていく国になりつつあります。人口もどんどん減ってきており、高齢者が増えている恐ろしい状況が日本の現状でしょう。

それに比べて東南アジアなどの急速に発展している国では人口が増えているので国の成長も著しく、昔はタイやマレーシアなどの東南アジアでは日本の物価の1/5などと言われていたんですが、今ではこの物価の差が縮まってきています。

世間では「すごいぞ日本!」と日本を褒め称える番組が高視聴率を取れるそうです。しかし今の現状を直視せず「日本はすごい!」と言い続けても、現実は何も変わりません。

日本を良くしようと思ったら現実を直視し問題を解決しないとどうしようもないですが、私一人一人ができることはたかが知れています。

私たちは「国を変わること」にエネルギーを使うのではなく、沈みゆく日本で一人一人が幸せに生きていく方法を模索する必要があります。それこそが私たちが日々勉強をしたり努力したりするべき理由です。

生きていく意味とは、ネガティブな状況で一人一人が前向きになってポジティブな道を探そうと努力することなのです。

第1章まとめ

  • 日本の不況の原因は、インターネットで情報流通のコストが無料になったことやコンテナの発明で輸送費用がグンと安くなったこと、さらにはゲーム理論的に正直に商売した方が得になったからである。
  • 沈みゆく日本で周りと同じことをしていたら、同じように沈んでいくだけである。
  • 牧歌的な時代が終わってしまったことを直視し、厳しい環境の中で1人1人がポジティブに生きていく道を探さなくてはいけない。そのために学習し努力し変わり続けることが必要である。

第2章 何にも期待せず、人を見た目で判断せよ

沈みゆく日本で「人と違うことをするために必要なこと」を解説していきます。

まず他人に期待するのを止めてください。

他人に期待をしてしまう人は、他人が動いてくれないときに「なんで動いてくれないんだよ!」と怒ってしまいます。そんな人はストレスフルな毎日を送ることになります。

「人ってそういうもんだよね」とか「別に思いどおりになるなんて思ってないよ」と諦めることが出来れば、ストレスフリーに生きることができます。

個人に限らず、「会社」に期待する、「人生」に期待する考え方が根付いてしまうと、それが裏切られた際に大きなダメージを負ってしまいます。会社に期待していると「会社は何で何もやってくれないんだ!俺はこんなにも会社につくしているのに…」と悶々とした思いを抱えてしまいます。

また人生に期待していると「俺の人生はこれからどうなるのだろうか?俺の人生はもっと輝かしいものであるはずなのに…」と理想と現実の間のギャップに苦しみ続ける人生になります。

何かに期待しないことは「期待値を下げておく」ことです。期待値は下げられるだけ下げておいた方が、人生には絶対に得なのです。

次に重要な考え方が「人を見た目で判断する」ことです。

よく「人は見た目によらない」といいますが、これは見た目と性格にギャップのある人に出会ったときに「見た目は怖いのに性格は優しいんだ。人は見た目によらないね」とびっくりしたときに出るセリフです。

つまり大抵の場合「人は見た目による」のです。人の見た目や成果物に人の性格が表れるので、逆に人を判断するときに便利な尺度となります。

いちいち人に会うたびに「この人はどういう性格なんだろうなぁ」とその人を知ろうとすると、いくら時間があっても足りません。そんな時は見た目によって「この人は合いそうだな」と判断して、時間短縮するのが良いです。

「人を見た目で判断していけない」というのは嘘です。人は見た目で判断するべきなのです。

第2章まとめ

  • 期待値は下げられるだけ下げておいた方が人生は得で 、人にも会社にも人生にも期待しないマインドで生きよう。
  • 大抵の場合、人は見た目による。人の見た目や成果物に人の性格が表れるので、人を判断するときは便利な尺度として活用しよう。

第3章 ブラック企業から身を守る方法

日本はどんどん不景気になっており、会社も厳しいので「労働者を搾取しよう」とするブラック企業が増えています。

自分の勤めている会社がブラック起業だと感じている人もいるでしょう。そしてこれから就職する人も転職する人も、勤め先がブラックであった場合に「自分を守る方法」をしっかりと身につけておかねばなりません。

ここではブラック企業の仕組みを理解し、自分の身を守る方法を取り上げたいと思います。

食えない弁護士に相談する

不当な金利を取る金融業者を「サラ金」と呼びますが、ひと昔前に比べるとサラ金の数はぐっ減りました。なぜサラ金は減ったのでしょうか?国民全員に金融リテラシーが身についたからでしょうか?

その理由は、サラ金を訴えてお金を取る弁護士の数が増えたからです。サラ金を訴えれば儲かるので、サラ金業者をガンガン訴え始めたんです。

元を辿れば司法試験制度が変わって弁護士の数が多くなったので「食えない弁護士」が増えたことが理由にあります。仕事を探している弁護士がお金を稼げる仕事を探し、訴えれば確実に勝てる案件としてサラ金に目をつけたのです。

そしてこの流れが「違法に残業代を支払わないブラック企業に向かないかな」とひろゆきさんは願っているわけです。

ブラック企業は残業代や休日手当を支払わなかったり、パワハラで名誉毀損の発言をしたりします。仕事を探している弁護士が、そんな企業を次々に訴えたらよいのです。

そもそもサラ金を訴えてお金が取れるのが弁護士たちの間に浸透したのは、テレビCMがきっかけでした。法的には前々から訴えられたわけですが、それを手堅い商売と世間に知らしめたのは、CMが多く流れるようになり2〜3年が経ってからです。

サラ金の場合ヤクザがバックにいるイメージがありますが実際にはおらず、弁護士が出てくいるとすぐに撤退したのです。だから「ブラック企業を訴えて残業代を100万円取り戻しました!」というCMが増えれば、「自分の会社もブラック企業だからお金取れるじゃんラッキー」という人がたくさん現れて、世の中は良い方向に変わるのではないかと思います。

勤めている会社がブラック企業であるとか、ブラックかもしれない人は「食えない弁護士」に相談してみる手法を覚えておいてください。

パワハラ発言を録音する

ブラック企業を訴えた後のお金の回収も、従業員であれば非常に楽です。主要な取引先も知っているわけすから、そこから口座を差し押さえればよいのです。

「食えない弁護士」が「食い物になるブラック企業」相手にもっと積極的になれば、手っ取り早く社会は良くなると思います。

そのためには「残業代が支払われていないこと」や「パワハラ発言があること」を、労働者であるあなたが証拠として持っておかなければなりません。

豊田真由子元議員やしゃぶしゃぶ温野菜の事件でも、ICレコーダーで録音していたことがカギとなりました。企業側の不当な行動を録音・録画しておけば、メディアを使って拡散することもできます。

テレビのようなマスメディアは大きな事件性しか取り上げないかもしれませんが、今はSNSの時代です。個人で発信して、多くの賛同者を集めることもできるでしょう。

だから不当なことがあったら切り泣き寝入りをするのではなくて、常に証拠を抑える姿勢を保つことが重要です。

あなたがいくら弁護士などに相談しても、証拠がなければ何も訴えを起こすことができません。企業から金をとることもできません。ですから職場で「パワハラされている」とか「残業代が支払われない」といった不当なことが行われているならば、録音・録画してできる限り証拠を残すようにしておいてください。

パワハラされると気分が落ち込んでしまいますが、その状況を逆に捉えましょう。これはチャンスであると。

「こいつは録音されているのも知らないでパワハラをしてくれている。」「こいつは俺に金を取るための絶好の機会を与えてくれているのだ。」「金を取るための証拠わざわざ向こうが提供してくれているのだ」こういうマインドを持つことが重要です。

終わりに

今回は第1章で「なぜ日本がヤバいのか」、第2章で「何も期待せず人を見た目で判断せよ」、第3章で「ブラック企業から身を守る方法」を解説してきました。

さて皆様いかがでしたでしょうか?

特に「ブラック企業から身を守る方法」は今の時代重要であると感じます。これから日本が沈んでいくことは明らかで、個人が幸せを目指す生き方をしなくてはいけません。

もしあなたが今ブラック企業で働いていると、まずはその環境を変えることが先決です。ブラックな環境で働いていて、自分の人生や生き方を考えたり勉強する時間がないと、どんどん私たちは精神的にも金銭的にも貧しくなってしまいます。

まずはブラックな環境から抜け出し、正常な思考能力を取り戻し、心の余裕を取り戻すことによって初めて「前向きに生きていく方法」を検討できるのです。今あなたがブラックな環境にいるならば、今日紹介したブラック企業から身を守る方法が役立つことは間違いありません。

知識は武器です。

自分はブラック企業から身を守る方法を知っていて、「いざとなれば録音すればいい」という知識を知っているだけで私たちのストレスは減り、ブラックな環境から抜け出す「勇気」を手にすることができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました