40代以下は全員必読!3つの蓄積をしないと将来ヤバい。人生100年時代の攻略本!黒田悠介著『ライフピボット』を解説する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

人生のルールが激変した。

私たちは3つの資産を蓄積して、将来に備える必要がある。

ライフピボット

今回は黒田悠介さんが書かれた『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く人生100年時代の転身術』という本を解説します。

最初に言っておくと、かなりオススメの本です。

僕はかれこれ500冊以上の本を読んできましたが、その中でもトップ5には入ると思います。

そのくらいものすごく役に立つ、かつ面白い本です。

『自分の人生について真剣に考えたい人』

『将来についてななんとなく不安な人』

『現時点で40代以下のすべての人』

そんな方に特におすすめの本です。40代以下の方は全員必ず読んだ方がいいと思います。

本当にオススメの本で、必ず人生の役に立ちます。

この記事の結論を言っておくと、

  • 現代において人生のルールが大きく変わってしまった
  • そんな中、私たちは人生の中で何回も人生の方向転換(ライフピボット)を行うことが必要である
  • そしてこのライフピボットが必要である現代において、私たちは3つの蓄積をすることで将来に備える必要がある。

という内容です。ぜひご覧ください!

人生のルールが激変した!

人生のレールが大きく変わったために、すべての人においてライフピボットが必要になりました。

ここでは『人生のルールが激変したとはどういうことなのか?』について解説していきます。

まず先に本書のタイトルでもある『ライフピボット』とは何なのか説明します。

ライフピボットとは一言でいうと、『人生の方向転換』のことです。

そもそもピボットとは、日本語に直訳すると方向転換という意味です。

ですのでライフピボットとは、人生の方向転換です。

もう少し掘り下げると、『自分の過去の経験を生かして、時代に合わせて変化すること』これがライフピボットです。

例えば転職とか引越しも、ライフピボットの1つになるかと思います。

このような人生の方向転換が、現代を生きるすべての人にとって必然となりました。

中でも特に現時点で40代以下の人にとっては、このライフピボットはもう必然です。

ではなぜライフピボットが必然となったのでしょうか?

これは人生というゲームのルールが激変したからです。

どのように変わったのかというと、大きく3つの点で変わりました。

  1. 人生の長期化
  2. ライフスタイルの短期化
  3. 世界の変化の加速

この3点です。ではそれぞれ掘り下げて解説します。

人生の長期化

まず1つ目人生の長期化ですが、これは人が長生きするようになったということです。

今や人生100年時代とも言われるように、多くの人が100歳くらいまで生きるようになりました。

現時点で40代以下の人は、ちゃんどこのことを考えるべきです。

100歳くらいまで生きるということは、働く時間が長くなるということです。

そもそも昔はざっくり教育20年、仕事40年、老後10年、それで合計70年くらい生きるみたいなシンプルは人生設計だったと思います。

これが昔の話です。しかし今は違いますよね。

人は100年生きます。そして100年生きるとなると、退職する時期を後ろにずらす必要が出てきます。

ですので例えば、教育20年前後、仕事を50年前後、老後30年前後、みたいなイメージになります。

つまり50年以上も働くのが普通になります。

これが今を生きる私たちにとって、人生におけるルールの大きな変化です。

ライフスタイルの短期化

ライフスタイルの短期化とは、例えば転職とか副業が当たり前になってきているという時代背景です。

人生の長さは70年から100年と伸びましたが、ライフスタイルの変化の速度は上がりました。

ライフスタイルの変化が、頻繁に起こるようになりました。

これは後述する『世界の変化の加速』が理由でもあります。

世界の変化の加速

今更ですが世界が変化するスピードは格段に上がっています。

例えば面白いデータとして、利用者5000万人を獲得するまでにかかった時間という観点で見ると、面白いデータがあります。

利用者5000万人を獲得するのにかかった時間は、飛行機68年、自動車62年、電話50年、クレジットカード28年、テレビ22年、 ATM18年、コンピュータ14年、携帯電話12年、インターネット7年 、ipod 4年、youtube 4年 、facebook 3年、twitter 2年、ポケモンゴー19日、これめっちゃ面白いですよね。

変化のスピードの上がり方が、えげつないです。

これはスマホとインターネットが既にあるからこそ、ポケモン go は19日で普及できたというような背景があります。

つまりすでに起こったイノベーションが、次のイノベーションを支えるという構造があるんです。

つまりイノベーションの連鎖です。

このようにイノベーションが連鎖していく性質により、世界が変化するスピードは指数関数的に伸びています。

もう現代においては、たったの2〜3年で世界の様子がガラッと変わりますからね。

最高に面白い時代だと思います。

このように世界の変化が加速しているので、現代を生きている私たちは、加速する様々な変化に見舞われます。

というわけで、以上が人生のゲームが激変した理由です。

激変したのは大きく3点、『人生の長期化』『ライフスタイルの短期化』『世界の変化の加速』です。

このような3つの変化を受けて、ライフスタイルの転換が1度や2度ではなく、何回も行うことが必然になりました。

昔は将来について、おおよその見通しを立てて生きるのが普通でした。

いわゆるキャリアプランというやつです。

しかし今ではどうでしょうか?

キャリアプランを立てる意味がなくなってしまいました。

なぜなら現代のような変化の激しい時代においては、プラン通りにはほぼ100%進まないからです。

計画が無意味な世界になりました。

じゃあ私たちはどうするべきなのか?

そこで私たちがすべきことは、計画ではなく、どんな変化にも対応できる準備をすることです。

準備こそが必要であり、有効な時代に変わりました。

変化に対応できる準備を蓄え、ライフピボットする生き方がこれからの時代の当たり前になります。

ライフピボットは、自分の過去の経験を生かして、時代に合わせて変化することです。

この過去の経験が準備にあたります。

経験を蓄積することが、まずは必要になります。

では具体的には、どんな経験を蓄積する必要があるのか?

続いてはそれについて解説していきます。

3つの蓄積をすることで将来に備えよ!

私たちは仕事の経験を通して、3つの蓄積を貯めていく必要があります。

この激動の時代において、充実した人生を送るために蓄えるべき3つの蓄積一体何でしょうか?

3つの蓄積とは

  1. 価値を提供できるスキルセット
  2. 広く多様な人的ネットワーク
  3. 経験によるリアルな自己理解

この3つです。

なんかこうパッと聴いた感じ「なにそれ?」みたいな複雑な感じですが、それぞれ簡単に言うと、『スキル』『人脈』『自己理解』になります。

この3つについてそれぞれ掘り下げていきます。

値を提供できるスキルセット

まずは1つ目『価値を提供できるスキルセット』ですが、ここでいうスキルとは、例えばプログラミングスキル、ライティングスキル、マーケティング、セールス、企画などのスキルです。

そしてスキルには3種類あります。

その3種類のスキルとは、『テクニカルスキル』『ヒューマンスキル』『コンセプチュアルスキル』のです。

このようにスキルを3種類に分ける考え方は、ハーバード大学教授のロバート・カッツが1955年に提唱したモデルです。

そしてこのモデルは、今でも経営やマネジメントで使われています。

ではそれぞれ掘り下げていきます。

テクニカルスキルとは、課題を解決する能力です。

ここがいわゆるスキルと言われたときに、ぱっと思いつくようなスキルです。

さっき言ったプログラミングやライティング、マーケティングなんかのスキルがここにあたります。

次に2つ目のヒューマンスキルとは、対人関係をうまくやる能力です。

例えば会話、聞く力、調整する力、リーダーシップ、プレゼン能力、マネジメント能力、仕切り役、こういうのがヒューマンスキルにあたります。

そして最後にコンセプチュアルスキル、これは日本語訳すると概念化能力となります。

このコンセプチュアルスキルには14項目あります。

それは論理的思考、水平思考、批判的思考、多面的視野、柔軟性、受容性、知的好奇心、探究心、応用力、洞察力、直観力、チャレンジ精神、俯瞰力、先見性、この14項目です。

このコンセプチュアルスキルは、他のテクニカルスキルとかヒューマンスキルと同時に発揮されいるという特徴があります。

どういうことかというと、例えば論理的思考が課題解決能力において生かされるとか、柔軟性がヒューマンスキルに生かされる、といった感じです。

以上のテクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル、この3つが価値を提供できるスキルセットです。

お金を稼ぐということは、価値を提供するということです。

基本的には価値を提供して、それに見合うだけの報酬を獲得することが、お金を稼ぐことです。

このような価値を提供できるスキルセットをコツコツと蓄えることが、人生の充実度に直結します。

広く多様な人的ネットワーク

では次に2つ目の資産『広く多様な人的ネットワーク』ですが、これは簡単に言えば人脈のことで、この人脈から新しい情報とか機会を得ることができます。

例えば仕事を依頼されたり、逆に仕事を依頼したり、新しいチャンスに出会えたりなどのメリットがあります。

そういうものを人脈が与えてくれます。

そしてこの人脈を作る上で1つポイントとなるのが、信用と信頼を分けて考えることです。

信用と信頼は言葉としては似ていますが、似て非なるものです。

むしろ真逆の性質があるとすら言えます。

信用とは、実績や肩書きみたいなものです。

それに対して信頼は、深い関係を築けている人脈、家族や友人や仕事仲間などとの関係です。

そして信用は「あの人は〇〇という実績がある」みたいな感じの客観的な評価です。

それに対して信頼は主観的な評価で、家族とか友達とか自分の主観で信頼度は決まります。

信頼性は主観的に決まるものなのです。

そして信用は、一方方向の関係です。

つまりお互いに知り合いじゃなくても、向こうは私のことを信用しているとか、向こうは私のことを知らないけど私は向こうのことを信用している、みたいな関係です。

それに対して信頼は、双方向的な関係です。

つまり、お互いに知り合いであるということです。

そして信用は、価値を提供することによって貯めていくものです。

何かの実績とかが信用になります。

それに対して信頼は、共同作業によって築いていくものです。

信頼は一緒に仕事をするとか、一緒に食事をするとか、そういう共同作業を通して蓄積されていくものです。

というわけで信用と信頼の違いを説明してきましたが、この両方を貯めていくことが有効です。

実績をつけることと、深い関係の人脈を築くこと、両方に価値があります。

この信用と信頼の両方を高める努力をすることで、広く多様な人的ネットワーク人脈を築いていくことが、変化の激しい現代においては必要になってきます。

経験によるリアルな自己理解

では続いて3つ目の資産『経験によるリアルな自己理解』について、やはり幸せな人生とか楽しい人生を送るためには、自己理解が必須です。

自分の好みとか価値観を理解し、喜びを感じるときの共通点とか、辛さを感じるときの共通点、こういう自分の価値観について理解を深めることで、人生の充実度・満足度を上げることができます。

また他にも自己理解が大事な理由はあります。

それは努力は夢中に勝てないからです。

夢中な状態というのは最強です。

努力するよりも、夢中で頑張れる人の方が、成果を出せるに決まってますよね。

だからこそ自分が夢中になれるものを探すべきです。

他の人に比べて、苦もなくできることをやるほうが効率がいいです。

そのためにちゃんと自己理解をして、自分が夢中になれるものがどういうものなのか考える必要があります。

そしてこのように自分を理解するためには、毎日日記を書くことがおすすめです。

なぜ日記がおすすめかというと、記憶というのはあてにならないからです。

1日に1回はその日を振り返る時間を作らないと、どうしても忘れてしまいます。

毎日寝る前とかに、その日一日を振り返る時間を取りましょう。

そうすることで自己理解を深めます。

毎日その日を振り返ることで、「自分はこういうときに喜びを感じるな」とか「こういうのは嫌いだよなぁ」とか、自己理解が深まります。

僕もかれこれ1年半くらい日記をつけていますが、自分と向き合うことで自己理解が深まるので、個人的にもおすすめです。

例えば僕の例でいうと、僕は自分が興味があることについて学ぶのが好きで、そしてその学んだことを人に教えてあげるのが好きだし、わりと得意みたいです。

後は自分は外から何か強制されるのが嫌いで、自分の頭で考えて、自分で物事を決定して、自分で物事を進めていいける、そういう状況において頑張れるタイプです。

という感じで、自分の価値観を深めてきました。

なので毎晩日記を書くという習慣はオススメです。

そのように振り返る時間を取り、自己理解をちゃんとすることで、自分が進むべき方向性が見えてきます。

そして自分が夢中になれるものが見えてきます。

というわけで、3つの資産『価値を提供できるスキルセット』『広く多様な人的ネットワーク』『経験によるリアルな自己理解』を貯めていくことが、変化に対応していくための準備になります。

そしてこの3つの資産について、スキルと人脈は、前進するための手段やエネルギーです。

そして自己理解は、進むべき方向性を決めるものです。

これを車で例えると、スキルや人脈は前に進んでいくためのアクセルであり、そして自己理解は進んでいく方向を決めるためのハンドルです。

人生のルールが大きく変わった今、この3つの資産を貯めることで、どんな状況に置かれても柔軟に変化できますですので、仕事をする上でこの3つの資産を意識しながら働くことが必要です。

さらに本書では、この3つの資産を効率よく貯めることができる具体的な方法も提示されています。

続いては、その3つの資産を効率よく貯めていける具体的な方法を見ていきましょう。

蓄積をするために有効な6つのアクション

蓄積のための6つのアクションは、以下のものになります。

  1. マッチングサービスを利用する
  2. 発信し続ける
  3. イベントに参加・登壇・主催する
  4. コミュニティに参加・主催する
  5. ギグワークする
  6. ギブワークをする

これら6つのアクションは、3つの蓄積を同時に進められるオススメのアクションです。

マッチングサービスを利用する

今はビジネス系のマッチングサービスが充実しています。

これを利用することで、会いたいタイプの人とかまったくタイプの違う人とかと出会うことができます。

そしてこのマッチングサービスを利用することで、人脈を作ったり、またいろんな人と会うので自己理解を深めたりできます。

ちなみに本書でオススメされているサービスとして、yenta、bosyu、バーチャルランチクラブなどが挙げられています。

発信し続ける

では続いて2つ目のアクション『発信し続ける』ですが、これはsns などで発信をすることです。

これによって人脈を広げたり、自己理解を深めることができます。

発信のポイントは、実名で顔出しで行うことです。

なぜかというと、その方が信用や信頼を貯めることができるからです。

そして発信するテーマや、発信する場所を決めることもポイントになります。

発信するテーマはやはり自分が得意な分野で、それでいて何かしら『役に立つ』とか、『面白い』とか、価値のある発信をすべきです。

そして発信する場所は、今現在においてはfacebook やtwitter がメインになりそうですね。

今後はインスタグラムも候補として挙がりそうです。

sns を利用して発信を続けましょう。

イベントに参加・登壇・主催する

イベントに主体的に関わることで、スキルや人脈、自己理解を蓄積させることができます。

いろんなイベントがあると思うので、積極的に顔を出してみましょう。

コミュニティに参加・主催する

コミュニティに積極的に参加すれば、スキル・人脈・自己理解が深まります。

例えば今だとオンラインサロンとかがありますよね。

あとはオフラインのコミュニティもあります。

例えば今だと、定額でいろんな地域に進めるサービスなんかもあります。

本書ではaDDress、HafHなどが例として挙げられています。

気になる方はググってみてください。

ギグワーク

ギグワークというのは、オンラインで受発注される単発の仕事のことです。

そもそも『ギグ』とは日本語に直訳すると『単発』ですので、ギグワークとは単発の仕事です。

最近だとウーバーイーツやTimeeなどがあります。これらは自分が仕事を受ける場所です。

スキマ時間を上手く利用して、プラスαで働くという感じです。

それに対して、ココナラ、ストアカ、タイムチケットのようなサービスもあります。

これらは自分が商品を出したり、自分の時間を得る事ができる場所です。

例えば『1時間でプログラミング初心者が仕事を受注する、ノウハウを教えます』みたいな感じです。

つまり自分が出品者になれる場所です。

自分のスキルや、自分ができることを提供する場所になっています。

このように現代においては土壌が整っているので、ギグワークで試してみることができます。

ギグワークのような単発の仕事は、自分のスキルを試すことができることに価値があります。

自分のスキルを試してみることで、自己理解が深まったり、スキルアップを狙うことができます。

ギブワーク

ギブワークとは『ギブする働き方』です。

例えば『報酬をもらわずに、ただで働く』などです。

例えばデザインの勉強をしている人とかが、最初の仕事として友だちの sns のアイコンのイラストをタダで書いてあげるなどです。

こういう『ただ働き』のメリットは、まずはスキル・人脈・自己理解の蓄積が貯まります。

スキルが上がりますし、感謝されて人脈が深まりますし、自分が好きなことを探す手段にもなります。

また打席に立つ回数が、圧倒的に増えることもメリットです。

ただ働きはお金はもらわないけれど、経験を貯めることができます。

そしてただ働きだと当然打席に立つ回数が増えるので、いろんな経験をすることができます。

あとそもそも人には『返報性の原理』という心理があります。

これは、何かしてもらったらを解消したくなるという人間の心理です。

人は社会的な生き物なので、そういう心理原則があります。

なのでただ働きをしているようで、実は何かしらお返しが後々帰ってくる場合が多いです。

というわけで以上が6つのアクションです。

これら6つのアクションは、3つの蓄積を同時に進めるられるメリットがあります。

ですので積極的にチャレンジしてみる価値があります。

終わりに

著者の黒田さんはこのように言っています。

私たちは100年生き、半世紀以上働く時代に突入しようとしています。

地図は常に塗り変わり、コンパスが指し示す方角も定まりません。

そんな時代に私たちが進み続けるために必要なのは、一歩ずつでも着実に踏み出すことができるライフピボットの力です。

「将来の見通しが立たない…」そんなことは問題ではありません。

将来の見通しなんて、立たなくてかまいません。

やりたいことが分からないのは当たり前で、早くからやりたいことに出会える人の方が少数です。

そこで私たちがすべきことはただ1つ、備えることです。

3つの蓄積を貯めて、備えることです。

3つの蓄積を貯めることで、激動の時代において臨機応変にライフピボットしながら生きる。

これができると、人生の充実度は格段に上がりますよね。

人生が長期化し、働く時間が延びたとだけ聞くと、憂鬱な気持ちになりますか?

僕はむしろハッピーです。

色んな仕事、色んな経験をたくさんできるということです。

あんな仕事やこんな仕事をいろんな経験をできるということです。

その場その場、その時その時で、いろんな人に出会うこともできるでしょう。

これは本当にワクワクすることです。

いずれにせよこのような人生を歩めるかどうかは、自分が3つの蓄積をうまく貯めていけるかどうかにかかっています。

ですので、この3つの蓄積を意識しながら働きましょう。

そしてプラスアルファで、さっき説明した6つのアクションについても、興味がわくものから手をつけてみましょう。

計画は必要ありません。

目の前の仕事に真剣に取り組むことで、経験を蓄積していきましょう。

今を生きましょう。

マインドフルネスに、今を一生懸命生きましょう。

これこそが私たちができる最善の手段です。

今回紹介した本『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く人生100年時代の転身術』について、まだまだ紹介できていない部分が多いです。

冒頭で話したようにトップ5に入るくらい超おすすめの本です。ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました