禁欲しないと損です!最強パワー「性欲」を操るメリットデイブ・アスブリー『シリコンバレー式 超ライフハック』を要約してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回はデーブ・アスプリーさんが書かれた「シリコンバレー式 超ライフハック」という本を解説します。

この本は「もっと賢くなりたい」「もっと仕事の生産性を上げたい」「自分の人生を自らの手でよくしたい」そんな方におすすめの本です。

この本の著者デーヴ・アスプリーさんは、シリコンバレーで起業し成功するも働きすぎとストレスから肥満と体調不良に悩まされました。

しかしあることがきっかけで彼は「バイオハック」に出会います。

「バイオハック」とは科学的知見に基づく健康法を実践し、自らの体、メンタル、脳のパフォーマンス向上を目指すことです。

バイオハックは今では世界的に広がりつつあるライフスタイルですが、その先駆者こそがデイブ・アスプリーさんで、今では「バイオハックの父」と呼ばれています。

彼はバイオハックに出会い実践することで、「 IQ向上」「体重50キロ減量」という成果を挙げています。

そしてこの体験をもとに現在はバイオハックの知識を発信しており、日本でいうところの daigo さんみたいな存在です。

しかもデイブさんはバイオハックにのめり込み、なんと19年間も研究を続けています。

その19年間で研究に費やした金額はなんと1億円。バイオハックの父と呼ばれるのも納得です。

結論を言うとバイオハックにおいて睡眠と食事はとても重要であり、性欲という本能の莫大なエネルギーを上手く利用すれば私たちは生産性を爆上げすることができるというわけです。

努力せずに生産性を上げる方法

努力せずに生産性を上げる方法、それは良質な睡眠をとることです。

デイブ氏は睡眠の重要性を強く主張していて、睡眠について本書でもたくさん解説されています。

その中から「睡眠のクロノタイプ」「光の重要性」「睡眠に関する小技3選」という3つに分けて解説していきます。

特に「睡眠に関する小技3選」は一通りの知識をつけて寝る環境を整えてしまえば、あとは一切努力せずに生産性を一生涯向上できるコストパフォーマンスが高い項目ですので、しっかりと頭に焼き付けて頂ければと思います。

睡眠のクロノタイプ

睡眠には「クロノタイプ」というものがあります。

これは「朝型人間」とか「夜型人間」のような睡眠や活動時間のパターンのことで、人は生まれながらに睡眠のパターンを持っていて、これをクロノタイプと言います。

クロノタイプには4つのタイプがあり「クマ型」「ライオン型」「オオカミ型」「イルカ型」と呼ばれます。

自分がこの4タイプのうちどのタイプに当てはまるかは、生まれながらに決まっています。

というのも「哺乳類時計遺伝子」が私たちにはあらかじめ組み込まれていて、この遺伝子によってクロノタイプが決まるのです。

生まれながらにクロノタイプは決まっているのだから、それに沿って生きることが生産性を上げるための一番の近道です。

ではこの4つのタイプについて見ていきましょう。

クマ型

クマ型は太陽とともに動く最も一般的なタイプで、人類のおよそ50〜55%くらいがクマ型と言われます。

クマ型の人は太陽が昇るとともに活動を始め、太陽が沈むと眠くなってきます。

日中は割とムラなく活動し続けることができ、最も生産性が高いのは午前中〜午後2時くらいまでです。

そして午後3〜5時くらいには生産性が落ちやすい傾向にあります。

ライオン型

ライオン方は超朝型で、人類の15〜20%くらいがライオン型だと言われています。

太陽が昇るよりも少し早い午前5〜6時に目を覚まし、午前中に最も高い生産性を発揮します。

そして夕方には眠くなり始め、夜眠る時間も夜10時くらいと早いです。

オオカミ型

オオカミ型は夜型で、人類の15〜20%くらいがオオカミ型だと言われています。

オオカミ型は生産性のピークが2回あり、お昼の12時から午後2時くらいに最初のピークがきて、深夜に2回目のピークがきます。

夜寝るのは遅く、朝起きるのも遅いです。

そもそも人間は午後の方が創造性が高まる傾向にあるので、オオカミ型の人は創造性を必要とする仕事例えばクリエイターや作家、芸術家、プログラマーなどに向いています。

しかしオオカミ型の人が日中に働く仕事についてしまうと、本来の力を発揮できないので注意が必要です。

イルカ型

イルカ型については、まだ判明していないことが多いです。

「寝るのが苦手なタイプ」とか「短い睡眠でも大丈夫なタイプ」という感じです。

イルカ型の人は少数で、人類の10%くらいであると言われています。

イルカ型は「神経質な人」「完璧主義な人」「IQ が高い人」が多い傾向にあります。

どうやって自分のクロノタイプを知ればいいか?

このように人にはクロノタイプというものが存在し、体に合った睡眠パターンが異なります。

どうすれば自分のタイプを知ればいいかというと、ネット上で自分のクロノタイプを判定できるサイトがあるのでそれを試すのが1つの手です。

他にも「1週間仕事を休んで気の向くままに寝て起きる」というやり方があります。

自分が寝たい時に寝て、起きたいときに起きるという生活を1週間すれば、自分にとって一番合っている睡眠パターンが見えてきます。

「たったの1週間で!?」と思われるかもしれませんが、クロノタイプとはそれほど強力に作用するものなので、1週間で理想の活動パターンと睡眠パターンが見えてきます。

そのため「寝たいときに寝る」「起きたいときに起きる」というのはとても価値があることなのです。

自分がどのクロノタイプなのかは調べることは大事ですが、それ以前にまず理想の睡眠パターンは人それぞれ生まれながらに決まっているのだから、それに合わせることで生産性が上がるという考えが非常に大事だと思います。

ぜひ自分にとっての最高の活動パターンと睡眠パターンを見つけてもらえればと思います。

光の重要性

睡眠の質や日中の生産性、気分に大きく関わっているのが光です。

特に重要な光が「日光」と「ブルーライト」の2つです。

まず「日光」については、朝からしっかり日光を浴びることで身体が目覚め、幸せホルモンのセロトニンが活性化して頭や体を起こします。

次に「ブルーライト」ですが、ブルーライトとはスマホやパソコン、テレビなどの電子機器から放たれる光のことで、ブルーライトは私たちを覚醒させる波長の光なので日中に見る分には問題ありませんが、夕方以降にブルーライトを浴びてしまうと体内時計が混乱してしまいます。

そのため就寝3時間前にはもうブルーライトは見ないようにするのが理想であり、そうすることで睡眠の質が高まります。

その理由は目に入ってくる光の量が減ることで、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されて良質な睡眠をもたらすためです。

要するに私たちは朝や日中にはしっかり日光を浴び、そして夕方以降はブルーライトなどの強い光は避けることを意識すべきです。

夜はコンビニやスーパーの強い光もできるだけ避けたいところで、夕方以降にはブルーライトカットのメガネを利用することもおすすめです。

また夕方以降はスマホやパソコンをナイトモードにするのもいいでしょう。

ナイトモードとはブルーライトを出さないモードですので、睡眠への悪影響を大幅に減らすことができます。

光と上手に付き合うことで睡眠の質を上げていきましょう。

睡眠に関する小技3選

睡眠の質を上げる簡単な小技を3つ紹介します。

小技その1【寝る体勢】

最も疲れが取れやすい寝る体勢は「横向きで寝る」ことです。

そして頭を10〜30度高くして眠ることが最も睡眠の質が上がる体勢です。

普通にマクラを使っていれば頭が10〜30度高くなるので簡単にクリアできると思います。

ただ横向きに眠るのはどうでしょう?

中には横向きだと眠りにくい方もいるかもしれません。そこでオススメなのが抱き枕を使うことです。

抱き枕を足に挟んだり抱きしめたりすると、横向きでも寝やすくなるのでお試しください。

小技その2【マウスピース】

マウスピースを使うことで「いびき」や「歯ぎしり」を防ぐことができます。

いびきや歯ぎしりは睡眠の質を下げますし、睡眠時無呼吸症候群のような病気の原因にもなります。

いびきや歯ぎしりの自覚がある方はぜひマウスピースを試してみてください。ぐっすり眠れて日中の爽快感が上がる可能性があります。

小技その3【炭水化物を極端に減らさない】

炭水化物を極端に制限すると睡眠の質が下がります。

体や脳に良い糖質は、玄米や全粒粉のパンなどの全粒穀物と果物、芋類です。ちなみに野菜でもニンジンやカボチャは糖質が多いです。

ぜひ以上のような食品から良質な糖質を摂ることを意識してみてください。

体は食べたものでできている

食事はとても超重要で、体も脳も私たちが食べたものでできています。

摂るべき食品は全粒穀物、野菜、果物、魚、鶏肉、豆類、ナッツ類、オリーブオイル、コーヒー、お茶です。

そして減らすべき食品はお菓子、加工肉、揚げ物、ファストフードです。

加えて腸内環境を良くする発酵食品も摂るべきで、例えば納豆、キムチ、ヨーグルトです。

お米や芋類は一度冷蔵庫で冷やすとメリットがあり、お米や芋類は5度くらいまで冷やすことで「レジスタントスターチ」というでんぷんが作られます。

このレジスタントスターチは直訳すると「消化されないデンプン」という意味で、レジスタントスターチは小腸でも消化されず大腸まで届くのです。

そして大腸で腸内細菌のエサになるので腸内環境が整います。

冷やご飯でも構わない方は、玄米を冷たいまま食べると健康に良いです。

食事の乱れは心の乱れや脳のパフォーマンス低下につながり、食事を整えることで身体に必要な栄養を取り込み、体内の悪いものを体外に排出します。

ぜひ睡眠、運動、食事を整えて脳の良い状態を保ち「絶好調」を目指しましょう。

性欲の莫大なエネルギーを利用する

結論から話すと「男性はポルノを見るのを止めてオーガズム(射精)の回数を7日に1回にする。」「女性はオーガズムの回数を増やし、週に2回以上にする。」というものです。

男性は「ポルノをやめる」「射精を週に1回にする」この2つが本書では推奨されています。

まずポルノですがエロ本やエロ動画などのポルノは脳に悪いと言われ、ポルノを見ると脳では簡単にドーパミンが出るため中毒になります。

これはお酒やギャンブル、薬物と同じで、努力しなくても簡単にドーパミンが出せる行為は人を中毒にします。

ドーパミンという脳内物質は私たちに快楽を与える物質ですが厄介な性質があり、それは同じ量では次第に満足できなくなって量を増やしていってしまうという性質です。

言うまでもなくお酒もギャンブル、薬物、ポルノもやりすぎると健康を害し、生活が破綻する原因になるので、上手に付き合う必要があります。

次に男性の射精については「週に1回くらいがいい」という話があります。

なぜかというと男性は射精をしすぎると「テストステロン」の値が下がってしまうからです。

テストステロンとは男性ホルモンの1つで、やる気と活力を与えるとても大事なホルモンですあり、このテストステロンが射精のしすぎによって減少します。

男性は射精するとテストステロン値が下がり約1週間かけて値がピークに戻るため、射精を週1回にすることでテストステロンによる活力を得ることができます。

ちなみにこの週1回という目安は心理学者のジョン・グレイ先生が推奨している基準でもあり、ジョン・グレイ先生は長年男女関係と性行為とホルモンの関係性について研究している学者です。そんなグレー先生も射精は週1回を推奨しているので試してみるといいかも知れません。

また適切な射精回数は年齢によっても変わり、目安になる式があります。それは(年齢ー7)÷4という式で、例えば27歳の人は(27-7)÷4=5ですので射精は「5日に1回」になります。

いずれも目安ですので自分で試しながらベストの感覚を探してみてください。

射精をした次の日の自分の気分や集中力を観察してみて、ベストを見つけていくのがいいと思います。

女性はオーガズムによって大きな力を得るので、男性とは違いメリットが莫大です。

例えば「ストレスが減る」「免疫力が上がる」「老化が抑えられる」などのメリットがあります。

もう少し掘り下げると性行為によって女性はオキシトシンやセロトニンがたくさん分泌されます。

オキシトシンは愛情ホルモンと呼ばれ、これが出ると「ストレスの軽減」「体の修復」「免疫力アップ」「脳機能アップ」「過度な食欲の抑制」などの効果があります。

そしてセロトニンは幸せホルモンと呼ばれ、「やる気やメンタルの安定」「気分を前向きにする」「脳機能アップ」「幸福感アップ」などの効果があります。

男性も性行為によってオキシトシンやセロトニンが出ますが、女性ほどではありません。

女性はオーガズムの回数を増やし、男性はオーガズムの回数を減らすという相容れない結論に至ってしまいましたが解決策があります。

それは性行為はするけど射精はしないという方法で、本書ではこれを推奨しています。

詳しいことは本書に書いてあるので気になる方はぜひ手に取ってみてください。

終わりに

今回紹介した「シリコンバレー式超ライフハック」では今回解説した睡眠・食事・性欲のことだけでなく、運動や瞑想、お金、幸福、人間関係、脳などについて網羅的に学べる本です。

とてもお勧めの本ですのでぜひ読んでみてください。

今回の知識が少しでもあなたの人生の役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました