日本未発売のフッ素入りリステリンをお得に購入する方法

日本のリステリンにはフッ素が入っていない!?

海外版リステリン?日本版と違うの?

ふとしたことから知った海外版のリステリン。

日本版とはまったく違うって皆さん、ご存知でしたか?

口臭予防として、日本版のリステリンを長年愛用してきた私には、これが結構驚きで、

「おいおい、同じじゃないんか〜い。」となんど突っ込みしたことか。

なんとなくのイメージですけど、日本版のほうが良さげな感じしませんか?

買い被り過ぎといわれてしまえばそれまでなのですが、メイドインジャパンを信用していたので、これまで海外版を意識したことがなかったのです。

ところが、ところが!(笑)

なんでも日本版には、フッ素という成分が入っていないらしい。

フッ素?なんとなく聞いたことあるような気もするけど、たいした違いはないのでは?

とおもっていたら大間違い。。。

以下、海外版のみ配合フッ素の二大効能

1. 虫歯菌を殺菌

2. 虫歯に対し歯をコート

おいおいおいおいおいおいおい。

メチャクチャ大事な成分じゃないですか。

確かに日本版のリステリンには、虫歯菌を殺菌するとは書いてない。

ちょっと驚き。

口臭にも効いたとしても、虫歯菌を制するにはフッ素が必要ってことなのね。

口内炎にも使えるリステリン!

口内炎にもリステリンは使えます!

この出会いによって、当然、私は海外版リステリン使いになったわけですが、この一連の流れによって、さらに学んだことがありました。

調べれば調べるほど出てきたのが、このリステリンのちょっと意外な活用法。

それが、なかなか便利なものばかりでしたので、今回はそのご紹介をしたいと思います。

まず、意外な活用法として、個人的に一番おすすめしたいのが、口内炎への適応!

口内炎は、口の中にいる雑菌のせいなので、リステリンはまさに適役らしいのです。

私も先日、試してみましたが、次の日には消滅♪

リステリンの強烈な殺菌力で細菌をやっつけてくれたようです。

また、口内炎治療で有名なチョ○ラBBと併用するとさらに良いみたいです。

それも今度試してみたいと思っています。

歯ブラシの除菌にも

歯ブラシ除菌にも使えるリステリンは神。

続いての意外な使用法としては、おすすめなのが歯ブラシ除菌。

一般的に歯ブラシは、月に一度は交換すべし、なんていう都市伝説がありますが、月1どころか、実はたった1回使用しただけで、細菌の繁殖は始まっているらしいのです。

そこで、このリステリン。強い殺菌力でブラシの細菌でさえも撲滅してくれます。

元々口にいれるものなので、安全性に関してもなんら心配することはありません。

使い方も簡単で、リステリンと水をいれたコップに歯ブラシを数分間浸すだけ。

リステリンと歯ブラシ、どちらも洗面台にあるもので除菌できるのは、とても手軽でありがたいです。

さあ、海外版リステリン、日本版と違ってちょっと興味沸いてきたでしょう。

海外版ならではのフッ素入りで、虫歯菌殺菌!口内炎にも!歯ブラシ除菌にも!

1本用意するだけで、多彩な役割をしてくれる頼もしい味方です。

海外版をお得に購入する方法

ここまで記事を読んでいただけたのなら、海外版リステリンが欲しくなってきたのではないでしょうか?

いざ、買おうとアマゾンで価格を見てみたら…その価格の高さに驚くでしょう。

メルカリで調べても、アマゾンと同じような価格で売っています。

その理由は簡単で、転売されている商品だからですね。

それならは個人輸入で直接買ったほうが、圧倒的にお得です。

「個人輸入」と聞くと、何か面倒くさそうに感じますが、今は便利なサイトがありますのでネットショッピングで簡単に買うことができます!

私のお薦めは「オオサカ堂」です。日本語に対応しており、サイトも使いやすいです。

クレジットカードが使用できないのが難点ですが、海外サイトにクレジットカード情報を入力するのは不安な私には丁度いいです。

銀行振込で代金を支払うこととなりますが、様々な銀行に対応しているので私は振込手数料が無料の楽天銀行で支払っています。

さぁ、この機会に海外版リステリンで「虫歯、口臭、口内炎」と無縁の生活を試してみて下さい!

↓下の画像をクリックするとオオサカ堂のページを表示できます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました