Takeru『月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト生活』から学ぶ『モノの持ち過ぎによる2つのデメリット』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モノの持ち過ぎによる2つのデメリット

モノを持ち過ぎることのデメリットは『時間』と『お金』の2つです。それぞれを説明していきます。

時間が奪われる

アナタもこんな経験ありませんか?

『物が多くて探し物が見つからない…』『物をなくしてしまった…』これこそ時間の無駄です。

ミニマリストになり無駄なものがなくなれば探す時間もなくなり、それだけ自由な時間を生み出すことができるのです。

命ともいえるあなたの大切な時間が、物を捨てるだけで生み出せるのです。

無駄な物があなたの大切な時間を奪っているかを考えてみると、恐ろしくないですか?

お金が奪われる

物を買えば当然出費が増えます。さらに贅沢な暮らしをすればそれだけ出費が増え、なかなか貯金は変わりません。

また高級車やブランド品は高いですよね。

仮にそういったブランド品が、本当にあなたが幸せに暮らすために必要ならいいんですが、もしそうでなかったらそれは不要です。

「これがなきゃ幸せになれない!」というものを厳選して買うようにしましょう。

幸せというのは、本当に人それぞれです。

ここでちょっとだけ考えてほしいですが、あなたにとって何が一番幸せでしょうか?

自分にとって一番幸せだという要素をはっきりさせて、そのために不要なものは捨てましょう。

これは私のおすすめですが、「これがあると幸せだな」って思うことを箇条書きでいいので紙に書いてみましょう。

家族・夢・遊びなど、「これがなくなると人生どうなるだろう?」と考えてみると、絶対必要な価値観だけ残すことができるんです。

「高級時計がなくても自分は生きていけるじゃん!」と気づけば、あなたの幸せの基準が見えてきます。

そうすればあなたにとって無駄なものがわかり、あなたなりのミニマリスト生活が見つけやすくなります。

お金で高価なものや無駄なものを買うのではなく、お金を使うならばあなたの将来の夢のための投資に使いましょう!

実際に著者のTakeruさんは、夢と関係ないものを3000個以上も手放してしていくことで、物に奪われていた時間とお金が自由になり、その時間とお金を将来の投資に使ったことで夢を実現させたんです。

現在の世の中は大量消費社会で、『物をもっと買いなさい!』『物を買えば幸せになれる!』など、あらゆる誘惑が存在します。

でもここでちょっと考えてみると、今まで物を欲望のままに買った結果、あなたは今幸せですか?

それで幸せだという人はそれでいいんだと思います。

でももし今が幸せじゃないという人がいたら、一度騙されたと思ってこのミニマリスト生活をやってみたらどうでしょうか?

消費社会から抜け出して、お金と時間から解放されるミニマリストという生き方が、あなたにとって幸せな生活に結びつく可能性があるんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました