心豊かに生きよう!ミニマリストしぶ「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」を解説する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

多くの人が抱くミニマリストのイメージは『ものを持たない人』かもしれない。

それは半分は正しくて、半分は間違っている。

ミニマリズムの本質はある、1点を目立たせるために他をそぎ落とす『強調』にある。

また、最小化のために最大化することもある。

そして減らすことは、ものに限らない。

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

今回はミニマリストしぶさんの著書『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』を解説していきます。

著者のしぶさんは、周りからお金持ちのボンボンといわれるほど裕福な家庭に育ち、欲しい物やしたいことは何でも叶ったそうです。

家の中はものだらけで、それはミニマリストならぬマキシマリストの家。

しかし中学進学の頃、お父様の自己破産によりご両親が離婚され、何でも手に入る裕福な生活から『お金がない』状況へと転落してしまいました。

裕福だった頃のギャップに慣れることができず、思春期だったことで物欲もみなぎっていた著者にとって、その後の暮らしはとにかく貧しく苦しいものだったそうです。

著者は19歳の時に1人暮らしに憧れ、お金が全然ので「新しい生活を始めるにはどうしたらよいのか?」を考えます。

たどり着いたのは一般的に必要とされる家具や家電を一切持たず、幸せそうに生活する人のブログでした。

その生き方に憧れ、著者のミニマリズムな生活が始まったんです。とても面白そうな書き出しですね!

本一冊を解説しようとすると、とんでもない文字の量になってしまうので、今回は『暮らし』『物と時間』『人間関係』の3つに絞って、それぞれの記事で解説しました。

いきなり冷蔵庫をなくせと言われても難しいと思うので、自分にできそうなものから生活に取り入れてみてください。

暮らしを自由にする

住居、家具家電(寝具、冷蔵庫、テレビ)、健康についての解説です。

最後には強制的に物を減らす『ある秘策』をお教えします。

物と時間を自由にする

支払い方法とそのメリットについて解説します。

「物の『小ささ』や『少なさ』にフォーカスするのではない」という話が刺さりました。

物の奴隷になることの恐ろしさと、物の奴隷になることを回避する方法も分かります。

人間関係を自由にする

ミニマリストになれば生活費が掛からなくなり、お金が余り始めます。

そこで貯金しすぎることの危険性を教えてくれます。

また人間関係の基本は『広く浅く』だと著者はいいますが、納得の理由がそこにはあります。 

終わりに

記事で解説したのはほんの一部分になりますが、著者の考え方を感じることはできるかと思います。

興味を持った方は、ぜひ本書を手にとってご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました