実際に使って効果を感じた【ゴキブリ対策グッズ5選】これでダメなら諦めろ!

今回はみんなが大嫌いなゴキブリの『最強対策グッズ5選』をご紹介します!

よくゴキブリ対策で使われるのが『ハッカ油』ですが、これは絶対に使ってはいけません。

なぜならゴキブリがいなくなる代わりに、ハッカ油の匂いが大好きな『シバンムシ』が湧くんです。

そしてこのシバンムシは、家の中のありとあらゆる物を食べるので、ゴキブリよりたちが悪い…。

さらにこのシバンムシに寄生する『アリガタバチ』は、人を刺します…。

なんてこった!絶対に『ハッカ油』だけは使わないでください。

ゴキブリの発生パターンは2つ

ゴキブリの発生パターンは2つあります。

  1. 窓やエアコンのホースを通って、外から侵入してくるパターン
  2. 家の中にゴキブリの卵が産まれて、そこから孵化して発生するパターン

2つ目のパターンは、考えたくもないですね…。

なので対策としては、『外からの侵入を防ぐこと』と『家の中にいるゴキブリをも殺す』の2つしかありません。

では早速、私のおすすめの対策グッズを紹介していこうと思います!

室外機防虫キャップ

まず1つ目は『室外機防虫キャップ』です。

こちらはエアコンの室外機についているホースからの侵入を防ぐためのキャップです。

ホースの先端に何もつけていないと、そこから普通に虫が入れる状態なので、そこから入ってきてエアコンの中とかにゴキブリがいるパターンが多いのです。

ゴキブリはエアコン排水ホースの水気を好んで集まります。

私がオススメするキャップは防虫剤が塗り込んであるので、100円ショップで売ってるものより防虫効果が高いです。

クローブスホール

乾燥スパイスとして料理に使用されるクローブが、ゴキブリの大嫌いな匂いです。

このクローブを100円ショップで売っているお茶パックの中に入れて、部屋の隅に置いておくことで、ゴキブリを寄せ付けません。

お値段も100g で700円もしないため、他の殺虫剤とかに比べても安いので、試しに使ってみて下さい。

注意点としては、子供やペットがいるご家庭では、誤飲の可能性があるので気を付けて下さい。

毒餌剤

毒餌剤とは、ゴキブリが好む匂いでおびき寄せて、殺虫成分を含んだ餌を食べさせることで駆除するものです。

毒餌剤には、『屋外用』と『屋内用』があります。

『屋外用』は玄関やベランダに置くことで、外から入ってくる前に駆除するグッズです。

『屋内用』はすでに室内にいるゴキブリを駆除するグッズで、ゴキブリがいそうな場所に設置します。

ゴキブリがどういったところにいるかというと、『あったかくて暗くて狭い所』が好きなので、冷蔵庫やテレビのような家電の裏側、タンスの裏側やキッチンシンクの下にいます。

おすだけアースレッド無煙プッシュ

こちらは隙間にゴキブリがいそうな隙間にプッシュすることで、ゴキブリを駆除できるほか、約1ヶ月間もゴキブリの発生を予防できる製品です。

これのいいところは、煙が出ない上に臭いもない低刺激タイプなので、人にも優しい成分になっています。

煙で殺虫するタイプのものは、薬剤がついてはいけないパソコンや家電製品にタオルをしいたり、火災報知機がならないようにカバーをしたりと、準備が面倒なんですよね。

それに比べて、「シュッ」とスプレーするだけで効果がこの製品は本当に便利です!

ゴキジェットプロ

即効性のある殺虫剤としては、これが一番です。

今まで紹介したものは即効性には欠けるので、実際に遭遇した場合に秒速でノックダウンさせられるのがこちらです。

成分に『イミプロトリン』という成分が入っているものが、強力でオススメです。

まとめ

色々と紹介してきましたが、まずは掃除をしっかりするのが大事です。

ゴキブリが家に入る理由は、水と餌があるからなんですね。

ゴキブリの餌になりそうな食べかすなどを掃除しないでいると、それを狙ってゴキブリがやってきます。

床をきれいにしておき、食べかすを放置しないことは、本当に毎日心がけてもらいたいです。

今日ご紹介したグッズがあれば、一人暮らしの女性など、頼れる人がいない場合でもゴキブリを退治・予防できます。ぜひ試してみてください。

最期までご覧いただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました