『お金持ちがしている100の習慣』ナイジェル・ガンバーランド著を要約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金持ちがしている100の習慣

今回はナイジェル・ガンバーランドの著書『お金持ちがしている100の習慣』を紹介していきます。

みなさん誰だってお金持ちになりたいですよね?私もなりたいです。

お金があったら一瞬で住宅ローンを完済でいきますし、今まで買えなかったものを買えるし、なんなら嫌な仕事を辞めてのんびり田舎暮らしすることもできます。

ただ「お金持ちになんてそうそうなれるもんじゃない…」と思いますよね。

なぜこう思うかというと、実は多くの人がお金持ちの真似をしているためなんです。

本当にお金持ちになりたいなら真似をするのではなく、稼いでる人の考え方を学んで、それを自分に合った方法で実践することが大事なんです。

この本にはそんな本当のお金持ちになるための考え方と、富を築くために必要な『やるべきリスト』が全部で100個も書かれていて、稼いでいる人の考え方を具体的に知れる貴重な本でした。

今回はこの中から、私がこの考え方は絶対に学んでおいた方がいいと思うものを4つ厳選して紹介します。

最後まで見れば身につけることが可能です。それではさっそく見ていきましょう!

お金持ちになりたい理由は明確か?

もう結論から言ってしまうと、お金持ちになる人は「なぜ裕福になりたいのか?」を理解していて、お金持ちにならない人はそれが漠然としているんです。

「いやいやお金はあればあるだけ良いでしょう!」

そう思ってる人もいるかもしれませんが、「なぜお金持ちになりたいのか?」という動機をちゃんと理解しておく必要があります。

というのも、人は100万円の次は1000万円、次は1億円、2億円、3億円と、人間の欲望にはキリがないからです。

お金持ちになりたい理由を明確にしておかないと、お金がたまっていても結局何のために稼いでいるのか分からなくなってしまって、人生の貴重な時間を無駄にして過ごすことになるんです。

ですから、まずは「お金持ちになりたい理由」を自分の中でしっかり持つようにしましょう。

例えばですが「自分が若い頃にした貧しい経験を、子どもたちに味あわせたくない」

「自分の兄弟より裕福になりたい」「同僚よりも成功したい」「借金を返して良い所に住みたい」など人によって色々だと思います。

どれが正しいとか、どれが間違っているということはありません。

ここで言いたいのは、「お金持ちになること自体が目的になっているのが無意味だ」ということなんです。

だって稼いでも使い道がなかったら、何のためにお金を貯めているか、何のためにお金を稼いでるがわからなくなりますよね。

ここで理由を考えるときに使えるお勧めの方法を紹介します。

それがマインドマップを使って理由を書き出すという方法です。

このマインドマップはリベラルアーツ大学の両学長おなじみなんですが、頭の中で考えていることを視覚的に書き出す思考の地図みたいなものです。

まず紙の真ん中に円を書きます。

そしてその中に「お金持ちになりたい理由」を書き込み、この円から放射状に枝を広げるように線を書き、浮かんできた言葉を付け足していきます。

もし理由が浮かびにくい場合は、次のヒントを参考にしてみてください。

  • 満たされていない夢や願望は何か?
  • 10年後、20年後、30年後にどんな人生を送りたいか?
  • 現在の生活で経済的に満足している点、苦労している点は何か?

これらをじっくり考えて書き出していましょう。

このリストが完成したら、その中でも最も重要なものを選んでいきます。その際、複数選んでもらっても大丈夫です。

このプロセスによって、自分にとって大切な価値観を理解することができて、お金持ちになるためのモチベーションが自然と湧いてくるようになります。

あなたがお金持ちになりたい理由は何でしょうか?

ぜひコメント欄で教えてください。

必要な資産額を答えられるか?

あなたはいくらお金があったら満足できますか?

この質問に答えられる人は案外少ないと思います。

ですがこの質問は、お金持ちになりたい動機を考えるのと同じくらい大事なことなんです。

なぜなら「どのくらいお金があれば満足できるか」は人によって違うからです。

2017年に給与ベンチマークサイトが行った調査によると、イギリスの平均的な20代の労働者は年間9万3000ポンド稼いでいれば自分が裕福だと答えていて、一方インドの労働者は2万5000ポンドだけあれば自分は裕福だと感じると答えているんです。

もちろん国によって物価や生活費は違うんですが、ここで大事なのは裕福さの基準に万国共通の答えはないということなんです。

ですから自分にとっての裕福さを明確にするだけでなく、自分にあった経済的な目標を設定することが大事なんです。

1つ目で話したお金持ちになりたい理由と合わせて、1年間の支出額、資産運用しているなら1年間で得られる配当収入の目標、十分といえる年収の目標を、大体でいいのでしっかりと考えてみてください。

目標と計画に基づき行動しているか?

富というのは残念ながら偶然手に入るものではありません。

大事なのは計画です。

資産管理会社レッグメイソンが2018年に行った調査では、投資家の77%が具体的な目標を決めて貯蓄や投資をやっていることが分かっています。

つまり資産を築くには、やることリストを書いて真面目に実行するタイプの人が有利だということです。

宝くじに当選した人は、お金をすぐに使い果たしてしまうとよく聞きますよね。

これは計画性がないためなんです。

具体的な計画がないから、どうでもいい人間やモノにお金を遣ってしまうんです。

ですからあなたが味方につけるべきなのは『細かい目標と計画』で、その場の感情や思いつきで行動をしている人は今から自分を変えましょう。

では具体的な目標や計画を立てるためにはどうしたらいいんでしょうか?

そこで使えるのが『スマート』と呼ばれるフレームワークです。

このスマートとは、具体的、測定可能、達成可能、現実的、期限付き、この頭文字を取ったもので、自分の立てた目標がこの基準を満たすようにすることで、具体的な計画に変えることができるんです。

例えば「不動産を所有したい」という漠然とした目標があったとします。

この目標をスマートに当てはめると、

  • 「総額1億円の不動産ポートフォリオを作成する」
  • 「5年以内に実現する」
  • 「小さな賃貸アパートを数件購入する」
  • 「エリアは学生がいる街にする」
  • 「銀行の不動産融資を活用する」
  • 「自分の貯金を手付金にする」

といった感じに書き換えることができます。

どうですか?かなり具体的な計画に変わりましたよね。

このスマートで目標を立てたら、中間目標を設定してより細かい計画を作成するのが重要なんです。

プロジェクト管理でよく行われているガントチャートという工程管理表があるんですが、それを作成して1ヶ月または3ヶ月単位で活動の進捗を図れるようにしておくと分かりやすくなります。

こうすることで自分の今の立ち位置を確認できるだけでなく、次に自分が行動すべきことを具体的に把握することができるんです。

「あーめんどくせー」と思ったそこのあなた!

お金持ちの人はこれくらい細かく計画を立てているんです。

だからこそお金持ちになる。他の人がやらないからこそお金持ちになっているんです。

夢を実現するために今日から細かく管理していきましょう。

短時間で効率的に仕事をしているか?

実はお金持ちの人に一番共通している点が『時間の使い方に厳しいこと』なんです。

これは何も経営者だからとかではなく、稼いでいるサラリーマンの人でも自分の1日の働き方をかなり考えていて、時間の使い方をはっきりとさせているのです。

ここであなたの1日の行動を思い返してみてほしいのですが、集中力の妨げになる重要度の低い雑務や短縮できる仕事はありませんか?

もちろん業務が忙しくなることはあると思いますが、無駄なことがずっと続いて当たり前になっている状態は本当にまずい状態です。

ここで大切なのは頭を使って効率的に働くことであり、わかりやすくいうと1日の行動の中で自分のためになる行動と不要な行動を見極めて働くことなんです。

例えば集中しているときにメールが届くと、イラッとして効率が落ちますよね。

ですからメールの通知はオフにして、「10時と15時にメールを見る」と時間を決めてしまうのです。

他にも毎日の面倒な数値管理は、ソフトやツールを使って自動化することで省くことができます。

こうやって自分にとって必要のない時間を省き、自分にしかできない業務に時間をかけて取り組んでいくんです。

本当に不思議なことに、お金持ちの人のほうが時間が余っているんですよ。

最近ですと私のことを誘ってくるお金持ちの人は、だいたい平日の昼間に「ホテルのラウンジでお会いしましょう」って方が本当になぜか多いです。

平日の昼間って普通無理じゃないですか。それが余裕なんですよね。

お金持ちになるためには、まずは自分がやるべき仕事とやるべきじゃない仕事をきちんと分けていきましょう。

終わりに

お金持ちの人は

  1. お金持ちになりたい理由を明確にしている
  2. 必要な資産額を答えられる
  3. 目標と計画に基づき行動している
  4. 短時間で高効率的に仕事をしている

という話でした。

今回紹介したこと以外に、この本にはお金持ちの人がやっている貯金の方法や投資の仕方など、お金を増やしていく方法があと97個も紹介されています。

興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました