バフェット太郎が帝王レイダリオが20・30代投資家への3つの忠告をわかりやすく解説

スポンサーリンク
帝王レイダリオが20・30代投資家への3つの忠告をわかりやすく解説

 史上最強の投資家の一人であるレイ・ダリオが、20代~30代のミレニアル世代に3つのアドバイスを送った。

 ミレニアル世代以外にも大変役に立つアドバイスなので、ぜひ参考にしてほしい。

スポンサーリンク

レイ・ダリオとは?

 レイ・ダリオはヘッジファンドの帝王とも呼ばれ、世界最大のヘッジファンドであるブリッジウォーターアソシエイツの創業者である。

 自身の純資産は2兆円をこえる、まさに史上最強の投資家の一人だ。

 運用スタイルは「最小のリスクで最大の利益を目指す」というもので、株式・債権・コモディティなどに幅広く分散投資している。

 2008年の金融危機においても、「想定外の事態が起きるのは当然」と考え、分散投資をしていた同社は、金融危機下にもかかわらず+12%の収益をあげた。

ミレニアル世代の資産運用の問題点

 ミレニアル世代の一番の問題点は、リスクを極端に恐れることである。

 その理由の1つとして、2000年ドットコムバブルと2008年金融危機の2つを経験していることがある。

 2つの金融危機ではダウ平均株価が4~5割下落し、その経験からミレニアル世代はお金に保守的になってしまった。

 暴落はリスク資産を買うチャンスであるにもかかわらず、暴落が脳裏に焼き付いたミレニアル世代は、リスク資産の株などを買うことができなかった。

 歴史的に見れば、米国株はあらゆる国難を乗り越えて、大きく上昇しているのにもかかわらずにだ。

 そんなミレニアル世代に次の3つの忠告をしたい。

忠告その1【貯蓄と負債について考えよ】

貯蓄について考えるべきこと

 貯蓄は自由と安全の源である。

 貯蓄があれば、生活の自由度は増し、万が一、ケガや病気で働けなくなっても、貯蓄があればしばらく生活には困らない。

 そのため以下の3点を明確にし、投資に回せる現金を最大化するべきだ。

  • 毎月、生活費にいくら使っているのか?
  • 収入の何割を貯蓄に回しているのか?
  • 今現在の貯蓄は、毎月支出額の何か月分にあたるか?

負債について考えるべきこと

 負債は貯蓄の助けになるほか、新たな所得を生み出す源となる。

 つまり、負債は必ずしも悪いものではない。

 見栄のためのローンは問題外だが、不動産などの資産を負債で買うことは賢明だ。

 なぜなら、負債で買った資産の所得で、負債がまかなえる場合もあるからだ。

 ただし、家族から借金をして株式投資をするのは間違いである。

 もし借金をした家族から「借金を返してほしい」と言われたときに、借金で購入した株式が含み損を抱えていた場合、自分の資産をなくしてしまう。

 家族との絆をリスクにさらすことは避けよう。

 お金は幸福な人生を築く道具の一つ。

 道具集めは人生の目的ではない。

忠告その2【現金以外の資産に分散投資せよ】

 投資は現金を貯めることから始まる。

 現金は最もリスクの小さい投資対象だが、長期的に見れば最悪の投資対象だ。

 その理由はインフレである。

 日本はデフレが長引き、インフレの恐怖を忘れている。

 世界各国の政府は2%のインフレを目指しており、そのため投資家は現金をリスク資産に投資する。

 そこで重要なのは分散だ。

 なぜなら最良の投資対象は誰にもわからず、もし間違った投資対象に大きく投資してしまった場合、大損してしまうからだ。

 分散することで、大きなリターンを得ることは諦めなければならない。

 集中投資は最高のリターンを得られるが、勝ち続けることは誰にもできない。

 分散投資でまずまずのリターンを得られれば十分なのである。

忠告その3【本能とは逆のことをせよ】

 大事なことは、誰もが悲観的になっているときに、自分は積極的に買い向かうことだ。

 つまり「悲観の中で買い向かう姿勢」が重要だが、それは人間の本能とは逆のことをすることを意味し、感情的に大変難しい。

 ではどうするべきか。

 答えは分散投資をした中で、リスク許容度の範囲内で買うことだ。

 具体的に説明すると、レイ・ダリオが個人投資家に勧めるポートフォリオは

  • 株式30%
  • 債権55%
  • 金7.5%
  • 金以外のコモディティ7.5%

であるが、もし大暴落がおきて株式の価値が下がり、ポートフォリオの20%に低下した場合、本来の30%になるまで機械的に株式を買い増すのだ。

 そうすることで感情に左右されず、悲観の中で買い向かうことができる。

 余談だが、レイ・ダリオは金以外のコモディティに、ゴールド以外の代替資産として銀とビットコインを挙げている。

 理由は、希少性が金と類似するためで、個人投資家もポートフォリオに組み込むべきだとしている。

まとめ

 これらの堅実な資産運用をすることで、飛びぬけたパフォーマンスを上げることはないが、確実に資産を増やすことができる。

 貯金だけをすることなく、リスクを恐れないで長期的な資産運用をしてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました