君はおいしい話を信じる?橘玲「得する生活―お金持ちになる人の考え方」を要約してみた

スポンサーリンク

はじめに

今回は橘玲さんの「得する生活−お金持ちになる人の考え方」を要約していきます。

この本はタイトル通り「お金持ちになれる人の考え方」を紹介し、豊かになろうというコンセプトで書かれています。ただ単に「こうやったらお金が儲かるよ」という浅い話ではなく、そもそも貨幣とは何なのかから始まる、とても面白い一冊です。

では早速、橘玲ワールドへと皆様をお連れしましょう。

スポンサーリンク

第1章 貨幣経済という奇妙な宗教の国に生まれて

本書は以下の話から始まります。

「神様と貨幣はよく似ている。お金と神様は同じであり、宗教である。私たちは貨幣経済という奇妙な宗教の国に生まれた。だから私たちがこの世で生きていくためには、好むと好まざるとに関わらず、この奇妙な宗教の信者になるしかない。」

貨幣が価値を持つのは、誰もがそれを貨幣と信じて疑わないからです。

一万円札に価値があるのは、高価な紙で作られているわけでも、一万円札作るのに1万円かかるわけでもなくて、単に私たちが一万円札と書かれた紙切れに「1万円の価値がある」とする奇妙な宗教を信じているからなのです。

ただの紙切れに価値があるというのは、一種のホラ話みたいなものですね。どうせデタラメなんだから、貨幣は石ころとか貝殻でも構いません。現在では銀行の預金通帳に打ち出された「電子データ」が貨幣だと信じられています。

大事なのは貨幣の材質ではなくて、 実態のないものに価値を認める「信仰心」です。貨幣経済とは貨幣を神様と崇める宗教です。神様をこの目で見ることができないのと同様に、貨幣の実在を客観的に証明することもできません。

理屈の上では一万円札は「日本国の資産」を担保に発行されています。かつては貨幣の担保として中央銀行は「金」を保有していたのですが、現在の担保は日本国債です。

国債というのは国家の借用証書で、貨幣と交換してくれるます。貨幣は国債によって担保され、国債は貨幣で担保されているわけなのです。

これは新興宗教の教祖が「私が神であることは、神である私が知っている」と述べているのと同じ理屈です。何の根拠もないのですが、信じるのはその人の勝手でしょう。貨幣を「神」とするなら、貨幣経済は「唯一の世界宗教」です。

地球上には国ごとに異なる神がいますが、その神々は一定の比率で交換可能なのです。キリスト教徒、イスラム教徒、仏教徒だろうが、貨幣を神と崇める世界宗教から自由になることはできません。

私たちがこの世で生きていくためには、好むと好まざるとにかかわらずこの奇妙な宗教の信者になる他ないのです。

日本人が日本国を信用しなくなると、日本円という貨幣の価値が低下します。それは日本の神を「海外のもっと魅力的な神」に交換したいと考えるからです。国民が紙切れに過ぎないと気づいたときに、貨幣制度は崩壊します。

幻想が剥がれてしまえば、一万円札もただのゴミと変わりません。貨幣制度というのは共同幻想によって支えられいます。貨幣に囚われているのは、夢や幻に囚われているのと同じです。

人が一匹の動物として生まれ、成長し、老い死んでいきます。この自然の摂理を前して、貨幣の多寡に何の意味があるのでしょうか。

その一方で私たちの人生が、夢や幻によって作られていることも否定できません。なぜなら人間は、幻想から現実を創造する生き物だからです。

貨幣経済の下では、貨幣という幻想を拒絶して生きていくことはできません。

カール・マルクスは「人間は社会的存在である」と言いました。マルティン・ハイデガーは「実存は世界内存在である」と述べました。どちらも言っていることは同じです。

社会や世界は幻想でしかありませんが、私たちはそこでしか生きられないのです。だからこそ貨幣経済という奇妙な宗教の国で、上手に立ち振る舞うことのできる「知恵」が必要となってくるわけです。

第1章まとめ

  1. 貨幣経済とは、貨幣を神様と崇める宗教である。
  2. 貨幣を神とするならば、貨幣経済は唯一の世界史宗教だ。地球上には国ごとに異なる神がいるが、その神々は一定の比率で交換可能である。
  3. 貨幣経済という奇妙な宗教の国に生まれた私たちは、その世界で生きていくほかない。だからこそその世界で上手に立ち振る舞う「知恵」が必要となってくる。

第2章 金持ちと貧乏には経済的な理由がある

世間一般の常識には次のようなものがあります。

『貧乏人は心が美しく、金持ちは性格が悪くてずる賢い奴しかいない。』

残念ながらこの一般常識は間違ってます。

あらゆる社会調査によれば、成功者ほど他人を信頼し、貧乏人ほど疑い深く猜疑心が強い傾向が顕著に表れています。

同じように、高学歴者ほど他人への信頼度が高く、学歴が低くなるにつれて他人を疑いやすくなることが分かっています。私達の思い込みに反して、学問はこのような残酷な真実を告げています。

「人を見たら泥棒だと思え」と常に人を疑う事は、閉鎖的な村社会においては正しい行動です。閉じられた共同体の中で一生を終える村社会においては、異物を効率的に排除することで安定した社会が実現できるからです。

しかし現代のような開放的な市場経済では、「人を見たら泥棒だと思え」という村社会の掟は、経済的に不合理な行動となってしまいます。

なぜなら、人を疑う傾向にある人は「仲間内」でしか商売ができず、共同体の外部で経済的な関係を築くことができないからです。それではビジネスチャンスを獲得できず、変化の激しい社会には通用しません。他人に騙されないようにするためのコストが大きすぎるのです。

そこで高い知性の持ち主は、もっと効率的な戦略を考えるのです。彼らは一定の条件を設定し、それをクリアした人をとりあえず信頼することにします。

もちろん詐欺師や嘘つきは世の中にいます。しかし相手が信頼に値しないと分かったら、その時点で切り捨てれば良いのです。

騙されることによる損失は避けられませんが、そのデメリットを上回るほどのメリットが得られるのです。

それは人間関係とビジネスチャンスです。

人は誰でも騙されたくないとは思いますが、騙されることは成功に必要なコストの一部です。騙されない様に全員を疑って、仲間内だけでしか商売しなければ売り上げも立ちません。

今では世界を相手に物を売らなければならないので、村社会から出てグローバルな世界で経済活動を行わなければならないのです。

突然ですが、教育を受けることのメリットはなんだと思いますか?

教育を受けることのメリットは「人的資本の蓄積」です。人的資本とは働いてお金を稼ぐ力のことです。私たちが教育を受けて知識や技術を獲得すれば、それが労働生産性を高めて将来の賃金を上昇させます。

当たり前ですがコンビニ店員よりも、医者や弁護士、プログラマーの方が給料が高いのは、彼らがより大きなお金を稼ぐ力すなわち「人的資本」を持っているからです。そしてこの人的手法は教育によって獲得されるのです。

アメリカでは大学教育の投資効果がしっかりと調べられています。高卒と大卒の生涯収入の差を教育費用と比較した場合、その投資効果は年率10%を超えるとされています。アメリカの大学生が借金をしてでも大学を卒業したがるのは、それが将来ペイできる取引だからです。

日本でも同じような調査が行われました、その結果は大学教育は年利6〜9%の投資効果が期待できるとの結果が出ました。これは現在の低金利時代を考えれば圧倒的に有利な投資先です。

人は教育を受けなくても成功することができます。マイケル・ジョーダンはバスケットボールで、ベッカムはサッカーで圧倒的な人的資本を持っていたでしょう。経済的な成功は、学歴のみで決まるわけではありません。しかし効率的な労働市場において、教育・技能・知識などの人的資本を持たない個人が平均より高い報酬を得ることは困難です。

そして経済学には人的資本のほかにもう1つ重要な概念があります。

それは「関係資本」という概念です。よい関係資本を持つ人はより多くの収益機会を獲得でき、関係資本はビジネス上の人的ネットワークであり、富を生む源泉なのです。

ビジネスであれ恋愛であれ、良い人間関係は信頼によって育まれます。他人の信頼を得るには約束を守らなくてはいけませんね。市場経済においては、信頼は失うもの多寡によって計測されます。

社会的に成功し大きな資産を築きビジネスパートナーに恵まれた人は、他人を騙すことで得る多少のお金よりも失うものが遥かに大きいため、自己の評判を維持するために積極的に約束を守ろうとします。

その一方で失うもののない人物は、簡単に約束を反故にします。他人を裏切って手にする富のほうが魅力的だからです。

社会正義や清貧を語る人物が、僅かなお金で手のひらを返したように人格を変容させるのは珍しいことではありません。20代ならともかく、40歳を過ぎても金も地位も家族もなければ、社会的な信用を得るのは難しいです。

人的資本の蓄積は経済的な成功をもたらし、成功者はお互いを信頼し合うことで関係資本を築き、より多くの収益機会を手に入れていきます。

信頼を失った者は誰からも相手にされず、人的資本も関係資本もなくなり、ますます貧乏になっていく。これが私たちの社会の現実です。

このような理屈があるからこそ、お金持ちの方が人を信頼し、貧乏人の方が人を疑う傾向にあるわけなのです。

関係資本という概念は、現在では評判資本や評価資本と言われることもあります。

これからは「お金よりも他人からの評価のほうが大事だよね」「他人からの評価がなければ、これからは仕事だって獲得できないし稼ぐこともできないよね」とあらゆる本で言われていて、既に皆さんもどこかで一度は聞いたことがあるかもしれません。

そしてお金持ちは評判資本がどれだけ重要なものなのか、身にしみて知っています。目先のお金より評判資本の方が重要だということを、心の底から理解しています。だからわざわざ約束を破ったり人を騙したりして、自分の評判を落とすことはしません。

お金持ちには余裕がありますので、人を騙して利益を得ようとする必要もありません。そして貧乏な人はお金もありませんが余裕もないので、お金持ちよりも人を疑ったり人を騙したりする確率が高くなるのです。

貧乏人はそもそも評判資本がないので、人を騙して悪い評判が流れたところで、失うものが何もない場合が多いのです。

第2章まとめ

  1. あらゆる社会調査によれば、成功者ほど他人を信頼し、貧乏人ほど疑い深く猜疑心が強い傾向がある。同様に高学歴者ほど他人への信頼度が高く、学歴が低くなるにつれて他人を疑いやすい傾向が分かっている。
  2. 人は誰でも騙されたくないが、騙されることは成功に必要なコストの一部である。ときに人を信用して騙されたとしても、一定の基準をもって人を信用することでそれを上回るだけの人間関係とビジネスチャンスというメリットが手に入る。
  3. 教育を受けることのメリットは、人的資本の蓄積である。教育を受けて知識や技術を獲得すれば、それが労働生産性を高めて将来の賃金を上昇させる。人的資本に加えて、良い関係資本を持つ人はより多くの収益機会を獲得できる。関係資本はビジネス上の人的ネットワークであり、これが富を生む源泉なのだ。

第3章 クレジットカードが世の中のカラクリを教えてくれる

突然ですがここでクレジットカードの話をしましょう。それはクレジットカードによって、世の中のカラクリが見えてくるからです。

クレジットカードは世にも不思議な道具です。クレジットカードを使えば、タイムマシーンに乗ってお金が未来からやってくるからです。さてあなたは自分の財布の中にあるクレジットカードという不思議な道具について、どれだけ理解しているでしょうか。

例えばあなたが恋人に1万円の花束を贈るとしましょう。花屋に行って好きな花を選んで、レジで1万円札を出すか、現金の代わりにクレジットカードで支払うことだってできます。クレジットカードなら花束を手に入れても、財布の中の現金は減りません。その代わりに代金の1万円はあなたの銀行口座から引き落とされます。

ところで花屋はなぜ代金を受け取らないで花束を渡してくれるのでしょうか。それは「1万円の代金が確実に回収できる」と知っているからに他なりません。

不思議ではありませんか?花屋があなたの預金通帳を見たわけではありません。あなたの銀行口座に100円しかなかったら、どうするんでしょうか。しかし花屋はそんな心配をしなくていいのです。花束の代金はあなたではなく、クレジット会社から支払われるからです。

花屋はあなたに1万円の花束を渡し、代金の1万円はクレジット会社から花屋に支払われます。クレジットカードはあなたの銀行口座から1万円を引き落とすだけの取引に見えますが、ここに大きな欠陥があります。クレジット会社の利益がどこにも見当たらないのです。

もちろん彼らはボランティア団体ではありませんから、クレジット会社は花屋から手数料を徴収しています。その手数料率を5%とすると、クレジット会社から花屋には9500円しか支払われません。あなたの銀行口座からは1万円が引き落とされるので、差額の500円がクレジット会社の利益になるわけです。

あなたはクレジットカードを使って、1万円の花束を恋人に贈りました。しかし実際には花屋が受け取るのは9500円です。ということは花家からすれば、1万円の商品を9,500円に値引きして売ったのと同じですよね。

これを聞いて「クレジットカードって店側が手数料払ってんのか可哀想だな」と思うかもしれませんが、実は店側が払っているのはクレジット会社の手数料だけではないのです。

花屋はクレジットカードを使う顧客に対して、無料で時間を売っているのです。当たり前ですが失われた時間を取り戻すことはできません。そして貨幣経済においては、価値のあるもの全てに値段が付けられています。

そして時間にも値段があります。今ある1万円と1週間後に手にするはずの1万円では、値段が違うんです。そうです。現在の1万円の方が価値が高くて、1週間後の1万円は価値が低いのです。

貨幣価値は時間によって目減りします。目の前の1万円は間違いなくあなたのものですが、1週間後にもらえるかもしれない1万円には、常に一抹の不安が付きまとっています。

それは誰も未来を正確に知ることはできないからで、この不安のことを「リスク」と言います。

さらに受け取った1万円を銀行に預けておけば、利息がもらえることに気づいた人もいるでしょう。1週間後に手に入るはずの1万円は、その間の利息分だけ損していることになるのです。

例えばあなたが暮らしているのが「1週間で1%の金利がつく世界」だとすると、現在の1万円は1週間後には10,100円に増えているはずです。1週間後にもらえる1万円では、この100円の利息をまるまる損することになります。

さてたったこれだけの説明で、金融業の革新に辿り着いたのがお分かりでしょうか?

金融業の革新とは、「現在価値」は将来価値からリスクと受け取れるはずだった利息を割り引いて求める。「将来価値」は、現在価値にリスクと受け取れるはずだった利息を加えたものであるという大原則です。

現在価値とは目の前にある1万円のことです。

将来価値は例えば1万円の引換券と交換に、1週間後に受け取れるはずの1万円です。現金で受け取れば得られるはずの利益に、不確定な未来の不安(あなたが死んでしまうリスクや相手が詐欺師であるリスク)を加えた分だけ将来価値が高くなければ、現在と未来の貨幣の交換は割が合わないんです。

見知らぬ男が「1週間後に1万円と引き換えてもらえる引換券を1万円で買わないか?」と持ちかけてきたとしましょう。あなたはこんな与太話には騙されないはずです。

それは現在価値はリスクと金利を加えた分だけ、割り引かれていなければならないからです。相手の男が見るからに怪しげならばリスクは無限大となり、現在価値は限りなくゼロに近づきます。

未来の価値を現在に換算したのが「割引現在価値」で、これがすべての金融取引の基礎になります。それなら全てのクレジットカードは、支払猶予期間をできるだけ長くするように使うのが経済合理的だと気づきましたか?

ここまでクレジットカードを通して、大切な金融業の本質について語ってきました。クレジットカードという狭い話をしてるのではなく、私たちの世界にある金融業や私たちが今後も関わっていかなければならないお金について重要なことを語っているので、ちょっと脳トレだと思って理解して欲しいと思います。

今日の話を聞けば、クレジットカードは支払猶予期間をできるだけ長くするように使うのが経済合理的で賢いことが分かり、他のお金に関する事柄にも応用することができるでしょう。

さて突然ですが、金融商品とはタイムマシンです。銀行にお金を預けると、なぜ利息がもらえるのかあなたは知っていますか?

それはあなたが銀行に時間を売っているからです。

銀行預金とは、口座から現金を引き出すまで貨幣の使用を先送りする取引です。銀行に与えた時間の対価として、利息が支払われるわけです。

その一方で世の中には時間を買いたいと考える人もいます。例えばあなたがこれから10年間、年間10万円ずつ貯金するとしましょう。10年後には100万円が手元にあります。金融のタイムマシン効果を利用すれば、将来の100万円を目の前の現金に変えることができます。

しかし受け取ることのできる現金は、100万円よりもずっと少ないです。現在価値は常にリスクと金利分だけ割り引かれていなければならからです。100万円の将来価値に対して、受け取った現金(現在価値)を90万円としましょう。差額の10万円がタイムマシンの使用料です。

これ毎年1万円ずつ分割払いしたものが金融機関に支払う利息です。銀行は預金者から「時間」という原料を購入し、それを住宅ローンとか企業向け融資に加工して販売しているのです。

時間の購入代金と販売代金との差額が、銀行の収益になります。このように考えれば金融業は「時間の仲介業」であることがよくわかるでしょう。

時間にもちゃんと値段が付いていることが分かってもらえたと思います。そうすると世の中には時間を無料で売るお人好しがいることにも気づくでしょう。

クレジットカードを使う人ならわかると思いますが、カードを使えばカード利用から引き落としまで最短で25日、最長で515日ぐらい支払いが先送りできますよね。カードの利用者はその時間を買っていることになるんですが、一括払いの場合なんと利息や手数料は一切不要です。

実はこれはすごく驚くべきことなんです。

金融の世界では時間は無料では購入できないからです。あなたか時間を無料で買っているということは、どこかに時間を無料で売っているお人好しがいるのです。それはクレジット会社ではなく、販売店です。

あなたが1万円の花束をカードで購入すると、花屋はその代金をすぐに受け取れません。カードの売上から入金までの期間は販売店とクレジット会社の契約で決まりますが、多くの場合は売り上げから支払いまで最長で60日もかかります。

ここでは便宜的にカード売上から入金までの期間を60日、銀行預金の金利を年3%としましょう。1万円を2ヶ月預けると、50円の利子がつく計算になります。顧客がカードを利用すると、5%の手数料を引かれて2カ月後に9500円入金されます。

現金払いの客から1万円札を受け取りそれを銀行に預けておくと、2カ月後には1万50円になります。その差額は利息分も含めると550円になります。ということは花屋は1万円の花束を9,450円に値引きして売った事と同じです。

さらに販売店によっては、クレジットカードの2回払いやボーナス一括払い、ボーナス2回払いが可能なこともあります。その支払い方法を選んでも利息は発生しません。時間が長い短いにかかわらず、支払回数が2回以下ではクレジット会社は手数料を取れないルールがあるためです。

このルールを利用することで、無料で時間を購入する期間を大幅に伸ばすことが出来るのです。

例えば15日締め翌月10日払いのカードの場合、2回払いでは最長110日の支払いを繰り延べられます。6月16日にボーナス一括払いで商品を購入すれば、引き落としは翌年の1月10日なので、繰延期間は208日になります。ボーナス2回払いなら1年超無利子でお金を借りるのと同じことです。もちろんその間の利息は、販売店が建て替えています。

全てのクレジットカードは、支払い期間をできるだけ長くするように使うのが経済合理的です。販売店は利息分を商品価格に上乗せしているので、カード払いの客で損した分を現金払いの客が埋め合わせているのです。

第3章まとめ

  1. 金融業の核心とは、「現在価値」は将来価値からリスクと受け取れるはずだった利息を割り引いて求め、「将来価値」は現在価値にリスクと受け取れるはずだった利息を加えたものであるという大原則のことである。
  2. 金融の世界では時間は無料で交換できないはずなのに、一括払いや2回払い、ボーナス一括払いやボーナス2回払いなど手数料のかからない場合がある。これは時間を無料で購入しているのと同じなので、全てのクレジットカードは支払猶予期間をできるだけ長くするように使うのが経済合理的で賢い。

終わりに

最後に1つだけお金に関して最も重要なことを述べたいと思います。

それは「自分のところにやってくるうまい話は全て無視すること」です。

世の中には善人のふりをして「儲かりますよ」と甘い話を持ってきて、あなたを騙そうとする人であふれています。「この商品を買えば儲かる」「この不動産を買えば儲かる」「この不動産は今、安いからお買い得ですよ」といった話があなたに来た場合、全て無視してください。

これを徹底するだけで、騙されたり詐欺に遭う確率が大幅に減ります。

たとえば本書に紹介愛されていたうまい話は、50万円とか100万円で2LDKの豪華なリゾートマンションが買えるというお話です。しかし実際は裏があり、そのリゾートマンションを一度所有してしまうと、所有している限り永久に管理費を払う必要があり、多くの人はその管理費を支払う責任を放棄したいからあなたに格安で売りつけようとしているという話です。

たしかに世の中においしい話はあるかも知れませんが、わざわざ他人があなたのところに持ってきてくれる話の中においしい話なんて絶対ありません。

だって本当に美味しい話があるなら、わざわざ他人に教えないで自分でやるでしょう。または自分の親とか親戚とか友達に教えるでしょう。なんで他人のあなたに持ってくるんですか?それはその話が美味しくないからです。

そのことは、あらゆるものが「不確か」なこの現代で、「確か」なことなのです。

今回はお金について本質的な話もしてきましたし、役に立つ話をしてきました。ぜひ今日の話の知識を、日常生活の中で生かして使っていただけると嬉しく思います。

またお金について「なんでこういう仕組みになっているんだろう?」「これはどういう原理で儲かっているんだろう?」と考えることも、お金の感度を高めるための非常に良いトレーニングだと思うので、ぜひ日常生活の中で考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました