英語が苦手でも大丈夫!スイスボーグウェルスアプリの新規登録方法を徹底解説!CHSBをゲット!

スポンサーリンク

スイスボーグに興味を持たれた皆さん、いざアプリをダウンロードしようとして戸惑いませんでしたか?

そうです。スイスボーグウェルスアプリは、日本語に対応していないんですね。

そのため英語で登録することになるのですが、その登録手順を1つずつ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

アプリのダウンロード

まずはアプリをダウンロードしてください。

下のリンクからダウンロードすると、ビットコインが貰えます。

Refer friends and get rewarded | SwissBorg
Every successful invite earns you and your friends a SwissBorg Rewards Ticket valued at up to €200 in CHSB.

電話番号の登録

電話番号の登録は、左の欄で「JAPAN+81」を選択して、右の欄に自分の電話番号を入力するだけです。

コードを入力

先程、入力した電話番号に6桁の数字が送られてくるので、それを入力しましょう。

パスコードを決める

4桁のパスコードを設定します。

今後、アプリを開くたびに入力することになるので、忘れないようにしましょう。

プライバシーポリシーへの同意

プライバシーポリシーに同意するにチェックマークを入れ、「NEXT」をタップします。

ここで書いてある内容は、以下の通りです。

「アカウントを設定しましょう。ほんの数分しかかかりません。

当社は、アカウントを保護し詐欺を防ぐためお客様の基本的な個人情報を収集します。

EUの一般データ保護に準拠する規制に基づき、お客様のデータを保護します。」

氏名・生年月日・国籍の入力

1段目に「名前」をローマ字で入力。

2段目に「名字」をローマ字で入力。

3段目に「生年月日」を選択。

4段目に「国籍」を選択します。

文字の確認

身元確認のため身分証のデータを送信するのですが、その身元確認書類にアルファベット以外の文字が含まれているかの確認です。

私は日本の運転免許証で身元確認をしましたが特に問題なかったので、ここでは「My details are correct」をタップして、次に進みます。

メールアドレスの入力と確認

メールアドレスを入力して、「NEXT」をタップしましょう。

メールアドレスは、セキュリティとトランザクションのために使用されます。

入力したメールアドレス宛にスイスボーグからメールが届くので、届いたメールを開き、メールアドレスの確認をします。

メールアドレスの確認が終わるとこの画面がでるので、アプリに戻って次の住所の入力に進みます。

住所の入力

住所を入力するのですが、検索欄で検索しても出てこないので、「ENTER ADDRESS MANUALLY」をタップし、次に進みます。

国を選択します。

その後、住所の入力をするのですが、海外では細かい住所から先に書くので、建物と部屋番号、地番、市区町村、都道府県、郵便番号をローマ字で入力していきます。

質問への回答

1段目が投資経験、2段目が総資産、3段目が職業、4段目が資金源、についての質問ですので、選択肢の中から入力していきます。

身分証の確認

身元確認に進みます。

「プライバシーを尊重し、提供された情報は安全に保存され、共有されません。」と書かれています。

身分証の確認には2分もかかりません。

手順は、身分証明書の写真を取り、自分の写真を取ります。

写真撮影する身分証明書を、4つの中から選択します。

私は「DRIVER’s LICENSE」を選択し、運転免許証を撮影しました。

写真撮影するため、端末にカメラ撮影の許可を出します。

運転免許証の表と裏を撮影します。

自身を撮影する

顔を撮影するので、まっすぐ前を向いて、マスクやサングラスは外しましょう。

楕円の中に収まるように、写真撮影します。

終わりに

お疲れ様でした!これで手続きは終了です。

スイスボーグが審査した後に、アプリが使用できるようになります。

私の場合は、ほんの数時間後にはアプリを使用できました。

当然ながらアプリも日本語にはまだ対応していませんが、感覚的に分かるような非常に使いやすいアプリです。

ぜひお試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました