東大に入学したら、不幸になった?!池田渓『東大なんか入らなきゃよかった』から、東大生の3つのタイプを解説する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東大生はピンキリ

今回は池田渓さんの著書『東大なんか入らなきゃよかった』から、東大生は実はピンキリで、大きく3つのタイプに分かれるという話を解説します。

東大生の3つのタイプとは、『天才型』『秀才型』『要領型』で、それぞれを解説します。

天才型

まず天才型ですが、これはもう本当に頭がズバ抜けていい人で、集中力と頭の回転が桁外れ、勉強でも仕事でも普通の人の半分の時間でこなせます。

この天才型は東大生の中でも1割かそれ以下しかなくて、偏差値72.5の日本最難関『理三』に特に多いです。

そもそも東大生は各学年3,000人で、その中のトップ100人が 『理三』で、ほとんど医師になるという学部です。

また他の天才型は卒業後にキャリア官僚になったり、在学中に司法試験に合格したり、海外の有名な大学に研究者として招待されるような人達です。

性格も良くて家柄も良く、高い知性と教養にあふれた人物であることが多いそうです。

ただ中には若干サイコパスな人もいるそうなんですが、持ち前のスペックで補って、周りはさほど不快にならないように振る舞うので、魅力的な人物になっているそうです。

秀才型

2つ目のタイプは秀才型です。

世間が東大生に抱くような『真面目で勉強熱心なタイプ』で、小学生の頃から塾に通って同級生が遊んでいる中でも真面目に受験勉強してきた、コツコツ努力ができる人たちです。

天才型はもう規格外ですが、このタイプも頭の回転を速く、他の人より努力してきた分だけ優秀な人が多いです。

卒業後は文系なら公務員や民間の商社や金融、理系なら大学院を卒業して製造や情報、通信分野の上場企業の技術職、また資格を取って薬剤師や獣医師になる人もいます。

著者の感覚では、東大生の半数以上がこの秀才型です。

しかしこのタイプは弱点があって、それは自分で未開の土地を開拓して、新しいレールを引いていくのが苦手です。

その理由は2つあって、1つ目は『正解がないことへの対応力が弱いこと』です。

東大を受験するまで義務教育で9年、高校で3年、明確な答えがあるテストを解き続けてきました。

それも結構独特でして、例えば東大の入試では数学などは回答に斬新な発想を要求される問題が出るんです。

でもその手の問題は『捨て問』(解答を放棄すべき問題)と見切りをつけて、試験時間を教科書レベルの問題にのみ有効に使い、ミスをせず確実に点を取るのが合格するためのセオリーなんです。

だからこの秀才型の人にとって、前例がないことや明確な答えがないことに対して、試行錯誤して挑むことは、実は苦手なんです。

そしてもう1つは、失敗して人から批判されることを、極度に恐れる傾向があります。

東大に入れる人は、小さい時から「神童だ!頭がいい!」と褒められて育ちます。

それは当然プレッシャーにもなりますが、長年その期待に応えているとプライドはどんどん大きくなっていきます。

それゆえに、そのプライドが失敗を許さないんです。

なんでもできる分、新たな挑戦をするときも「初めから完璧に成功しなければならない」と考えてしまうんです。

受験勉強が得意なこの秀才型が受験勉強では学べなかったことは、正解のない課題に取り組む『チャレンジ精神』です。

ちなみに天才型は、できないことでも並外れた才能で克服して、たちまち成果を上げるというスキルを持っているので、新しいことにも挑戦する人が多いそうです。

要領型

3つ目のタイプは、要領型です。

このタイプは東大入試を主にテクニックでクリアしてきたタイプで、東大生の3割はこのタイプです。

東大受験は難しさよりも、問題の量がとにかく多いという傾向があります。

そのため、そもそもの必要な知識量が多いんですが、この要領型はこの膨大な量の暗記をこなして、とことん効率を重視します。

ある意味では手抜きを覚えている人です。

このタイプは中学高校での勉強は、すべて東大に受かるために当てて、学門的な意義など関係なし、東大に出題されない分野はシカト、配点が低い分野も全部シカトです。

東大の合格ラインは6割なので、このタイプは合格するためだけに勉強するタイプなんです。

この方法はメリハリが効いていると言えば聞こえはいいんですが、いかに手を抜いて東大入試を合格するかが目的の、東大に合格するためだけの方法です。

実際、東大に受かったのに、滑り止めで受けていた早稲田や慶応は落ちた、なんてことが実は起きているんです。

このタイプは確かに要領が良く、何でも新しく始めてみると比較的うまくいきます。

しかしある一定以上のレベルからは、継続して努力を積み上げている人にはかないません。

数年間だけ積み上げた東大入試のためだけの要領の良さでは、大学での専門的な学問や、社会に出てからの仕事や人間関係には、通用しないことがあるんです。

ビジネスの現場で「東大生なのに思ったほど使えない」と言われてしまう東大卒は、実はこのタイプなんです。

そしてこの要領型が、東大生でいうピンキリの『キリ』なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました