東大に入学したら、不幸になった?!誰も教えてくれない不都合な真実がここにある!池田渓『東大なんか入らなきゃよかった』を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回は池田渓さんの著書『東大なんか入らなきゃよかった』を紹介していきます。

『東大』と聞くと、あなたはどう感じますかね?

『頭がいい』『仕事もできる』『年収も高い』など、最高のイメージが東大にはありますよね。

著者の池田さんは東大出身なんですが、実は『世間でイメージされている東大』と、『実際の東大』は全然違うとこの本で言っています。

「東大生だからといって、頭がいいわけではない。」「東大の看板が逆に大きな負担になる」といった内容で、読んでいて驚くような内容が満載です。

在学していたからこそを書ける東大の裏側、本当の事実の部分を書いているんです。

今回はその中でも、特別面白かった内容を厳選してお届けします。

特に最後の方で話す『東大生の苦悩』はびっくりする内容になっています。

東大生はピンキリ

東大生は、大きく3つのタイプに分かれます。

それは『天才型』『秀才型』『要領型』の3つです。

絶望的な能力差に心を折られる

本当の天才に出会ったとき、自分が天才ではなかったことに気づきます。

問題はその後の行動です。

プライド肥大型の東大卒

東大卒というプライドだけで、仕事ができない東大卒はあなたの周りにいませんか?

そんなモンスターが生まれてしまうのには、ある原因があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました