生産性が数十倍になるメモの方法!赤羽雄二『ゼロ秒思考』を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回は赤羽雄二さんの著書『ゼロ秒思考』を紹介していきたいと思います。

著者の赤羽さんはマッキンゼーで14年間務めた方なんですが、その方が長年やっているメモの方法がこの本に書かれています。

赤羽さんはマッキンゼーで課題分離や分析、戦略立案に関しては徹底的に学んだそうなんですが、一方で素早く深く考える方法や心を穏やかに保ち頭を高速に回転させる方法は教えられなかったそうです。

あのマッキンゼーでもプログラムで教えていないこと、それがこの『ゼロ秒思考』であり最も根本的な考える力を鍛える方法です。

深い思考ができるようになり、ストレスや不安といった心のコントロールができるようになる『ゼロ秒思考』を身に付けたいと思いませんか?

ゼロ秒思考を身につけるための方法はズバリ『メモをすること』です。

これから紹介するメモの方法はお金もかからず1日10分でできる方法なので、実際にやりやすいかと思います。

今回はそのメモのやり方を説明し、その効果について3つ説明していきたいと思います。

メモの取り方

まずメモの取り方をを説明していきます。 A4の紙を1枚を用意して、その左上に書きたい項目のタイトルを書きます。

このタイトルは例えば『仕事を早くする方法』や『〇〇さんはなぜいつも怒るのか?』など、なんでも ok です。

次に6つのダッシュ(―)をつけます。準備はこれだけで、あとは1分間で自分が思ったことや考えたことを書くだけです。

1つの項目に20〜30文字、起承転結や文脈など全く気にしないで書いてみましょう。

著者はこれを1日10回やるだけで思考力が深まり、圧倒的に仕事が早くなると述べています。

本当にこれだけって感じしますよね。私も最初そう思いました。

でもこの方法は著者の赤羽さんがマッキンゼーでのインタビューの仕方、分析のやり方、先輩からのアドバイスをメモする中で、改良に改良を重ねて作った方法なんです。

一見簡単そうに見えますがこのやり方が最も効果的な方法なので、実際にやるときはこの通りやるようにしましょう。

ではどういった効果があるのか説明していきます。

メモの効果1 頭の中が整理される

たとえば『会議を短くする方法』を考えるとします。

時間をかけて頭をひねりながら、なんとかアイディアを出そうとする人も多いかと思います。

しかし時間をかければアイディアが出るって訳ではありません。そんな時この1分間のメモを実践します。

浮かんだ言葉を深く考えずどんどん書きとめていくと、頭の中が整理され自分の考えを自分で自覚できるようになります。

著者はこのメモも実践しゼロ秒思考を身につけられれば、3〜4日かかっていた仕事も数時間で出来るようになり、生産性は数倍から数十倍に上ると書いています。

瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理できる。そしてどう動くべきか意思決定できることで、生産性がこんなにも上がるならやらなきゃ損ですよね。

メモの効果2 心のコントロールができるようになる

あなたは普段特に理由がないのにモヤモヤする気分が悪いってことたまにありませんか?そういった時にもこのメモもを使います。

例えば『気分が悪い理由』とタイトルをつけて、1分間思いつくままに書きなぐりましょう。

すると自分がこんなことでストレスフルに感じていたんだと気づくことができます。

また誰かの不満や愚痴もどんどん書きましょう。ちょっと気が引ける人もいるかもしれませんが、別に誰に見せるわけでもありませんし、ストレスを抱えている状態のほうが不健康ですよね。

これ実際にやってみるとわかるんですが、案外すっきりするのでオススメです。

そして同時に、最初は見えなかった自分の落ち度にも気付けるようになります。

絶対に許せないと思っていたことも客観的に見ることができるようになり、怒りの感情をうまくコントロールすることができます。

ストレスが多いとぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

メモの効果3 コミュニケーションも円滑になる

人は自分ではよく考えているつもりでも、実際は考えが浅かったりする場合があります。

例えば「それはどういう意味ですか?」といきなり質問されると言葉につまり、うまく話せないなんて経験ありませんか?

私も頭の中でまとまっていないまま話すと、うまく話せなくなる経験がよくありました。

しかしメモに書いて自分の考えをアウトプットする習慣があると、今までうまく言葉で表現できなかったことも話せるようになります。

コミュニケーションが円滑になるだけで、会議時間も削減できるようになります。

考えをスムーズに伝えることができれば、それだけ早く仕事もできるので生産性も上がります。

ぜひやってみてはいかがでしょうか?

終わりに

最後にこの記事のまとめです。1分間でメモを書くことをまずは実践する。そしてメモの効果は3つあり、

  1. 頭の回転が速くなる
  2. 心のコントロールができるようになる
  3. コミュニケーションが円滑になる

というお話でした。

実際に私もこのメモの方法を初めてみて2週間くらい経ったんですが、最初は6つの項目で2〜3個しか書けませんでしたが、慣れてくると6つの項目で6個は書けるようになりました。

実感としては、今まで1つの原稿を3時間ぐらいかかって書いていたのが、30分くらい速く書けるようになるました。

『1日10分』と『とにかく書くこと』に抵抗がある人もいるかもしれません。

でもこの記事を見て知識を入れるだけじゃ変わることはありませんし、何事も実践しないと変わりません。

このメモのやり方は明らかに仕事の生産性が上がると思うので、是非実践してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました